www.estekhdamrasmi.com

まじめにふまじめ




パンツ

2015 初売 上下別売 76Lubricants ナナロク PUウィンターサロペット No.76 RS102B 人気,本物保証

お揃いのジャケットもアウトレット☆ 【WEB製作者が語るイチオシポイント】 コチラは現在も大人気の「Dickies防寒ウレタンコート」の「ナナロクバージョン」なんです!!実は、同じ工場で作られているんですよ~!細かいディティールはディッキーズのものと同じですが、プリントがナナロクになるだけで、また違った雰囲気になると思いません??これぞ「ナナロクマジック」ですね!!  一応、「はじめてみた」っていうお客様も多いでしょうから、最初から商品のご説明を。この商品の一番の魅力は (1)軽さ (2)伸縮性 (3)防汚性 の3点。ウレタンという、カッパ素材ではダントツに軽い素材を使用しているので、見た目以上に驚くほど軽いのが特長です。冬場の作用現場では重ね着も常套手段になりますが、そんな際も楽々着こなしてしまうのがこのウレタンという素材です。また、もう一つのウレタンの特徴が「伸縮性」。指でつまんで引っ張ると簡単に伸び、また離すと元に戻ります。まるでゴムのような質感ですが、あまり知られていないゴムの特徴ですが、ゴムは「伸びたら伸びっぱなし」なんです。巷のゴムは伸縮性を持たせるため、ゴムに後加工を施しているんですね。それと、この生地厚と、伸縮性を出そうと思ったら、上記のようにかなり重たくなってしまいますが、ウレタンだと心配なし。見た目ゴツゴツしていますが、着てみると意外としなやか☆っていうのがたくさんのお客様にご好評を頂いています。  フードはボタンで固定され、フードエンドは襟の内部で固定されるので、たとえフードを被らなくても被っても、いつも襟元はスッキリとした印象です。ちょうど寒さが堪える肩の部分には、裏地キルティングの他、起毛素材を縫い付けていますので、いつもぽかぽかな着心地です。  もともと、漁師さんをターゲットに作られていますので海上での過酷な使用状況も想定され耐久性と防寒性は抜群です。  ゆったりした着心地なので、普段お召しになられているツナギや、作業着の上からも全く問題なく切着れるのがなんとも嬉しい限りです☆

2015 初売 上下別売 76Lubricants ナナロク PUウィンターサロペット No.76 RS102B 人気,本物保証 —— 2,300円

パンツ

76LUBRICANTS ナナロク 10ozデニムカーゴパンツ No.76 CP131 100%新品,限定セール

→Sから3Lサイズはコチラ →夏モデルはコチラ →年間仕様のカーゴパンツ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 まだリリースして間もないNo.76-CP132 夏生地2WAYカーゴツナギはもうご覧になりましたか?なかなか魅力的な商品に仕上がっていますよね?!リリースした瞬間から、人気商品に現在もなっています。 そんな時を同じくしてリリースされた、実は もう一つのナナロク・カーゴパンツ があるんです。今回はそんな2013年春を彩るNo.76-CP131 ナナロク・デニムカーゴパンツ のご紹介です!! 当店ではただいま、春夏のワークシーンを飾る春夏物作業用品がワッサワッサと入荷中☆毎日、本当に凄い量が入荷になっていて私(作者)を含め、制作部門はただいま誰も口利かぬ状況で殺伐とした雰囲気で掲載作業が進んでおります。 さて、そんな折今日は、超目玉級の新商品をご紹介!!いつもは「掲載予定表」を元に掲載作業が進められるのですが、例のごとく「この商品」はある意味「いつも特別扱い」で他の商品を追い抜き優先掲載される商品です!! 初代は「CP111」で前作は「CP121」、そして先日リリースした商品が「CP132」、確かに品番が違いますよね。そうなんです、 見た目はそっくりですが、確かに品番を変える必要性があるくらい品質に差が出る商品 になったんです☆ そう!!その名も 「UNION76 公認デニムカーゴパンツ」 。これだけのラインナップになったら、そろそろ来るだろ~と勘ぐっていたお客様、さすがです☆その通り、「これだけカーゴパンツを出したら、次はデニムだね」なんて事を担当者と話しておりましたら、ホントに出来上がってしまいました。 この商品 ナナロク・カーゴパンツ”No.76-CP111” にソックリなんです。 形自体は、前作No.76-CP121と一緒ですから、リピーターさんにはとてもお買い求めいただきやすいサイズスペックに仕上がっています。 【ココが前作と変わった!新作ナナロク・デニムカーゴパンツ!!】 ■生地・・・先日リリースされた(CP132)のカーゴパンツは、元々「春・夏用」で開発された商品で、その軽さと独特なクタッとした感じが新鮮ですが、いかんせん、 我々のような北の地に住むものにとっては秋・冬穿けない っていう悲しい現実が待ち受けています。今回リリースされた商品は、 推定10オンス(メーカー非公表)のデニムを使用した年間着用モデル!! 。触った感じ、全く硬くなくふにゃふにゃなので、製品化されるまでに複数回洗濯しているものと思われます。色合いはワンウォッシュ風。「風」っていうのは、私の知っている「デニム生地」とはちょっと違うデニムを使用している点なんです。一般的な(私の知っているデニム)は、長い年月履くと全体的に「縦方向」に色が落ちて風合いが増すんですが、このデニムはどっちかというと「たて落ち」というよりは「縦横全方向」のような気がします。デニムの親戚で独特な風合いを醸し出す「スラブデニム」や「ダンガリーシャツで使用されるライトオンスのデニム」に良く見られるデニムのような気がしますね。  ですから、通常のデニムのように「色落ちを楽しむ」というよりは「綺麗穿きこなして現状の色調を出来るだけ維持する」方が長く着用出来るかもしれませんね。生地厚になっており、北の大地はもちろんのこと東北地方や、雪の降る地域でも十分ワークパンツとして使えるクオリティに引き上げられています。 デニムですからカラバリはありませんが、それ以外のスペック、特に生地感は恐ろしいほど良くなりました!!「このパンツ、カッコイイんだけど生地が薄くてなぁ~」ってこれから先の季節を考えるとどんよりしてたお客様!もうそんな心配はなくなりました。これぞ、最高のナナロク・カーゴパンツです。 その他の各種ポケットや、また上浅目の「美」スタイリングのシルエットはそのままで、ノータックで細身のお客様でもキレイに穿きこなせるシルエットは、もはや作業ズボンとは言えないレベルに達しています。また、ポケットはチノパンのように「斜めアクセス」のハンドウォームポケットに、左右見事に非対称な「アシンメトリ」を採用、よくある「ワークカーゴパンツ」のように「そんなにふとももポケットデカくても入れるものないよ!」と突っ込みをいただきそうなポケットではなく、カジュアル性・ファッション性に富んだデザインに仕上げているのもナナロクらしいですよね?? 一時、確かに全体にルーズなデニムやカーゴパンツが流行しましたが、現代は間違いなく「フィット(無駄なゆとりが無い)」シルエットが好まれ、またそれが流行になりつつあります。 ワークパンツ(作業ズボン)がルーズなシルエットが多い中、このナナロクカーゴのような「ファッションでもイケる」カーゴパンツは、全国作業服屋さんなんてたくさんありますが、探してもなかなか見つかりませんよ! ライトオンスとはいえデニムで出来たカーゴパンツであれば、ファッションショップでは6000円はしてしまいそうですが、そこらへんはさすがナナロク。 きっちりと作業パンツとして使ってもらえるギリギリの価格、4,990円に収めてきました(驚) 。 オシャレに気を遣う車屋さんやバイク屋さんのお店のスタッフ着・整備着として、また「制服」という観点に割と捉われず自由な作業着を着ることが多い「内装屋さん」や「設備屋さん」、休日をジーンズやチノパンで過ごす機会の多い世のお父さん、アメカジが大好きなお兄さんや、プレゼントにも最適です!! 最後に作者である私が実際にこのカーゴパンツを穿いてみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くパンツ・ジーンズのサイズ:82cm、31in の私が穿いてみたところ・・・、 Lサイズ(82cm) で問題がありませんでした!!いやぁ、穿いてみて改めて思いましたけど、イイラインが出ますねこのパンツ。特に裾の幅が他の作業パンツと全く異なります。 ヒップから裾にかけて、一気にテーパード(細くなっていく)がかかってる んですね。ひざから裾までのラインは、ファッション着としても◎。友達にも紹介したくなる一本です。 ただし、前作とそうだったんですが私がこの商品に対して思うことは「もうちょっと股下が長いと助かる」という点。デフォルトで80cmの股下ですから、私も当然問題無いはずですが欲を言えばあと2cm長くても良かったなと感じます。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L(+500円) ウエスト747882869196 ヒップ97101105109113117 ワタリ30.531.532.533.534.535.5 裾幅202122232425 股下787979808080

76LUBRICANTS ナナロク 10ozデニムカーゴパンツ No.76 CP131 100%新品,限定セール —— 4,400円

パンツ

76LUBRICANTS ナナロク 10ozデニムカーゴパンツ No.76 CP131 定番人気,新作

→4Lサイズはコチラ →夏モデルはコチラ →年間仕様のカーゴパンツ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 まだリリースして間もないNo.76-CP132 夏生地2WAYカーゴツナギはもうご覧になりましたか?なかなか魅力的な商品に仕上がっていますよね?!リリースした瞬間から、人気商品に現在もなっています。 そんな時を同じくしてリリースされた、実は もう一つのナナロク・カーゴパンツ があるんです。今回はそんな2013年春を彩るNo.76-CP131 ナナロク・デニムカーゴパンツ のご紹介です!! 当店ではただいま、春夏のワークシーンを飾る春夏物作業用品がワッサワッサと入荷中☆毎日、本当に凄い量が入荷になっていて私(作者)を含め、制作部門はただいま誰も口利かぬ状況で殺伐とした雰囲気で掲載作業が進んでおります。 さて、そんな折今日は、超目玉級の新商品をご紹介!!いつもは「掲載予定表」を元に掲載作業が進められるのですが、例のごとく「この商品」はある意味「いつも特別扱い」で他の商品を追い抜き優先掲載される商品です!! 初代は「CP111」で前作は「CP121」、そして先日リリースした商品が「CP132」、確かに品番が違いますよね。そうなんです、 見た目はそっくりですが、確かに品番を変える必要性があるくらい品質に差が出る商品 になったんです☆ そう!!その名も 「UNION76 公認デニムカーゴパンツ」 。これだけのラインナップになったら、そろそろ来るだろ~と勘ぐっていたお客様、さすがです☆その通り、「これだけカーゴパンツを出したら、次はデニムだね」なんて事を担当者と話しておりましたら、ホントに出来上がってしまいました。 この商品 ナナロク・カーゴパンツ”No.76-CP111” にソックリなんです。 形自体は、前作No.76-CP121と一緒ですから、リピーターさんにはとてもお買い求めいただきやすいサイズスペックに仕上がっています。 【ココが前作と変わった!新作ナナロク・デニムカーゴパンツ!!】 ■生地・・・先日リリースされた(CP132)のカーゴパンツは、元々「春・夏用」で開発された商品で、その軽さと独特なクタッとした感じが新鮮ですが、いかんせん、 我々のような北の地に住むものにとっては秋・冬穿けない っていう悲しい現実が待ち受けています。今回リリースされた商品は、 推定10オンス(メーカー非公表)のデニムを使用した年間着用モデル!! 。触った感じ、全く硬くなくふにゃふにゃなので、製品化されるまでに複数回洗濯しているものと思われます。色合いはワンウォッシュ風。「風」っていうのは、私の知っている「デニム生地」とはちょっと違うデニムを使用している点なんです。一般的な(私の知っているデニム)は、長い年月履くと全体的に「縦方向」に色が落ちて風合いが増すんですが、このデニムはどっちかというと「たて落ち」というよりは「縦横全方向」のような気がします。デニムの親戚で独特な風合いを醸し出す「スラブデニム」や「ダンガリーシャツで使用されるライトオンスのデニム」に良く見られるデニムのような気がしますね。  ですから、通常のデニムのように「色落ちを楽しむ」というよりは「綺麗穿きこなして現状の色調を出来るだけ維持する」方が長く着用出来るかもしれませんね。生地厚になっており、北の大地はもちろんのこと東北地方や、雪の降る地域でも十分ワークパンツとして使えるクオリティに引き上げられています。 デニムですからカラバリはありませんが、それ以外のスペック、特に生地感は恐ろしいほど良くなりました!!「このパンツ、カッコイイんだけど生地が薄くてなぁ~」ってこれから先の季節を考えるとどんよりしてたお客様!もうそんな心配はなくなりました。これぞ、最高のナナロク・カーゴパンツです。 その他の各種ポケットや、また上浅目の「美」スタイリングのシルエットはそのままで、ノータックで細身のお客様でもキレイに穿きこなせるシルエットは、もはや作業ズボンとは言えないレベルに達しています。また、ポケットはチノパンのように「斜めアクセス」のハンドウォームポケットに、左右見事に非対称な「アシンメトリ」を採用、よくある「ワークカーゴパンツ」のように「そんなにふとももポケットデカくても入れるものないよ!」と突っ込みをいただきそうなポケットではなく、カジュアル性・ファッション性に富んだデザインに仕上げているのもナナロクらしいですよね?? 一時、確かに全体にルーズなデニムやカーゴパンツが流行しましたが、現代は間違いなく「フィット(無駄なゆとりが無い)」シルエットが好まれ、またそれが流行になりつつあります。 ワークパンツ(作業ズボン)がルーズなシルエットが多い中、このナナロクカーゴのような「ファッションでもイケる」カーゴパンツは、全国作業服屋さんなんてたくさんありますが、探してもなかなか見つかりませんよ! ライトオンスとはいえデニムで出来たカーゴパンツであれば、ファッションショップでは6000円はしてしまいそうですが、そこらへんはさすがナナロク。 きっちりと作業パンツとして使ってもらえるギリギリの価格、4,990円に収めてきました(驚) 。 オシャレに気を遣う車屋さんやバイク屋さんのお店のスタッフ着・整備着として、また「制服」という観点に割と捉われず自由な作業着を着ることが多い「内装屋さん」や「設備屋さん」、休日をジーンズやチノパンで過ごす機会の多い世のお父さん、アメカジが大好きなお兄さんや、プレゼントにも最適です!! 最後に作者である私が実際にこのカーゴパンツを穿いてみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くパンツ・ジーンズのサイズ:82cm、31in の私が穿いてみたところ・・・、 Lサイズ(82cm) で問題がありませんでした!!いやぁ、穿いてみて改めて思いましたけど、イイラインが出ますねこのパンツ。特に裾の幅が他の作業パンツと全く異なります。 ヒップから裾にかけて、一気にテーパード(細くなっていく)がかかってる んですね。ひざから裾までのラインは、ファッション着としても◎。友達にも紹介したくなる一本です。 ただし、前作とそうだったんですが私がこの商品に対して思うことは「もうちょっと股下が長いと助かる」という点。デフォルトで80cmの股下ですから、私も当然問題無いはずですが欲を言えばあと2cm長くても良かったなと感じます。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L(+500円) ウエスト747882869196 ヒップ97101105109113117 ワタリ30.531.532.533.534.535.5 裾幅202122232425 股下787979808080

76LUBRICANTS ナナロク 10ozデニムカーゴパンツ No.76 CP131 定番人気,新作 —— 3,900円

パンツ

76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ムーブクロスチノパンツ No.76 WC151 低価,人気

■一緒に履きたい断トツオシャレラバーブーツ■ ナナロクより、品格あるワークチノが登場。 【 常識を覆す、オシャレなのに動きやすい、万能ワークチノ。 】 私(著者)は女性ですが、こういうチノパンをお仕事で履いている男性はめちゃめちゃカッコイイと思います!! オシャレをした時って不思議と気分が上がって、気合いもやる気も普段より高まりますよね。身だしなみ一つ変えただけでこんなにも精神的に影響が出るって、考えてみたら結構すごいことだと思いませんか!? それはお仕事でも同様だと思うんです。お仕事だってオシャレを取り入れることで、いつもより楽しくなったり、やる気が高まったりして、最終的に成果に繋がることも十分ありうると思うんです。「仕事着は汚れるからデザインなんて気にしたことがなかったよ~」というワーカーさんが、もしお仕事でこのチノパンを履いたらどうなるでしょうか?想像してみて下さい。そう、シルエットのきれいなパンツは「汚れてもカッコイイ」んです。そして周囲の人には「どうしたの?どこで買ったの?」なんて聞かれてちょっと嬉しくなったりすることもありそうです(笑) けれど、実際探してみてわかったこと・・・ オシャレな作業着って、なかなかない・・・(涙) →だからこそ、この商品をおすすめします!! プライベートでも履けるオシャレなデザインでありながら、れっきとした本格ワークチノ。1本は持っていたいマストアイテムです! ■こだわり抜いたシルエット!■ ・・・無駄のないシルエットと縫製はのシンプルなチノパンは、オトナが着ると上品、若い方が着るとシッカリ者に見えてしまう魔法のチノです。ノータック・チノスタイルを踏襲したスタイリングで体型問わず非常にスッキリとした見た目にまとまります。イメージしやすいのは一般的なカジュアルチノで、裾幅も主要ワークウェアボトムと比べると狭いですが、一般チノパンと比べると決してドカン型ではありません。つまりアメカジを楽しむ上での適度なゆとりを有したワークパンツだと思っていただければと思います。全体的なシルエットはイマドキの やや股上浅めのノータック・チノスタイル で、裾にいくにつれ徐々に細くなるテーパードタイプ。裾のダボつきが軽減されスッキリ着こなしていただけます。 ■ロゴに頼らないブランドイメージ■ ・・・ナナロクといえば、オレンジボールに76の文字のロゴがトレードマークですが、今回のワークウェアではそのナナロクの代名詞であるオレンジボールロゴは使用せず、右後ろポケットの上部にモノトーンでシックなワッペンを付けるに留めました。ナナロクファンの方はもちろんのこと、76をご存知ない方、シンプルなものがお好きな方など、幅広いお客様にこの商品の良さを知って使って頂くために、あえて「大人シンプルなナナロク」を目指しました。しかしただのシンプルで終わらせないのがナナロクです。シンプルに見えるのに、周りに差を付けられるようなこだわりがある。そんなチノパンができあがりました。 ■動きやすさを徹底追求した「ムーブクロス設計」■ ・・・一見シンプルなこのチノパン、近くで見るといくつもの縫い合わせがあるんです。私(著者)はてっきりオシャレに見せるためのデザインだと思っていたのですが、はい、違いました!!(笑)一般的なチノパンと言えば、ちょっと硬くて足の曲げ伸ばしがしづらいのが難点。そこで今回、特殊なカッティングで生地を立体的に縫合し、曲げ伸ばしがスムーズにできる「ムーブクロス設計」を採用したんです!!そう、立体的に仕上げるための切り替えだったわけですね。でも結果的にすごくオシャレに見えるのだからすごい!(笑)動きやすいのにオシャレ。まさにイイトコどりのチノパンというわけなんです。 ■この薄さで、タフ■ ・・・丈夫な生地は厚くてゴワゴワしたものが多いですが、このチノに使っている生地は、触ってみると結構薄いのがわかります。ペラペラっていうほどではないんですが、少なくとも厚いと思う方はほとんどいらっしゃらないと思います。しかしこの生地、丈夫なんです!!東レパワーツイルという生地を使用することで、この薄さで、なんと一般的なツイル素材に比べ1.5~2.5倍の強度を手に入れました!!繰り返しの洗濯にも耐え、更にポリエステル75%、綿25%なので乾きが早いのも嬉しいポイントです。 【履いてみました~!!】 最後に、実際に当店の男性スタッフに履いてもらいました! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くカーゴパンツのサイズ:82サイズ、普段穿くジーンズのサイズ:31サイズ の男性に着てもらったところ・・・、 作業着として着るならLサイズ(82cm)!! という結論に達しました。 完全にオシャレ着としてコンパクトに着たい場合はMサイズ(78cm)でも履けないことはないですが、これで作業は厳しいかな~・・・とのことでした。立体縫製でお尻部分が綺麗に収まり、全体的にスッキリしたシルエットになりました!生地にもハリがあって、いい生地使ってるな~との感想を頂きました。 デザインもカラーもベーシックなので、これ一本でかなり重宝すると思いますよ!!これを着て現場に出たらしばらくは周囲からの絶賛にも耐えなくてはなりませんね☆(笑)なかなかないオシャレワークチノ。是非おすすめします!! S(W74相当)M(W78相当)L(W82相当)LL(W86相当)3L(W90相当)股上24.524.5252526内股下7880808078渡り巾32333435.536.5裾巾18.51919.52020.5

76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ムーブクロスチノパンツ No.76 WC151 低価,人気 —— 3,700円

パンツ

76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズチノカーゴパンツ No.76 WP142 人気セール,最新作

→Sから3Lサイズはコチラをクリック! →お揃いのブルゾンはコチラ! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 「あのさ~、ナナロクのカーゴパンツって何で上着はないの??」と言われ続けて、早いもので2年も経過してしまいました。もともとの構想から「上着は必要ない」とのスタートだったので、お客様からどんなにご要望を頂いてもお応えできずにおりました・・・。 当時から当店では、「作業服ってさ~、ホントに上下で色がそろっていなきゃ、ダメなのかな~??」と誰にも相談できないモヤモヤを抱きながら毎日を過ごしていましたが、そんな時にナナロクから、「作業用パンツのみを開発しようと思っています。上着はお客様の自由です。」とのご連絡があり、当店の他にも同じ事を思っているブランドがあったという事で当時、ものすごく嬉しかった事を今でも覚えています。 狙い通り、発売後のナナロク・カーゴパンツは記録的大ヒット!!当店もナナロクも今までの作業用パンツに対するモヤモヤをすっかりと晴らし気分が良い毎日が続きました。ところが販売数が伸びれば伸びるほど「上着は無いの?」というご要望の数もどんどん増加していったんです・・・。  そうなんです。確かに「作業着に上着はいらない」というお客様はたくさんいたんですが、作業員全てのお客様にご満足いただくスペックではないとの結論に至りました。。。状況を問題視した当店とナナロクは徹底的にご購入いただいたお客様のご職業、着用用途をリサーチしどんなお客様に好まれて、どんなお客様にお買い求めいただけていないのかを調べ上げました。 ■ご好評いただいたお客様のご職業■ (1)車屋さん(メカニック・整備業含む)(2)内装屋さん(3)庭師さん(4)各種サービス業(イベント・ユニフォーム)(5)農家さん(6) ■お仕事以外でのご使用(着用)用途■ (1)普段着(2)オートバイ運転着(3)アウトドア・釣り・その他屋外での趣味着 ■好評を得られなかったご職業ランキング■ (1)建設業(2)鳶さん(3)大工さん 以上の結果になり、当店は愕然としてしまいました・・・。だって、大工さんや鳶さん、建設業のお客さんっていわば、当店の屋台骨を支えるお客様だったんですからそのお客様に前回のカーゴパンツ&上着無しという製品は、あまり受け入れられなかったという結果を目の当たりにして私はもう、ショックを通り越して頭が真っ白になってしまいました・・・(泣) この結果をないがしろにしてはいけないと、ナナロクと当店はホンキで悩みました。今まで当店を支えてくれたお客様になんとしても「ナナロク・ワーキング」の良さを実感してほしいと思っていたんです。そして、出た結論が「よし!お揃いの上着付きの作業パンツを作ろう♪」という事でした。ただし、既存のカーゴパンツに上着をつけてしまってはカーゴパンツそのもののコンセプトが崩れ去ってしまいます。そこで、 今度は、建設業・鳶さん・大工さんにも喜んで着てもらえる、バビッ!としたワーキングウェアを作ろう!! 、まるでイチから構想を練り直していよいよこの日を迎えました!! そう!!今回のナナロク・ワークウェアは上着が存在する、本格現場作業服の登場!! です!! 開発コンセプトが前出のカーゴパンツとは決定的に異なるので、もはや比べることがナンセンスですが、大きな違いは「生地が厚くて丈夫」っていうのと「ファッション重視のシルエットから、実用性重視の現場向き志向」が強いスペックが魅力です!! 【とにかく、額に汗するワーカーさんに着てほしい!本格的な作業服の登場です!(ワークパンツ編)】 ■こだわり抜いたシルエット!・・・シックな雰囲気を与える杢調の生地はオトナが着ると上品、若い方が着るとシッカリ者に見えてしまう魔法の生地です。ノータック・チノスタイルを踏襲したスタイリングで体型問わず非常にスッキリとした見た目にまとまります。イメージとしてしやすいのは一般的なカジュアルチノで、裾幅も主要ワークウェアボトムと比べると狭いですが、一般チノパンと比べると決してドカン型ではありません。つまりアメカジを楽しむ上での適度なゆとりを有したワークパンツだと思っていただければと思います。  ■ロゴに頼らないブランドイメージ・・・ナナロクといえば、オレンジボールに76の文字がトレードマークですが、今回のワークウェアではそのナナロクの代名詞であるオレンジボールはベルトループ上のみ、つまりベルトを通してしまうとほとんどナナロク・ブランドだという認識はありません。つまり、着ていると全くナナロクとは認知されないデザインにこだわっているのは上着同様、パンツも同じコンセプトです。これぞ「見えないオシャレ」であり、既存カーゴパンツで受け入れられなかった職業をされているお客様へのナナロクからの心遣いだと思います。 ■アメリカン・ワークスタイル・・・大きさ・着心地・スペックに関しては、古き良き時代のアメリカのワークウェアをイメージ。 ポリ×綿の扱いやすいツイル素材の生地をぶ厚くして耐久性を大幅にアップ 、お届けになった時のさわり心地は最初は決して着心地が良さそうには思えない「ゴワゴワ・バリバリ×100」の質感に驚かれると思いますが、洗濯を繰り返す度にクタッとしてきてとても良い風合いに変化します。その時にはゴワゴワ感もバリバリ感もなくなっていると思いますので、ご安心ください。 全体的なシルエットは上着は着丈は長く昔ながらの無骨で寸胴シルエット、パンツはイマドキのやや股上浅めのノータック・チノスタイル ですから、上下で合わせた感じはスタイリッシュなタイトデザインというよりは、現場作業向きのモリモリ筋肉マンスタイルでアメカジ風(全体的にルーズ・シルエット)だと思います。 ■こだわりのディティール・・・ロゴで製品をアピールするのではなく、あくまで「モノの良さ」でブランドを主張したいと思ったナナロクは細部のディティールにも手を抜かず、ゴールドの金属製のジッパーやリベットの代わりに「×」印の補強刺繍を行うなど、当時金属不足でやむなく行ったアメリカのワークウェア事情もしっかり再現。驚きなのは、袖のボタンには「76」が刻印されたオリジナルボタンをわざわざこのカーゴパンツのために製造しています。 どうです??今までカーゴパンツだけお買い求めいただいていたお客様からすると「なんともいえない」商品になるのかもしれませんが、少なくても今までのカーゴパンツだけではご満足いただけていなかったお客様、または着たくても上着が無いことで会社からNGを出されてしまったお客様には良い知らせではないでしょうか??しかもただとってつけた「オリジナル・ウェア」ではなく、仕事の事を真剣に考えた「これがナナロク・ワークウェアだ!」と各部においてさりげなくナナロクを主張する全くあたらしいワークウェアの「あるべき姿」を表現しています!! 最後に私が早速手元に届いたワークウェアを着てみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くカーゴパンツのサイズ:82サイズ、普段穿くジーンズのサイズ:31サイズ の私が着てみたところ・・・、 作業着として着るならLサイズ(82cm)!! という結論に達しました。 っていうのも、ブルゾン同様、カーゴパンツも全体的に大作り感なのは否めません。これはアメリカン・ワークを踏襲したデザインであり、ある意味「クラシックなスタイリング」といえそうです。ですから、私のように線の細い人間はちょっと各部でゆとりが出てしまいます。この商品が似合う人はきっと、中肉・中背の一般体型のお客様から、ガッチリしたマッチョ体型、そしてちょっとふっくら体型のお客様には、ピッタリ・ジャストサイズでお召しになることが可能ではないかと思います☆ 前作、「ナナロク・ワーカーズ・カーゴパンツ」でご満足に至らなかったお客様、これぞ「ザ:ワークウェア」の登場です!それがナナロク・ブランドから出るんですから、これを着て現場に出たらしばらくは周囲からの絶賛・質問攻めにも耐えなくてはなりませんね☆ ※この商品は、初回のお洗濯で縮む可能性がございます。お届けの折、サイズがかなり大きく感じるかもしれませんが、それは初回のお洗濯で縮む事を予想してやや大作りになっております事、お買い求めいただく前にご了承ください。 ※ サイズスペック サイズウエスト内股下裾幅 S748020.50 M788021 L828021.50 LL868022 3L907822.50

76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズチノカーゴパンツ No.76 WP142 人気セール,最新作 —— 4,000円

パンツ

76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズチノカーゴパンツ No.76 WP142 限定SALE,大人気

→4Lサイズはコチラをクリック! →お揃いのブルゾンはコチラ! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 「あのさ~、ナナロクのカーゴパンツって何で上着はないの??」と言われ続けて、早いもので2年も経過してしまいました。もともとの構想から「上着は必要ない」とのスタートだったので、お客様からどんなにご要望を頂いてもお応えできずにおりました・・・。 当時から当店では、「作業服ってさ~、ホントに上下で色がそろっていなきゃ、ダメなのかな~??」と誰にも相談できないモヤモヤを抱きながら毎日を過ごしていましたが、そんな時にナナロクから、「作業用パンツのみを開発しようと思っています。上着はお客様の自由です。」とのご連絡があり、当店の他にも同じ事を思っているブランドがあったという事で当時、ものすごく嬉しかった事を今でも覚えています。 狙い通り、発売後のナナロク・カーゴパンツは記録的大ヒット!!当店もナナロクも今までの作業用パンツに対するモヤモヤをすっかりと晴らし気分が良い毎日が続きました。ところが販売数が伸びれば伸びるほど「上着は無いの?」というご要望の数もどんどん増加していったんです・・・。  そうなんです。確かに「作業着に上着はいらない」というお客様はたくさんいたんですが、作業員全てのお客様にご満足いただくスペックではないとの結論に至りました。。。状況を問題視した当店とナナロクは徹底的にご購入いただいたお客様のご職業、着用用途をリサーチしどんなお客様に好まれて、どんなお客様にお買い求めいただけていないのかを調べ上げました。 ■ご好評いただいたお客様のご職業■ (1)車屋さん(メカニック・整備業含む)(2)内装屋さん(3)庭師さん(4)各種サービス業(イベント・ユニフォーム)(5)農家さん(6) ■お仕事以外でのご使用(着用)用途■ (1)普段着(2)オートバイ運転着(3)アウトドア・釣り・その他屋外での趣味着 ■好評を得られなかったご職業ランキング■ (1)建設業(2)鳶さん(3)大工さん 以上の結果になり、当店は愕然としてしまいました・・・。だって、大工さんや鳶さん、建設業のお客さんっていわば、当店の屋台骨を支えるお客様だったんですからそのお客様に前回のカーゴパンツ&上着無しという製品は、あまり受け入れられなかったという結果を目の当たりにして私はもう、ショックを通り越して頭が真っ白になってしまいました・・・(泣) この結果をないがしろにしてはいけないと、ナナロクと当店はホンキで悩みました。今まで当店を支えてくれたお客様になんとしても「ナナロク・ワーキング」の良さを実感してほしいと思っていたんです。そして、出た結論が「よし!お揃いの上着付きの作業パンツを作ろう♪」という事でした。ただし、既存のカーゴパンツに上着をつけてしまってはカーゴパンツそのもののコンセプトが崩れ去ってしまいます。そこで、 今度は、建設業・鳶さん・大工さんにも喜んで着てもらえる、バビッ!としたワーキングウェアを作ろう!! 、まるでイチから構想を練り直していよいよこの日を迎えました!! そう!!今回のナナロク・ワークウェアは上着が存在する、本格現場作業服の登場!! です!! 開発コンセプトが前出のカーゴパンツとは決定的に異なるので、もはや比べることがナンセンスですが、大きな違いは「生地が厚くて丈夫」っていうのと「ファッション重視のシルエットから、実用性重視の現場向き志向」が強いスペックが魅力です!! 【とにかく、額に汗するワーカーさんに着てほしい!本格的な作業服の登場です!(ワークパンツ編)】 ■こだわり抜いたシルエット!・・・シックな雰囲気を与える杢調の生地はオトナが着ると上品、若い方が着るとシッカリ者に見えてしまう魔法の生地です。ノータック・チノスタイルを踏襲したスタイリングで体型問わず非常にスッキリとした見た目にまとまります。イメージとしてしやすいのは一般的なカジュアルチノで、裾幅も主要ワークウェアボトムと比べると狭いですが、一般チノパンと比べると決してドカン型ではありません。つまりアメカジを楽しむ上での適度なゆとりを有したワークパンツだと思っていただければと思います。  ■ロゴに頼らないブランドイメージ・・・ナナロクといえば、オレンジボールに76の文字がトレードマークですが、今回のワークウェアではそのナナロクの代名詞であるオレンジボールはベルトループ上のみ、つまりベルトを通してしまうとほとんどナナロク・ブランドだという認識はありません。つまり、着ていると全くナナロクとは認知されないデザインにこだわっているのは上着同様、パンツも同じコンセプトです。これぞ「見えないオシャレ」であり、既存カーゴパンツで受け入れられなかった職業をされているお客様へのナナロクからの心遣いだと思います。 ■アメリカン・ワークスタイル・・・大きさ・着心地・スペックに関しては、古き良き時代のアメリカのワークウェアをイメージ。 ポリ×綿の扱いやすいツイル素材の生地をぶ厚くして耐久性を大幅にアップ 、お届けになった時のさわり心地は最初は決して着心地が良さそうには思えない「ゴワゴワ・バリバリ×100」の質感に驚かれると思いますが、洗濯を繰り返す度にクタッとしてきてとても良い風合いに変化します。その時にはゴワゴワ感もバリバリ感もなくなっていると思いますので、ご安心ください。 全体的なシルエットは上着は着丈は長く昔ながらの無骨で寸胴シルエット、パンツはイマドキのやや股上浅めのノータック・チノスタイル ですから、上下で合わせた感じはスタイリッシュなタイトデザインというよりは、現場作業向きのモリモリ筋肉マンスタイルでアメカジ風(全体的にルーズ・シルエット)だと思います。 ■こだわりのディティール・・・ロゴで製品をアピールするのではなく、あくまで「モノの良さ」でブランドを主張したいと思ったナナロクは細部のディティールにも手を抜かず、ゴールドの金属製のジッパーやリベットの代わりに「×」印の補強刺繍を行うなど、当時金属不足でやむなく行ったアメリカのワークウェア事情もしっかり再現。驚きなのは、袖のボタンには「76」が刻印されたオリジナルボタンをわざわざこのカーゴパンツのために製造しています。 どうです??今までカーゴパンツだけお買い求めいただいていたお客様からすると「なんともいえない」商品になるのかもしれませんが、少なくても今までのカーゴパンツだけではご満足いただけていなかったお客様、または着たくても上着が無いことで会社からNGを出されてしまったお客様には良い知らせではないでしょうか??しかもただとってつけた「オリジナル・ウェア」ではなく、仕事の事を真剣に考えた「これがナナロク・ワークウェアだ!」と各部においてさりげなくナナロクを主張する全くあたらしいワークウェアの「あるべき姿」を表現しています!! 最後に私が早速手元に届いたワークウェアを着てみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くカーゴパンツのサイズ:82サイズ、普段穿くジーンズのサイズ:31サイズ の私が着てみたところ・・・、 作業着として着るならLサイズ(82cm)!! という結論に達しました。 っていうのも、ブルゾン同様、カーゴパンツも全体的に大作り感なのは否めません。これはアメリカン・ワークを踏襲したデザインであり、ある意味「クラシックなスタイリング」といえそうです。ですから、私のように線の細い人間はちょっと各部でゆとりが出てしまいます。この商品が似合う人はきっと、中肉・中背の一般体型のお客様から、ガッチリしたマッチョ体型、そしてちょっとふっくら体型のお客様には、ピッタリ・ジャストサイズでお召しになることが可能ではないかと思います☆ 前作、「ナナロク・ワーカーズ・カーゴパンツ」でご満足に至らなかったお客様、これぞ「ザ:ワークウェア」の登場です!それがナナロク・ブランドから出るんですから、これを着て現場に出たらしばらくは周囲からの絶賛・質問攻めにも耐えなくてはなりませんね☆ ※この商品は、初回のお洗濯で縮む可能性がございます。お届けの折、サイズがかなり大きく感じるかもしれませんが、それは初回のお洗濯で縮む事を予想してやや大作りになっております事、お買い求めいただく前にご了承ください。 ※ サイズスペック サイズウエスト内股下裾幅 S748020.50 M788021 L828021.50 LL868022 3L907822.50

76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズチノカーゴパンツ No.76 WP142 限定SALE,大人気 —— 3,500円

パンツ

76Lubricants ナナロク ミニヘリンボンワーカーズパンツ 2012年モデル No.76 CP121* ワークパンツ 作 着 作 ズボン カーゴパンツ メンズ * 2019,定番人気

→Sから3Lサイズはこちらから →夏モデルはコチラ!! ■■■商品説明文■■■ 日に日に秋が近づいてい来る今日頃ごろ、つい何週間前の「あちぃ~な~(汗)」って言ってた日が今更ながら懐かしく思います。秋ってこんなに大急ぎできましたっけ??きっと北海道だけではなく、全国各地もう思える人って増えているんじゃないでしょうか?? 当店ではただいま、秋のワークシーンを飾る秋冬物作業用品がワッサワッサと入荷中☆毎日、本当に凄い量が入荷になっていて私(作者)を含め、制作部門はただいま誰も口利かぬ状況で殺伐とした雰囲気で掲載作業が進んでおります。 さて、そんな折今日は、超目玉級の新商品をご紹介!!いつもは「掲載予定表」を元に掲載作業が進められるのですが、例のごとく「この商品」はある意味「いつも特別扱い」で他の商品を追い抜き優先掲載される商品です!! そう!!その名も 「UNION76 公認ワークカーゴパンツ」 。「おいおい、俺をナメてもらっちゃ~、困るなぁ~。この商品はもう売ってる商品だろ!!嘘つくんじゃね~!!」と怒り心頭のお客様・・・、そうお思いになるのも当然かも知れません。そうなんです。画像を見てもきっと当店と長いお付き合いの客様なら「え?知ってますけど・・・」と思われても仕方がないくらい、昨年の秋に販売した ナナロク・カーゴパンツ”No.76-CP111” にソックリなんです。 でも品番を見てみると、前作は「CP111」で「CP121」、確かに品番が違いますよね。そうなんです、 見た目はそっくりですが、確かに品番を変える必要性があるくらい品質に差が出る商品 になったんです☆ 【ココが前作と変わった!新作ナナロク・カーゴパンツ!!】 ■生地・・・前作(CP111)のカーゴパンツは、元々「春・夏用」で開発された商品で、その軽さと独特なクタッとした感じが新鮮ですが、いかんせん、 我々のような北の地に住むものにとっては秋・冬穿けない っていう悲しい現実が待ち受けています。しかし、今回は相当生地厚になっており、北の大地はもちろんのこと東北地方や、雪の降る地域でも十分ワークパンツとして使えるクオリティに引き上げられています。 ■生地〓・・・前作は無地だったのに対し、今作は・・・驚いちゃいけませんよ☆、なんと!!! ミニ・ヘリンボン で作られています!!!「ん?ミニ・ヘ・・・、何??」っていうお客様、ヘリンボンっていうのは生地の「織り」の名前で通常、生地は無地で仕上がられるのに対し、ヘリンボンはよ~く見ると「縦じま」になっているのが分かりますか?これは「左斜め方向」「右斜め方向」の生地が交互に繰り返されて織り成す製法で、その特徴はのっぺらぼうになりがちな生地の表情を「リッチ(上質)」に、そして「ファッショナブルに」変化させます。 ワークパンツとしてはより「上質」に、そして普段穿きにとってはより「ファッショナブル」に進化 したワークパンツなんです!! カラバリこそ見栄えは変わりませんが、それ以外のスペック、特に生地感は恐ろしいほど良くなりました!!「このパンツ、カッコイイんだけど生地が薄くてなぁ~」ってこれから先の季節を考えるとどんよりしてたお客様!もうそんな心配はなくなりました。これぞ、最高のナナロク・カーゴパンツです。 その他の各種ポケットや、また上浅目の「美」スタイリングのシルエットはそのままで、ノータックで細身のお客様でもキレイに穿きこなせるシルエットは、もはや作業ズボンとは言えないレベルに達しています。また、ポケットはチノパンのように「斜めアクセス」のハンドウォームポケットに、左右見事に非対称な「アシンメトリ」を採用、よくある「ワークカーゴパンツ」のように「そんなにふとももポケットデカくても入れるものないよ!」と突っ込みをいただきそうなポケットではなく、カジュアル性・ファッション性に富んだデザインに仕上げているのもナナロクらしいですよね?? 一時、確かに全体にルーズなデニムやカーゴパンツが流行しましたが、現代は間違いなく「フィット(無駄なゆとりが無い)」シルエットが好まれ、またそれが流行になりつつあります。 ワークパンツ(作業ズボン)がルーズなシルエットが多い中、このナナロクカーゴのような「ファッションでもイケる」カーゴパンツは、全国作業服屋さんなんてたくさんありますが、探してもなかなか見つかりませんよ! このくらいの出来であれば、ファッションショップでは5~6000円はしてしまいそうですが、そこらへんはさすがナナロク。 きっちりと作業パンツとして使ってもらえるギリギリの価格、3,900円に収めてきました(驚) 。 オシャレに気を遣う車屋さんやバイク屋さんのお店のスタッフ着・整備着として、また「制服」という観点に割と捉われず自由な作業着を着ることが多い「内装屋さん」や「設備屋さん」、休日をジーンズやチノパンで過ごす機会の多い世のお父さん、アメカジが大好きなお兄さんや、プレゼントにも最適です!! 最後に作者である私が実際にこのカーゴパンツを穿いてみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くパンツ・ジーンズのサイズ:82cm、31in の私が穿いてみたところ・・・、 Lサイズ(82cm) で問題がありませんでした!!いやぁ、穿いてみて改めて思いましたけど、イイラインが出ますねこのパンツ。特に裾の幅が他の作業パンツと全く異なります。 ヒップから裾にかけて、一気にテーパード(細くなっていく)がかかってる んですね。ひざから裾までのラインは、ファッション着としても◎。友達にも紹介したくなる一本です。 ただし、前作とそうだったんですが私がこの商品に対して思うことは「もうちょっと股下が長いと助かる」という点。デフォルトで80cmの股下ですから、私も当然問題無いはずですが欲を言えばあと2cm長くても良かったなと感じます。 夏物と比べると、ずっとタフに、そしてファッショナブルに生まれ変わったこの商品、もう「前と同じじゃん!」って思うお客様はいなくなったと思います。 ナナロクカーゴが一年中穿けるようになったんですから、夏物を買ったお客様、そして今作から商品を知ったお客様、どちらのお客様も買わない理由なんて無くなりましたよね(笑)。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L(+500円) ウエスト747882869196 ヒップ97101105109113117 ワタリ30.531.532.533.534.535.5 裾幅202122232425 股下787979808080

76Lubricants ナナロク ミニヘリンボンワーカーズパンツ 2012年モデル No.76 CP121* ワークパンツ 作 着 作 ズボン カーゴパンツ メンズ * 2019,定番人気 —— 3,500円

パンツ

BettySmith ベティスミス EcoBetty エコベティ スリムもんぺ KOMO 207 2016 WEX 年間 作 服 レディース *もんぺ パンツ レディース* 定番,100%新品

■シルエットが綺麗なスキニーデニム!■ ■モデルがつけているアームカバーはコチラ ■ ■デニムもあります!デニムタックスリンパンツ■ モデルが付けているアームカバーはコチラ→「EcoBetty(エコベティ)アーム(腕)カバー /KOMO-206」  +・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+  なんと!!当店が、作業用品店として初めて!! 『 Betty Smith(ベティスミス)』  製品をお取扱いさせて頂くことになりました~~~!!!  +・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+ -『Betty Smith(ベティスミス)』って?-  もしご存知ない方がいらしたら、ぜひ知っていただきたい!  「Betty Smith」は、皆さんご存知、超有名アパレルショップにもその商品が並ぶ  知る人ぞ知る日本の老舗ジーンズメーカーなんです☆  1962年、国産ジーンズ発祥の地、岡山県の児島で  日本初の「レディースジーンズ」メーカーとして誕生!!  商品はすべて自社工場で生産しているという安心品質、  キレイなシルエット、かわいくって楽しくなるデザイン・・・  「Betty Smith」は誕生から半世紀にわたり、多くの女性の心を鷲掴みにしてきました。  また、2003年からは海外でも評されるオーダーメイドジーンズの販売、  2012年からはメンズラインの販売も開始し、ますますその名を広めていきました☆  更に興味深いのがその本社・・・なんと観光スポットになっているんです(驚)!  広大な敷地にジーンズミュージアム、アウトレットショップ、見学可能な製造工場、  体験型工房など、まるでアミューズメントパークのよう!  老若男女みんなが楽しめること間違いなしです!是非行ってみて下さいね☆  商品はもちろん、会社の在り方そのものも魅力いっぱいのブランド、Betty Smith。  ますます目が離せません!!!! -『 Eco Betty(エコベティ) 』って?-  こちらは「Eco Betty」商品です☆  「Eco Betty」は、「Betty Smith」のサンプルや製品を作った際に出る残り布を再利用した  Ecoな小物ブランド☆  その時々で手に入る布が異なるため、同じものがいつまで作れるかはわかりません!  お気に入りを見付けたらお早めに!!  「 第4弾! KOMO-207 『Eco Betty(エコベティ)』 すっきりスリムもんぺ☆ 」 -信頼の“ Made in Japan ”!!-  “日本の自社工場で、一本一本丁寧に仕上げました。”  「Betty Smith」の商品は全て自社工場でつくられており、  このもんぺパンツはその中でも日本国内の工場の職人さん達の手で作られた 超安心品質!  日本製でこの価格はかなりお買い得です!  誕生から半世紀にわたり培われた技術を、商品を通してとくとご堪能あれ! -Design&detail-  よそ行きにも履いていけちゃう!?  S~Mサイズ相当・小柄な方におすすめのおしゃれスリムもんぺ!  とにかくキレイなシルエットを追求した、その名の通りスリムなもんぺです!  一般的に売られているもんぺって、作業用にゆったり目に作られていることが多いですが  小柄な方にとっては大きすぎることも・・・  市販のもんぺでは大きく、これまでちょうどいいサイズが見つからなかった方!  サイズが合っていないものを身に着けると、いくらデザインが良くても  野暮ったく見えてしまいますよね・・・。  でも!できることならいつもキレイでいたい!というのが女性の本音ではないでしょうか?  こちらのもんぺのサイズはフリーのワンサイズですが、一般的なもんぺでいうSサイズ相当!  小さ目なので普段のボトムサイズがS~Mサイズを着られる方におすすめです!  幅も丈もコンパクトなので、小柄な方にもオシャレに履いていただけますよ☆  例えるなら、大流行のくるぶし丈のコンパクトなスウェットのようなシルエットですね!  ウエストはゴム入り+ヒモで調節でき、裾にもゴムが入っています。  Eco Betty(エコベティ)商品は余った生地で作られているため、  このもんぺも実はストライプとギンガムで使っている生地が異なるんです。  ストライプは薄めで(といってもペラペラではありません)柔らかい生地を、  ギンガムはストライプより固めでハリのある生地を使用しているため  履いてみると柔らかいストライプはゆったりした履き心地、  ギンガムはハリがある分コンパクトに感じました。  私は職業柄今までたくさんのもんぺを見てきましたが、  このもんぺが「断トツでオシャレ」だと迷わず言い切れます!!  BettySmithという有名ブランドの、しかも信頼できる日本製で、断トツオシャレなもんぺ。  これは買わない手はないでしょう!! -Let's wear it!-  実際に着てみました!!!  身長156cm、普段着るボトムのサイズ:SS~Sサイズ・5~7号の私(著者・画像モデル)が  着てみたところ、ほどよいゆとりがあって動きやすい、ちょうどいいサイズでした!  こちらはフリーサイズですが、「オシャレに着るもんぺ」として、  あえて一般的に販売されているもんぺよりもかなりコンパクトに作られています!  おそらく一般的なもんぺのSサイズくらいではないでしょうか。  市販のもんぺでは大きく、これまでちょうどいいサイズが見つからなかった方におすすめです!  履いてみると、もんぺの形をしたオシャレなパンツのようなイメージですね☆  私の感覚では、流行のコンパクトなスウェットの様な形だなぁと感じました。  丈は流行のくるぶし丈で、こちらもあえてコンパクトで短めにできています。  また、身長156cm、普段着るボトムのサイズMサイズ・9号の  女性スタッフに着てもらったところ、「ジャストサイズ」でした!  しゃがんでつっぱることもなく、ダボダボ感も一切なく  コンパクトできれいなシルエットが出てオシャレに見えるサイズ感でした!  さらに、身長164cm、普段着るボトムのサイズ:M~Lサイズ・9号の女性スタッフにも  着てもらいましたが、「ちょっと小さい・・・」とのことでした。  着れなくはないけれど、太ももの上げ下げを繰り返すのが窮屈なので  長時間着るのは厳しいとのことでした!  やはりかなり小さ目なので、普段S~Mサイズを着られる方におすすめです!  ストライプ・ギンガムともに同じサイズではあるのですが、  ストライプは薄めで(といってもペラペラではありません)柔らかい生地を、  ギンガムはストライプより固めでハリのある生地を使用しているため  履いてみると柔らかいストライプはゆったりした履き心地、  ギンガムはハリがある分コンパクトに感じました。  外から見ると同じように見えるのでしょうが、履いている本人には違った感覚なんです(笑)  なので、柄はもちろんのこと、どんな履き心地を求めるかによって選ぶのもよいと思います☆  ちなみに私はオシャレな部屋着にこちらの商品を狙っておりまして(笑)、  柄はギンガムが好みですが、部屋で履くならくつろげそうな柔らかいストライプを選びます!  外で履くなら好みのギンガムを選びますね!厚地な分丈夫で長持ちしそうです☆  日本製 KOMO-182D ベティスミス スリムもんぺ 単位(cm) ウエスト ヒップ ワタリ ヒザ巾 裾幅 前股上 後股上 股下 フリー (68)90 99 29.5 20 16.5 27 38 60 「ベティスミスが作る1ランク上の畑美人アイテム。」ベティシリーズはコチラから↓

BettySmith ベティスミス EcoBetty エコベティ スリムもんぺ KOMO 207 2016 WEX 年間 作 服 レディース *もんぺ パンツ レディース* 定番,100%新品 —— 3,200円

パンツ

BettySmith ベティスミス デニムスキニーパンツ BAB1118E 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* SALE,正規品

■ベティシリーズ一覧を見る!■ ■伸縮性に優れたストレッチジーンズ■ ■ヒッコリー柄のコチラもおススメ!■ 素材 綿98%、ポリウレタン2% 製造国 中国 単位(cm) ウエスト ヒップ 股上 股下 ワタリ巾 S 69 88 21.5 75.5 26 M 72 90 21.5 76 27 L 74 92 21.5 76.5 28 最近、当店に新しい風をビシビシ感じます。特に女性用のワークウェアに関しては、当初から「畑のオンナ=働く女性」をターゲットにしてきた当店としては、やはり一番力を入れてきた分野でした。 当店が楽天に出店したのが2009年、その時から女性用ファームウェアブランド「Sun3San(サンサンサン)」を扱ってまいりましたが、その他にもライバルである「NORA-STYLE(ノラスタイル)さん」やLeeさんなど、本当に働く女性を輝かせる挑戦を常にし続けてまいりました。そして今回、いや2014年に当店は岡山県にあるジーンズメーカーさん「Betty Smith社」の製品を取り扱える事になり、今まではひたすら「かわいい!!!」と言ってもらいたくて様々な製品を世に打ち出してきましたが、Bettyさんの商品はいわば あこがれのブランドを手に入れるというステータス をお客様に感じていただきたくて商品をご提案いたします。 今日、ご紹介する商品はまさにジーンズメーカーさんとして「真骨頂」な商品、そうです!!「Betty-Smith」としての製品、 BS COLLECTION ライン から、 美スタイル・スキニー・デニム のご紹介です!!「え~と、まずBSなんちゃらってなに??」っていうお客様、そうですよね・・・・今までベティさんの製品ってたくさん扱わせてもらっていましたが、実はベティさんの中にも幾つかのブランドが存在していたんです。 ■BS COLLECTION・・・BETTY SMITH COLLECTIONの略で、簡単にいうとこれがベティさんの最も得意なライン。一般的なアパレルショップにも陳列されている商品で、一般アパレルショップでは「カジュアルとして提案」、しかし当店では「ワークからベティ・スミス」の提案をすることで商品は同じだが、提案の種類が異なっています。 やはりデニムメーカーさん、このブランドの主軸は「ジーンズ(デニム製)」が多く、そのスタイリングとデザインの良さは、さっすがジーンズメーカーさん!!と唸るものが多いです。ただ1点の弱点といえば・・・・、アパレル商品なので基本的に「流通する在庫が少ない=すぐに売り切れてしまう」という点。この辺りは他のアパレルメーカーさんで置かれている商品の回転の速さと同様にお考えいただいた方が良いかもしれません。 ■ECO BETTY・・・このブランドが今回、当店とお付き合いを始めるきっかけになったブランド。実は上記BS COLLECTIONと比べると 価格が安い んです。それとどこか面積が小さいもの→小物やエプロンなどが品揃えに多いことに気がつきます。これには理由があって ベティさんがモノ作りを進める工程上で発生した残反(ざんたん)を再利用して商品化 しているからなんです!!どうです「エコ」でしょ~☆ベティさんのモノ作りって、こういう部分からみても「無駄が無い」んです。 これで一つ目の「BS~ってなに?」っていう疑問は無くなりました。続いては「・・・なんでスキニー?」っていう話です(笑)。たぶん、この辺りの疑問って今ご覧になっている女性ワーカー皆さん思っている事かもしれません。 私たちにも作業着を売り続けている者ですから、基本的にスキニーパンツが作業に向くか、どうかは容易に判断はつきます。答えは「NO」ですね。 では、何故作業着として今回提案するのか?それは、スキニーパンツの特性を良く理解するとお仕事でも着用可能な事がわかったからです。 皆さんご存じのスキニーパンツって、言い換えると「ストレッチパンツ」です。そう、つまり「のびのびパンツ」なんです。でも不思議ですよね?何故デニムが伸びるのか?それはデニム(綿)の素材に 伸縮性のあるポリウレタンを混ぜる 事で肌にピタッと張り付くようなスキニーの履き心地になるんです。ポリウレタンの混率にも注目。確かに伸縮性が抜群のスキニーパンツは履き心地抜群!(私も最近ハマッています)ですが、ポリウレタンの混率が高くなると「膝抜け」が発生します。 「膝抜けって???」っていうお客様、膝抜けっていうのはスウェットパンツやジャージのパンツで良く発生する事象なんですが、履き続けると膝がポコッと出っ張る現象です。「あぁ~、あるある!!」っていうお客様も多いんじゃないかと思いますが、この現象の原因は「ポリウレタン」だと知っている人は非常に少ないです。ポリウレタンって伸縮性は抜群ですが、実は「繊維が切れやすく、伸びやすい」という特性を持っています。つまり最初のうちはテンションが掛るとしっかり伸びてテンションが緩むと元に戻るんですが、これをなんども続けると伸びたまま戻らなくなるんです。これを膝抜けっていうんですね。 そして驚くなかれ。世間のほとんどのスキニーパンツは、最終的にそうなる運命。。え?膝抜けを防止するにはどうしたらよいかって??それはポリウレタンの混率が少ない方が良いですし、ポリウレタン以外の伸縮素材を使っている方が良いです。 私がまさにこのスキニーがワークに向いていると思ったのもこの部分。つまり日常生活で繰り返される「立つ・座る・しゃがむ」をスキニーパンツで行うと膝抜けの可能性が高くなるわけですが、膝抜けの影響を抑えポリウレタンの混率を2%に抑え、更に「立ち仕事」であればスキニーパンツって履いていて窮屈な事はないしかえって普通のワークパンツよりも身のこなしが軽い感じがします。 私が個人的に履いてもらいたい職業は「花屋さん」がいいかなと思っています。もちろんしゃがむ事も座ることもあると思います。全く花屋さんに対しての偏見ではなく、このスキニーパンツの美しさや魅力が引き立つ職業だなって素直に思えるんです。花の葉や茎には鋭利な形状のものもあり、そういった危険からもデニムなら回避する事が可能です。 股上も思ったよりも深く、いわゆる「ギャル服でのスキニー」とは全く履き心地が異なります。しっかりとヒップが収まるし、脚のあちこちが窮屈に感じる事はなく、自然な形でフィットするのでストレスが本当に少ないスキニーです。特にウエスト周りは普通に履いてもゆったりとしたサイズ感なのに更にベルト帯内部に平ゴムを内蔵しており、まだまだ伸びるぞ!(笑)っていう感じです。 立ち仕事の比率が多いお客様、「お店の店員さん」「お花屋さん」「牧場でのお仕事」などの毎日頑張っている女性のお客様には是非、一度候補に入れてもらえると嬉しいです。残念ながらスキニーパンツがそもそも向かないお仕事が、立つ・座るを一日で途方もなく繰り返すお仕事。。。たとえば畑仕事にはちょっと厳しいかもしれませんね。 普段着としての提案では、オートバイ女性ライダーに履いてもらいたいです!単純に私の好みです(笑)。股上も深いのでライディングポジションをとった場合にでも背中が出る・お尻が出るという事態には至らないです。それどころかピタピタのライダーズジャケットにこのスキニーにブーツを合わせるとカッコイイですよね!!!!もちろん、ライダー以外のお客様にもオススメです。 早速当店の女性スタッフが履いてみました!! 身長:156cm、普段着るスーツのサイズ:7号、普段使い女性アウターのサイズ:Sサイズ、インナーサイズ:Sサイズ の細身のスタッフが履いてみたところ・・・ Sサイズでも足回りはピッタリ☆ウエスト周りはもうちょっと余裕あり という感じでした!!スタッフ曰く「見た目ピタッとしてるけど、凄い履きやすいしウエストもゆとりがあるんでこのまま焼き肉も食べに行けそう!!」との事でした!!そっかぁ~、良かったな~!!と言っている心の奥底で「世の中のピタッとしたスキニーを履いている女性は焼き肉を食べに行かないのか??」などとどうでもよい事をホンキで考えている私がいました。最後にデニム製品は買ったときから「育てる」事が始まります。大半のワークパンツは経年とともに色あせ、やがて棄てられますがデニムは履きこむほど・色落ちするほどに魅力が倍増するちょっと特殊な生地です。是非、貴方好みの一本に仕上げてもらえたら嬉しいです。それが他のパンツよりも価格が高い一つの理由かもしれません。

BettySmith ベティスミス デニムスキニーパンツ BAB1118E 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* SALE,正規品 —— 5,900円

パンツ

BettySmith ベティスミス デニムタックスリムパンツ BAB1113 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* SALE,新品

■ベティシリーズ一覧はコチラ■ ■ルームウェアにもなるオシャレもんぺ■ ■畑作業にピッタリのデニム■  +・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+  なんと!!当店が、作業用品店として初めて!! 『 Betty Smith(ベティスミス)』  製品をお取扱いさせて頂くことになりました~~~!!!  +・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+  『Betty Smith(ベティスミス)』って?  もしご存知ない方がいらしたら、ぜひ知っていただきたい!  「Betty Smith」は、皆さんご存知、超有名アパレルショップにもその商品が並ぶ  知る人ぞ知る日本の老舗ジーンズメーカーなんです☆  1962年、国産ジーンズ発祥の地、岡山県の児島で  日本初の「レディースジーンズ」メーカーとして誕生!!  商品はすべて自社工場で生産しているという安心品質、  キレイなシルエット、かわいくって楽しくなるデザイン・・・  「Betty Smith」は誕生から半世紀にわたり、多くの女性の心を鷲掴みにしてきました。  また、2003年からは海外でも評されるオーダーメイドジーンズの販売、  2012年からはメンズラインの販売も開始し、ますますその名を広めていきました☆  更に興味深いのがその本社・・・なんと観光スポットになっているんです(驚)!  広大な敷地にジーンズミュージアム、アウトレットショップ、見学可能な製造工場、  体験型工房など、まるでアミューズメントパークのよう!  老若男女みんなが楽しめること間違いなしです!是非行ってみて下さいね☆  商品はもちろん、会社の在り方そのものも魅力いっぱいのブランド、Betty Smith。  ますます目が離せません!!!!  「 第3弾! BAB1113 デニムタックスリムパンツ 」 -High quality denim-  “「Betty Smith」自社工場の職人さん達が、一本一本丁寧に仕上げました。”  「Betty Smith」の工場は国内に3カ所、上海に1カ所。  なんとすべての商品が自社工場でつくられており、  このパンツは2001年に設立された上海工場の職人さん達の手で作られています!  え、日本製じゃないの?残念・・・と思ったお客様、ご安心ください。  上海工場には本社の技術スタッフが直接指導に赴き、  更に実際に本社で腕を磨いた職人さんが10名以上働いています。  その高い技術力は商品をみれば一目瞭然。  半世紀にわたり培われた技術力は海を渡っても健在なのです。  Betty Smithの自社工場だからこそ、日本製に負けない高い品質が作り出せるのです。 -Design&detail-  伸縮性に優れたストレッチジーンズ。  ウエスト履きで太ももはゆったり、裾に向かってすっきり細くなるテーパードタイプ。  かなりストレッチが効いているので動きやすさ抜群です!!  お出かけ用にはもちろんのこと、これなら屈むことの多い畑・庭仕事もラクラク☆  ヒップはきれいなシルエットが出るように、上部が立体的に縫製されています。  正面にはタック付で太もも周りがふわっとし、裾に向かって細くなるので  やわらかでカジュアルな雰囲気を持ったジーンズです。  裾はそのままでもオシャレなくるぶし丈になっていますが、  くるくるロールアップして履くのもかわいくておススメですよ☆  生地は厚すぎず薄すぎず適度な厚さなので、一年を通して活躍してくれること間違いなし!  春夏は素足にサンダルを履いたり、あえてお気に入りの靴下をちら見せしたり・・・  上の画像のように、赤・白と合わせてマリンテイストで着るのも爽やかでおすすめです☆  秋冬はニットにショートブーツと合わせてあったかかわいく・・・  今流行のモカシンやオックスフォードシューズなどのいわゆる「おじさん靴」を  合わせてマニッシュなコーディネートにもピッタリです☆    形に特徴があるので、他はとにかくシンプルなデザインに仕上がっています。  たとえば、ヒップポケットはジーンズによくある貼り付け式のポケットではなく、  切れ目が入ったスリット・ポケットになっていて、後姿もシンプル。  金具はフロントのボタンのみで、そのボタンもシルバーマットで主張せず  全体の雰囲気に馴染んでくれています。  そう、「THE・シンプル」なので、どんなコーディネートにもハマるんです!  柄物でも無地でも、どんなトップスや靴下とも相性がいいので  このジーンズがあるだけでコーディネートの幅が一気に広がりますよ♪ -Let's wear it!-  実際に着てみました!!!  身長156cm、普段着るボトムスのサイズ:SS~Sサイズ・5~7号の私(著者)が  着てみたところ、Sサイズがしっくりきました!  S着用でちょっとゆとりがあったので、もしSSサイズがあれば  SSでも着れると思いますが、Sサイズでもベルトをすればハイウエストで  履くことができました!  トップスは短めなものを着るか、インするのがかわいいと思います!  太もも周りはゆとりがありますが、裾に向かって細くなるのでダボダボには感じません。  また、ロールアップすると全体のシルエットがコンパクトにまとまり、  スッキリした印象になりました。  また、生地そのものに伸縮性があり、太もも周りがゆったりしているので  動き回ってもストレスフリーでした☆ 綿95%、ポリウレタン5% 製造国 中国

BettySmith ベティスミス デニムタックスリムパンツ BAB1113 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* SALE,新品 —— 5,900円

パンツ

BettySmith ベティスミス ヒッコリーベイカーペインターパンツ BAB1110A 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* 新作,100%新品

■ベティシリーズ一覧を見る!■ ■どんな服にも合わせやすい!こちらもおススメ■  +・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+  なんと!!当店が、作業用品店として初めて!! 『 Betty Smith(ベティスミス)』  製品をお取扱いさせて頂くことになりました~~~!!!  +・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+  『Betty Smith(ベティスミス)』って?  もしご存知ない方がいらしたら、ぜひ知っていただきたい!  「Betty Smith」は、皆さんご存知、超有名アパレルショップにもその商品が並ぶ  知る人ぞ知る日本の老舗ジーンズメーカーなんです☆  1962年、国産ジーンズ発祥の地、岡山県の児島で  日本初の「レディースジーンズ」メーカーとして誕生!!  商品はすべて自社工場で生産しているという安心品質、  キレイなシルエット、かわいくって楽しくなるデザイン・・・  「Betty Smith」は誕生から半世紀にわたり、多くの女性の心を鷲掴みにしてきました。  また、2003年からは海外でも評されるオーダーメイドジーンズの販売、  2012年からはメンズラインの販売も開始し、ますますその名を広めていきました☆  更に興味深いのがその本社・・・なんと観光スポットになっているんです(驚)!  広大な敷地にジーンズミュージアム、アウトレットショップ、見学可能な製造工場、  体験型工房など、まるでアミューズメントパークのよう!  老若男女みんなが楽しめること間違いなしです!是非行ってみて下さいね☆  商品はもちろん、会社の在り方そのものも魅力いっぱいのブランド、Betty Smith。  ますます目が離せません!!!!  「 記念すべき第2弾! BAB1110A ヒッコリーベイカーペインターパンツ 」 -High quality denim-  “「Betty Smith」自社工場の職人さん達が、一本一本丁寧に仕上げました。”  「Betty Smith」の工場は国内に3カ所、上海に1カ所。  なんとすべての商品が自社工場でつくられており、  このパンツは2001年に設立された上海工場の職人さん達の手で作られています!  え、日本製じゃないの?残念・・・と思ったお客様、ご安心ください。  上海工場には本社の技術スタッフが直接指導に赴き、  更に実際に本社で腕を磨いた職人さんが10名以上働いています。  その高い技術力は商品をみれば一目瞭然。  半世紀にわたり培われた技術力は海を渡っても健在なのです。  Betty Smithの自社工場だからこそ、日本製に負けない高い品質が作り出せるのです。 -Design&detail-  パン屋さん由来のベイカーパンツと、ペンキ屋さん由来のペインターパンツを合わせた  腰履きでカジュアルに着たい、ゆったりシルエットの9分丈ヒッコリージーンズ。  淡いグレーのステッチが施された、染めムラが美しいヒッコリージーンズです。  さすが老舗ジーンズメーカー、この独特の風合いは  私がこれまでに見たことのあるヒッコリージーンズには感じられませんでした。  遠目にはわからないのですが、近くでよく見てみると・・・  濃紺と淡いグレーが連なったヒッコリー柄は、  グレー部分にインディゴの染めの青の美しい濃淡が見えます。  これ、めちゃめちゃ味が出ています・・・!  なんてきれいな濃淡なの!ああ、これぞデニム!と興奮してしまいました!(笑)  ヒップの真ん中には同生地のバックストラップ(ベルト)付☆  このバックストラップが一気にカジュアルでかわいい雰囲気を作り出しています☆  私(著者)の中ではバックストラップがこのジーンズの主役ですね!  これがあるからゆったりシルエットでも垢抜けて様になるんだと思うんです。  また、ヒップ上部はタックを入れた立体的な作りになっていて、  ヒップポケットにも飾りのタックが付いた、後姿までかわいい仕上がり☆  フロントポケット右側には小さなコインポケットがひょこっと顔を出し  その右サイドには小さな飾りポケットが・・・  全体の統一感シンプルながら、小さなポケット達のアシンメトリ―が味を出しています♪  季節を選ばない薄すぎず厚すぎない柔らかデニム生地は、動きやすくて着心地抜群♪  春夏は裾を折り返して素足にサンダルを履いたり、お気に入りの靴下を合わせて履くのが◎  Tシャツやまっさらなシャツに合わせてラフに着こなしたいですね。  裾を折り返すと赤色のステッチがでてきてこれまたかわいい☆  秋冬はざっくりニットにショートブーツを合わせて暖かくかわいく・・・  既に定番色・ブルーデニムをお持ちの方は、  大人カジュアルで遊び心のあるヒッコリーを着てみませんか?

BettySmith ベティスミス ヒッコリーベイカーペインターパンツ BAB1110A 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* 新作,100%新品 —— 6,800円

パンツ

BettySmith ベティスミス ベイカーペインターパンツ BAB1110 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* 安い,人気SALE

■ベティシリーズ一覧を見る!■ ■ヒッコリー柄のコチラもおススメ!■  「 記念すべき第1弾! BAB1110 ベイカーペインターパンツ 」 -High quality denim-  “「Betty Smith」自社工場の職人さん達が、一本一本丁寧に仕上げました。”  「Betty Smith」の工場は国内に3カ所、上海に1カ所。  なんとすべての商品が自社工場でつくられており、  このパンツは2001年に設立された上海工場の職人さん達の手で作られています!  え、日本製じゃないの?残念・・・と思ったお客様、ご安心ください。  上海工場には本社の技術スタッフが直接指導に赴き、  更に実際に本社で腕を磨いた職人さんが10名以上働いています。  その高い技術力は商品をみれば一目瞭然。  半世紀にわたり培われた技術力は海を渡っても健在なのです。  Betty Smithの自社工場だからこそ、日本製に負けない高い品質が作り出せるのです。 -Design&detail-  パン屋さん由来のベイカーパンツと、ペンキ屋さん由来のペインターパンツを合わせた  腰履きでカジュアルに着たい、ゆったりシルエットの9分丈ジーンズ。  ブルーデニムに淡いグレーのステッチが施され、綺麗なアクセントになっています。  ヒップの真ん中には同生地のバックストラップ(ベルト)付☆  このバックストラップが一気にカジュアルでかわいい雰囲気を作り出しています☆  私(著者)の中ではバックストラップがこのジーンズの主役ですね!  これがあるからゆったりシルエットでも垢抜けて様になるんだと思うんです。  また、ヒップ上部はタックを入れた立体的な作りになっていて、  ヒップポケットにも飾りのタックが付いた、後姿までかわいい仕上がり☆  フロントポケット右側には小さなコインポケットがひょこっと顔を出し  その右サイドには小さな飾りポケットが・・・  全体の統一感シンプルながら、小さなポケット達のアシンメトリ―が味を出しています♪  季節を選ばない薄すぎず厚すぎない柔らかデニム生地は、動きやすくて着心地抜群♪  春夏は裾を折り返して素足にサンダルを履いたり、お気に入りの靴下を合わせて履くのが◎  Tシャツやまっさらなシャツに合わせてラフに着こなしたいですね。  裾を折り返すと赤色のステッチがでてきてこれまたかわいい☆  秋冬はざっくりニットにショートブーツを合わせて暖かくかわいく・・・  ジーンズの定番色・ブルーはどんな色の服とも相性がいいので  一本は持っていたいマストアイテムです!!

BettySmith ベティスミス ベイカーペインターパンツ BAB1110 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* 安い,人気SALE —— 6,800円

パンツ

BURTLE VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーワイドカーゴパンツ 5106 新品,品質保証

発売予定日 2011/04/09 掲載日 掲載中 「当店でしか買えないワークギアを!」という事で、オリジナル商品化を進める当店(プロノ)ですが、時たま「やっぱりメーカーさんには適わないなぁ」と思ってしまう商品と出会うときがあります。一昔前の作業服では当店オリジナルのワークウェアの方が断然イイ!と思えて仕方無かったのですが、昨今の作業服メーカーさんの意気込みには、正直頭が下がります。そんな「すごいなぁ」と思わせてくれるメーカーさんの一つが、この春 「クロカメ被服」から「BURTLE(バートル)」に社名を変更した メーカーさん。以前から、他の作業服メーカーさんとは明らかに一線を画す路線を突っ走ってきた感のあるメーカーさんですが、ようやく時代が追いついてきた感じで今、ノリにノッているメーカーさんです。  「BURTLE」が長きにわたって追い求めてきたのが「ワークカジュアル」。そうです、当店現在、「最近の作業服はこんなにカッコイイんだよ!」という「ワークギアをカジュアルに着る」という「ワークカジュアル」を 当店よりもず~っと前から追求してきたメーカーさんです。 その間、失敗もあれば、成功もあり、そんな経験「ノウハウ」が今のBURTLEの人気をしっかり根元から支えています。  今回、ご紹介するアイテムは、「BURTLE」に社名を変更する前からの商品ですが、しっかり「ワークカジュアル」しています。画像を見ただけでもお分かりになると思いますが、ブルゾン一つ見ても「あ、他とは違うな」と一目瞭然。 作業服であるという前提をしっかり考慮しながら、余分なダブツキや、今まで作業服とはこういう形・・・という固定観念を根底からひっくり返しています。 プロノでは、年々、当店をご利用されるお客様が増え、実にさまざまなご要望が毎日当店へ届きます。その中でダントツのトップが「何で作業服屋なのに、作業服少ないの?」、「もっとプロノの視点から見た作業服が見てみたい」等、作業服屋元来の中心アイテム「作業服」への要望が高くなっています。確かに当店では今まで、あえて「作業服」には手を出してきませんでした(作業服屋なのに(笑))。理由は簡単、つい2~3年前までは、どこのメーカーさんの作業服も似た感じだったんです。だからネット上で販売しようにも、商品を撮影して一覧で並べると・・・、「どれも同じ」に見えてしまうため作業服の取り扱いはオリジナル以外は掲載していませんでした。  しかし!ようやく今年から当店は、バンバン作業服をリリースします!!一覧でご覧になったときに、「あれもこれも、全部が魅力的」と思っていただける作業服を取り扱う事になりました。その先駆けが今回紹介する「BURTLE」というわけなんです。  では、早速商品のご紹介を。今回ご紹介するのは ブルゾン・シャツ・カーゴパンツの3種類。 今まで当店では、「カーゴパンツのみ」を扱うことが多かったのですが、当店でパンツを販売しすぎてしまい、メーカーさんに「ブルゾンだけ余る」という由々しき事態が多発。メーカーさんからのたっての希望もあり、今年からは上着も扱う事にありました。「おや?どっかで見たことあるな??」というお客様は、当店と長いお付き合いをされているお客様。そうです、この商品、冬時期に「防寒着」としてリリースした ヌバックタッサー防寒ブルゾン と同じシリーズになる 夏服バージョン なんです!!ヌバックタッサーユーザーには、突然の朗報ですよね!!  ヌバックタッサーも例外なく、スタイリッシュなシルエットが大好評でしたが、夏服になってもそのシルエットの美しさは健在。夏服といっても過度なペラッペラッな生地ではなくて、綿100%の素材を使用しているので、市販されている「ペラッペラッ」な作業服ではなくて、何回洗濯をしても「パリッ」とした着心地がとても気持ちイイ作業服になっています。また生地は 国産のリップクロス素材 を使用しているので、信頼性抜群!!っていうか、「リップクロスって何?」とお思いのお客様もいらっしゃいますよね??リップクロスとは、もう当店では有名な素材。ただ「ジャンルが異なり」ます。そうです、一般的にリップが使用されるワークウェアは「ヤッケ」や「カッパ」が多いです。 リップとは生地の中を別糸が格子状に走り、あらゆるテンションによる引き裂けと、破れを防止する 事が目的として使用されている加工です。ですから、画像をよ~く見てみると・・・、表面に格子状の模様が見えますよね?これが「リップクロス」です☆そしてこの素材は「日本で作られている」という事ですね。ただし!だから「日本製」とはなりません。当商品の場合、「国産生地を外国へ持ち込み縫製」するので、輸入法上は「外国産」となってしまいます。がコストのかかる日本生地をこだわり使用しているBURTLEってやはりタダモノではない!って気がしませんか??さて、ここからは、「ブルゾン」「シャツ」「カーゴパンツ」について、個別のご案内。 説明が長いですね・・・。どうか諦めないで読んでくださいね(苦笑) 【5101 ブルゾン編】 手にした見た感じ、「とってもしっかりしているなぁ」と思ったのが第一印象。この質感は「日本生地を使用」しているからなのか「リップがもたらす生地のコシ」なのかはちょっと分からないですが、とにかくしっかりしています。それで明らかに年間作業服とは異なる生地厚を実現しているのだから、驚きです。ただし、夏場25~30度近くになってしまうと、さすがに綿素材は暑く感じてしまいそう・・・。つまり、極暑日に至るまでの「4月」「5月」「6月」、また秋口の「9月」あたりまで、ガッチリカバー出来る作業服のような気がします。  シルエットに関しては、もはやBURTLE製品は何の心配もなし。かなりカッコイイです。私(作者)のように線の細い人間にはありがたい「裾がバタバタしない」形状のブルゾンは、胸囲や、裾幅などの細かいスペック変更で、本当に余分なダブツキはありません。もちろん今まで必要の無かったダブツキですからガッチリ体型のお客様はNGという事では絶対ありません。またBURTLEの特徴としては「ブルゾンの丈が短く」感じる方もいらっしゃるかもしれません。この部分はどちらは悪いとかではなくお客様の好みにより賛否が分かれるところ。私個人の考えですが、私的にこの長さは「アリ」だと思います。というのも、羽織った感じ「ジージャン(古い?)」のような雰囲気です。これ以上長くなってしまうと、上下で合わせた時のバランスが崩れてしまうような気がします。また着用の際、ちょっとダラしなく思えるかもしれませんが、「フロントジッパーを上まで上げる」着方ではなく、夏場は全開!!みたいなワイルドな意気込みで着用すると、よりBURTLEの世界観が伝わると思います。  よく作業服で見かける「脇ゴム」もナシ。襟元はライダースジャケット(シングル)のようなボタンでスタンドカラーに早代わりする襟形状。袖口もゴムは使わず、全体的に「ストンしたストレート形状」が魅力です。 ちなみに作者ではある私が実際に着てみました! 身長:178cm、体重:62kg、普段着用するブルゾンのサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでジャストサイズ! でした。いやぁ~、細身の私でも作業服がかっこよく着れるなんて夢のようですね(泣)。サイズ選びのコツは、この商品、パンツは割とゆとりがありますので、作業上許される範囲内で、「ブルゾン→ジャストサイズ、シャツ→ジャストサイズ、パンツ→通常サイズ」で合わせると、ボトムのボリュームがトップスのスッキリ感で中和され、すんごいオシャレに見えます。ブルゾンもシャツも大き目を買うと、全体的にダブダブな印象になりますのでご注意ください!! 【5103 長袖シャツ編】 当店がシャツを扱うなんて、あまり考えられない事ですよね(苦笑)それだけBURTLE製品に対し、当店が信頼を寄せている証拠。ブルゾンよりも2割くらい薄い生地を使用しているので、見た目ブルゾンと同じ印象に思われちゃいますが手にした感じはかなり違います。ブルゾンと比べるとかなりソフトな印象です。私(作者)の場合は大丈夫でしたが、ひょっとすると「ブルゾン」と「シャツ」のサイズが異なるお客様もいらっしゃるかもしれません。それだけ着た感じの印象は違います。詳細は別記のサイズスペックをご参照下さい。シルエットとしてはタイトではありませんがスッキリした形なので、「シャツの中に着込む」事は基本的にお勧めできません。肩口の周囲寸法「アームホール」がスリムなため、厚地の下着や重ね着をすると、脇の部分で生地の大渋滞が起こります。裾形状もゆるやかなアールを描いているので、居ないとは思いますが、シャツを出して着用する事も可能です。 実際に私(作者)が着てみました! ブルゾンサイズと同じLサイズがジャスト! でした。う~ん、でもホントはMサイズでいきたかったんですが、袖丈が足りませんでした・・・。 【5106 パワーカーゴパンツ編】 近未来「ワークカーゴパンツ」みたいです(笑)。明らかに今までの作業カーゴパンツとは違います。ノータックスタイルでシンプルに仕上げている他、デザインを崩さないよう配慮されている出っ張りが無いサイドのポケット等、恐らく「今までのタックの作業パンツに抵抗があったお客様」は、それだけで魅力的なスペックではないでしょうか?しかし、一方で”しっかり作業パンツしているな”と思わせる点も。見た目はなかなか分かりませんが、実はこのパンツ「太い」です。つまりワンタックを潰しても決して細くはせず、作業に必要なワタリ(ふともも部の巾)はしっかりと確保されているんです。ですから「ノータックがキツイよな~」っていうガッチリ体型のお客様もご安心ください。びっくりするくらい問題無く履けますよ。まさに見た目のマジックですね。またタックを潰す事により、折り目がパンツの両足のセンターを通らず(スーツのパンツは両足のセンターに折り目が走りますよね)、ジーンズやチノパンと同じサイドに折り目がくる構造になるので、これだけでかなり見た目の印象も変わります。  また画像では全部が”イマドキ”のように見えますが、こんな部分でもBURTLEが大事にしている箇所があります。それは 「股上」 です。イマドキのジーンズのようにまた上が浅く見えますが、それは大間違い。実は、「かなり股上が深く設定」されているのでお尻の収まりがすんごく良いです。他社さんメーカーでやっちゃいがちなのが、全部を”イマドキ”にしてしまい、股上も浅く設定してしまうんです・・・。これではもういくらカッコよくてももはや作業服ではなく単なる「カジュアルパンツ」です(泣)。この部分はBURTLEがワークカジュアルを提唱し、ノウハウとして蓄積した結晶。「股上」を変にイジッてしまうと、仕事が出来なくなってしまうんです。BURTLEは、前衛的なワークデザインを実現しながら、しっかりと「古き善き知識」はしっかりと踏襲しているメーカーさんなんです。  最後に私(作者)が実際に履いてみました。 私の好みでは82cmがベストサイズ! でした。前述通り、トップスはジャストサイズで攻めて、ボトムは少しゆとりを持たせると、カッコイイスタイリングになるのではないかと思います。

BURTLE VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーワイドカーゴパンツ 5106 新品,品質保証 —— 2,600円

パンツ

BURTLE ”自宅洗濯可能”ウォッシャブルバートルウィンターカーゴパンツ 綿100% 8112 セール,豊富な

サイズウエスト股下 M70-80cm76cm L80-90cm76cm LL90-100cm76cm 3L100-110cm76cm 4L(+500円)110-120cm76cm 5L(+500円)120-130cm76cm →お揃いのブルゾンはコチラ 発売日2012年9月12日頃予約販売有無予約無しで販売します。 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 いやぁ、当方北海道は最近朝晩どんどん寒くてなってきておりますが皆様の住まいの地域はどうでしょうか??「暑い~(汗)」って全国の皆さんがいってのはほんの一ヶ月前・・・、季節って確実に進んでいくんですね(しみじみ)。 さて、今回は「そろそろ今年の防寒服何にしようかな~。」ってぼんやり思い始めているお客様にとびっきりのウェアをお知らせしようと思いご案内差し上げることにしました。 初秋に開催した「2012-13プロノ秋冬モノ展示会」でも既に展示、そしてつい先日発売を開始した#7110 ウォッシャブル防寒ブルゾンの”お兄さん的”商品が本日めでたく掲載となりました!! 何故”お兄さん的存在”なのか??それは メインとなるお勧めポイントは7110と変わらないが付加価値として一つ重要なスペックが加えられている という点。価格もそれに伴って先日発売された7110ブルゾンよりも若干高価なんですが、その理由を聞くと誰もが「なるほどね」と納得していただけるのではないかと思っています。何を隠そうこの商品、 ぶ厚い装甲のような綿100%素材で作られたハードコア・防寒服! なんです!!「ん?ハード・コアって何じゃ?」っていうお客様、分かりやすくいうと まるで象のようなザラザラしたゴッツイ綿100%で構成された、どんな過酷な作業現場、作業環境、そして着用シーンでも、完璧に着用者の体を守る防寒服 という事です。とにかく丈夫に仕上げられたボディは、極力ガチャガチャした雰囲気にはならないように7110や他のBURTLE作業服と比べてシンプルし仕上げられているのが印象的です。また、ストレスが掛かり易いボディの随所に 金属の鋲(リベット)を打ち込んでいる のでちょっとやそっと強引に扱ってもリベットが外れほつれてしまうなんて事はありえません!! とにかくゴツく出来ているので、着用して「動きやすい!」とはいえませんが「寒い!」ともならないのではないかと思えるくらいゴツイです。重さもまさにヘビー級。 1着Lサイズ=1.23kg!! 。体力に自信のある殿方に是非着用していただきたい逸品です。「今までぼんやり”防寒は綿がイイ”って思っていたけど、よ~く考えてみると一体何がイイんだろうね」と核心をつく疑問を思いつかれたお客様、綿の防寒服ってこんなところがウリなんです!! 【分かっているようで実はぼんやり。綿素材のイイところ!!】 ■熱に強い!!・・・「え?別にイイよ」っていうお客様。冬場の作業場には必ずといってほど「ヒーター」がありそこで作業員さんは暖をとりますよね?そこがポイントです。市販されている防寒服のほとんどはポリエステル製。ポリエステルは高温にさらされると「融解(溶けてドロドロになる)」現象を引きおこします。まぁ、ヒーターに当たっていてドロドロになるまで気が付かない人はいないと思いますが、高温状態になった表面素材は火傷するくらい熱くなります。綿素材は熱くはなりますが溶けることはありません。ポリエステル素材が熱に晒されると「融解」するのに対し、綿は「炭化(焦げる)」します。溶けてしまった繊維に触れると当然火傷をし2次災害へと発展しますから綿素材の方が火・熱に対しては耐性があるのは事実です。 ■摩擦に強い!!・・・壁・床に擦っちゃった時に「やっちゃった~」と思ったことありませんか?そう、ポリエステル素材の特徴は摩擦が加わるとツルツル・ピカピカ状態になってしまい、新品だったかないがっかりしますよね?!綿素材は壁や床に生地を擦ってもツルツルにはなりません。しっかりと摩擦強度を持っていますので、なんともなかったようにピンピンしています。 ■綿は保温素材!!・・・防寒服に限らず綿素材の最大の特徴は「保温性が高い」という点。「保温性が高い」という言葉の正しい認識は「温度を保つ能力が高い」という事。夏場でも綿素材の肌着が重宝されるのは「体温を適正な温度で保つ」ため。つまり「暑くも寒くも感じない適温状態」を保つからです。一方防寒でいうところの保温性とは、「防寒素材、中綿等で温められた衣服内の高い温度を保つ」という意味。ポリ・ナイロン素材は通気性が良いため保温性も低くなりがちだが、綿素材はしっかりと防寒面でも活躍出来る素材といえる。 BURTLEさんの強みは、作業服メーカーとして何十年も培ってきた「作業着メーカーとしての誇りとノウハウ」をしっかりと新商品に注入でき、それを見た目で表現できるセンスが抜群な企画開発者がいらっしゃるという事です。ですから、BURTLEの作業着は「どんな体型のお客様」でも「どんな職種のお客様」でも完璧にニーズを捉えてしまうんです。 -作業着として通用するモノつくり-をいつも念頭においているからこそ、ファッション性の高さの他にも、 今回「目を見張る」機能性を引っさげてこの商品が発売になりました!! 。「ふぅ~ん。まぁ、防寒着なんて着て暖かければそれでいいけどね」っていうテンション低めなお客様、では、この商品の”もう一つの機能性”をご覧ください。実はそんなお客様にこそピッタリな魅力です!! 【自宅の洗濯機でジャブジャブ洗えちゃう”ウォッシャブル”機能を完全装備!!】 どうです?!これって相当魅力的じゃないですか??皆さんご存知の通り、防寒作業服ってほとんどが「中綿入り」です。要はふとんみたいに「表生地と裏生地の間に綿が詰まっている」状態。「え?防寒服って洗えないの??今まで洗っちゃってたよ」というお客様も多いはず(笑)。イメージしやすいのが前述のふとん。ふとんを家庭用の洗濯機で洗うとどうなるのか・・・、答えはとててシンプル。(答え1)とにかく乾かない。(答え2)綿落ち(綿が偏って乾燥)が発生する。と散々な結果を招きます。防寒服も同じで一度洗ってしまうと、とにかく完全に乾くまで時間がかかります。表面が乾いても中綿が乾かないのでとにかく湿った感じがつきまといます。そして一番問題なのは「綿落ち」。袖の綿が重力に引っ張られて袖に向かって偏りが生じ、とても不細工になると同時に使い勝手も極端に悪くなります。 今までは、軽い汚れであれば「濡れた布で拭く」、汚れが酷ければ「ぬるま湯で手もみ、またはクリーニング」を推奨していた防寒服を、とうとうBURTLEさんはやってくれました!!「洗濯機で完全に洗える防寒服」を完成させたのです!! 【ココに注目!だから洗濯機で洗えるんです!!!】 ■キルティング■ 実はふとんでもお馴染みの製法でその原理は「表生地と裏生地をダイヤ形に縫っていく」という製法。単に模様だと思っている方も多いですが、その本当の目的は表生地と裏生地をダイヤ形に縫った時に、中綿がそのダイヤ形の中にそれぞれ閉じ込められるんです。勘の良い方ならお気づきかもしれませんが、そうなんですお洗濯の後乾かしても、中綿が重力に負けて下がることが無いんです。すべてがダイヤ形の中で乾燥が進み洗う前とほぼ同じ形状で乾きます。当商品も中綿を閉じ込めている部分は全てキルティング加工を行いお洗濯による綿落ちを防止しています。 ■中綿乾燥システム■ 洗濯機によるお洗濯で文字通り中綿はびしょ濡れになってしまいます。基本的に汚れが気になるからお洗濯をするのであって、全く目に触れない中綿にはなんの罪もないのですが結果びしょ濡れになるわけです(笑)。その中綿を効率よく乾燥させるためこの商品は”ある工夫”を施しています。それは 「速乾メッシュ」 。袖口と裾の周りをグルリと 網の目が粗いスポーツメッシュを幅1cmくらいで縫い付けてあります。 「そんな場所にあってもあんまり変わらないんじゃない??」というお客様、これは実に理にかなった方法ですよ。だってお洗濯の後どうするかっていうと、100%のお客様が「ハンガーに掛けて干す」と思います。すると当然「袖口が下になり、裾口も下になる」と思います。そしてお洗濯後の湿った中綿(水分)が重力に負けて下に下に落ちていきます。通常の防寒服はここからが大変なんです。湿った水分が袖口・裾口に溜まってず~ッと濡れたままになって日数が経過すると生乾きの期間が長いため不衛生の要素になります。 ところがこの商品が凄いところは、袖・裾のメッシュが落ちてきた水分をメッシュからポタポタ落とし続けて乾きを早くするんです!!上にあっても、真ん中にあっても意味がなくて、あくまで袖と裾にあるからこそ「意味がある」機能です!!  この2大要素がお洗濯を可能にして、いつも清潔でイイ匂いのする防寒服を維持することが可能になったんです! もちろん、そのほかにもユーザーの欲しいと思えるポイントがいくつも用意されており、それらのポイントが「新しき要素」となってこの商品の絶妙なバランスを生み出しています。  またお揃いのパンツにしても「ここまでこだわる??」と思えるくらいの機能を盛り込んだつくりになっており、BURTLEさんのこの商品に掛ける意気込みがひしひしと伝わってきます☆ウエストゴムギャザーに加え、両サイドには更に調節用のバンドアジャスターが装備されています。これって主に安全ベルトや安全帯を着用するお客様には絶対必要な要素で、安全ベストや安全帯の重みで通常のゴムギャザーだけではズリ落ちてくるんですが、更にサイドベルトで締め付けるとズリ落ちが防止されます。 また、インナーパンツにアクセスがしやすいように「スルーポケット(貫通ポケット)」が用意されており、中のパンツにアクセスが容易になっているのも作業員さんからすると嬉しい機能ですよね?? また、裾はマジックテープで調節できるようになっており、別に裾上げをしなくても裾を絞れば床や地面を引きずってぼろぼろになることはありません。   気になるシルエットに関してはブルゾンは良くも悪くも大きめです。ただこれはBURTLEさんの作業服共通の特徴で「万人に愛される作業服つくり」を突き詰めると、やはり「大は小を兼ねる」ことからちょっと大きめに出来ています。パンツに関しても中綿が全体に入っていますので穿くと動きづらさが出てくるのは、この商品に限ったことではありませんが股上に関しては私が知っている限りこのモデルは「防寒パンツにしては浅め」だと思います。私にとっては穿きやすかったですが、正直意見が分かれるところですね。 最後に実際に私が試着してみて感じたことを。 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、インナーカジュアルのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ、 上下共にLサイズ で問題ありませんでした!!でもその時の服装はシャツ一枚と、スーツパンツでしたから、恐らく作業着の上からこの商品を着るとなったら上下共にLLサイズではないかと思います。 これだけ本格的な防寒服に仕上がっていますから、 この商品の適応気温は5℃から、-5℃くらいまでは対応可能。 ではないかと思います。 BURTLEさんの渾身の作、もちろん2012年度モデルの新作です!!

BURTLE ”自宅洗濯可能”ウォッシャブルバートルウィンターカーゴパンツ 綿100% 8112 セール,豊富な —— 3,100円

パンツ

BURTLE ノータックカーゴパンツ 6072 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 超激得,大人気

発売予定日2010/10/16掲載予定日掲載中 品番:6072 素材:ポリエステル65%/綿35% ■BURTLE自慢のカラーリングの特徴をご紹介!! ■ただの”安いパンツ”ではありません。コダワリのスタイルをご紹介!! ■■■商品説明文■■■  今までも当店では「カッコイイワークパンツ」を中心にご紹介し、多くのお客様にご好評を得てまいりましたが、やっぱり作業ズボンは作業ズボン、「もっと安くてカッコイイものを紹介して!」とご要望をたくさん頂いておりました・・・。  正直、使い勝手でいうと、向かうところ敵無し状態の「プロノ」レッドラベル裾上げ不要カーゴパンツが一番のオススメですが、あともう一歩!!っていう点が・・・。それは「タック」です。「タックって何じゃ?」っていうお客様はさすがにいないと思いますが、一応復習をしておきます。”タック”というのは、ウエストの帯のすぐ下、ハンドウォームポケットの上に配置されている「折り目」のことですね。この「タック」が入ると、ウエストはそのままでもワタリ(太もも)のゆとりが生まれるんです。作業ズボンは動きやすさが一番ですので、ちょっと前まではほぼ全ての作業ズボンにはこの「タック」が付いていました。しかし、現在、カジュアルとワークが限りなく近づいている今、カジュアルパンツを見てみると明らかに タックの無いパンツ、つまり「ノータックパンツ」が主流 になっていることが分かります。特にデニム(ジーパン)では皆無の状態。むしろタックが付いていると「ダサイ!」といわれる始末です・・・。では何故、昔のパンツにはタックが必要だったのか・・・。一つは当時の「穿き方」に特徴がありました。  当時の作業ズボンといえば「股上が恐ろしいほど深い」のが当たり前。お尻の収まりもいいし、動きやすいといえば動きやすいんですが、その代わり、ベルトの位置が腰のくぼみにくるため、「キュっ」と絞ったウエスト周りになるんです。ですから、当時の股上の深さできゅっとしたウエストを設定するとワタリも合わせて細くなってしまうんですね。だからこそ、太くするために「タック」が必要だったんです。  このモデルはまさに現在主流の「ノータックパンツ」。「おいおい、タックが無いってことは細いんじゃないのか!」といわれちゃいそうですが、ここからが現代の作業ズボンの違うところ。実は最近のワークパンツと呼ばれる分類の作業ズボンは、当時ほど股上が深くないんです。だから、穿いた感じも ウエストのくびれじゃなくて、腰骨の出っ張っている部分に引っかかる ような印象で穿きます。出っ張りの部分で穿きますから、当然昔の作業ズボンのように「きゅっ」としたウエストではなく初めからゆったりとしたウエストなのでワタリも自然とゆったりします。ですから、このモデルにタックを付けてしまうと今度は「太すぎる!」という事態を招いてしまうんですね。  タックが無くて見た目もスッキリしている上に、穿きやすい。そんなカーゴパンツが最新ブランド「BURTLE(バートル)」から発売されたら、当店としてやらない訳にはいきませんでした!!   生地はとてもパリッとした感触。とてもハリとコシがあります。 またある程度重量感もありますので、画像を見る以上にタフ(丈夫)な印象を持ちました。ノータックということもあり、裾まで「ズドン」としたシルエット、つまり「スリムタイプ」ではありません。ウエストに合わせて穿くとどうやってもルーズな履き心地になります。  とはいえ、冒頭の「もっと安くてカッコイイパンツ」とはつまり「安くて動きやすくて、形がしっかりしたパンツ」という事ですから、ルーズなシルエットでもお客様のご要望にはお応えできる自信があります。  ちょっとゴツめな安全スニーカー(スケータースニーカー)や、ブーツっぽい安全靴を合わせると雰囲気出ますね。大型のサイドポケットもルーズシルエットなら全然OKな仕様です!!  最後に作者である私が実際穿いてみました!! 身長:178cm、体重:61kg、ウエスト79cm の私が穿いてみたところ、「79cm」がピッタリでした。つまり、普段お召しになられているサイズで全然問題がありません。きっとイマドキのワークパンツの最先端のカタチを最安値でお試しいただくことが出来るノータックパンツです!!   同時発売でブルゾンもラインナップ! もし宜しければコチラをクリックして御確認ください!! ■サイズスペック■ サイズウエスト股下 737380 767680 797980 8282808585808888808888809191809595801001008010510577

BURTLE ノータックカーゴパンツ 6072 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 超激得,大人気 —— 1,900円

パンツ

BURTLE バートル T Cツイル 夏用ワークカーゴパンツ 6106 定番人気,安い

→お揃いのブルゾン サイズバスト肩幅袖丈着丈 SS102415560 S108445662 M112465864 L116486066 LL120506268 3L124526270 4L130546372 5L136566372 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  当店では、ネットでもしっかり作業服のよさを伝えネットも買いやすい「価格」と「実用性」、そして当店掲載基準のさいだい要素「ファッション性(カッコよさ)」が揃った商品を掲載しています。ですから当店を通じてお客様にお伝えする「作業服」は、いわば当店内の厳しい「チェックをクリア」した作業服であり、いつも最初にお客様が「こんなにあっちゃ、どれにしたらイイか分からない」という精神混乱状態を、予め当店が絞りを利かせる事により、ググゥ~ッと選択がしやすくなりました!!  当店の採用基準は上記の通りで、これは「昨年も取り扱ったからこのメーカーは来年もやろう」とか「当店と仲良しのメーカーさんの商品を優先的に取り扱おう」などといういやらしい選考基準はありません。いつもフラットな精神状態で「メーカーさんや過去の取引額」に関係なく、純粋に作業服の未来を考えているメーカーさんの作業服・作業用品を選定しています。その結果、当店で最速お届けサービスにご協力いただいている「SKプロダクトさん」や「BURTLEさん」の商品が多くなっていることは、ご協力いただいているからではなく、「当店の目指す作業用品の方向性と良く合致している商品を企画・開発」されているためです。今回、ご紹介の商品も昨年のリリースから圧倒的な人気を誇っていた6091シリーズの夏生地バージョン、たくさんの作業服の中から「ダントツ」の人気で見事当店掲載を勝ち取ったBURTLE社製の最新夏生地作業服です!! 【大人気”6091”が究極進化!ブルゾンのココが凄いよ!ポイント】 ■生地・・・サンプルの時からこの商品で使用されている生地の凄さが伝わってきました。何が凄いのかっていうと”生地厚”と”風合い”です。多分、私がここで伝えないと大部分のお客様が「これって綿100%だろ?」と誤解を受けかねないほど、しっかりした表素材は「パリッ!」とした肌触りと、「どんなハードなお仕事でも屈することの無い生地」が最大の特徴です!!そう、これぞBURTLEさんの真骨頂国産生地にこだわった綿混素材(綿65%、ポリエステル35%)です!!BURTLEさんはその生産の全てを海外へお願いしているわけではなく、創業以来ず~っと「生地は国産を使うべし!!」っていうのに重点を置いて作業服を作っているんです。  今でこそ「国産生地」っていうと「へぇ~」って感心してしまいますが、昔はドコのメーカーさんも国産の生地を使っていたよう。それが時代の急激な流れにより、「製造は海外に委託」され、そしていつか「生地も生産も全て海外で」という風潮に業界全体全体が流されていきました。もちろん、それが悪いとは私(作者)は思いません。その結果作業服に不可欠な「圧倒的なコスパ(低価格)」が手に入りますからね。でもBURTLEさんはその領域には踏みこまなかったんです。「BURTLE製品は、着た後からが本当の勝負」とメーカーさんも意気込んでいる通り、BURTLE製品は国産の生地を使用している点から「着古した時の風合い」や「作業服としての寿命も長い」などといった全国各地のユーザーさんから絶賛されているんです。 ■シルエット・・・これもBURTLEさんらしいポイント。昨今、周囲の作業服メーカーがカタチにこだわって作業服の既成概念を打ち崩すデザインやシルエットの作業服をたくさんリリースする中、BURTLEさんは「作業服として守るべきポイントをしっかりと守る」姿勢を決して崩しません。この姿勢がいまや「頑固者」といわれる「職人さん」や、ベテランの「ワーカーさん」にとって心地よすぎるメリットになっているんです!  昨今の作業服でも流行の「ショート丈」や、「タイト(細身)デザイン」、「装飾付属(キラキラしたボタンや装飾ジッパートップ)」などのスタイルは決してBURTLEさんは踏襲しません。着丈も、身幅も、そして付属も全てスタンダード。ここにファッション性を求めません。、これはBURTLE社の「作業服なんだから、いろんな人(体型・容姿・年齢)にきちんと作業をしてもらうのが一番」と考えるからこそなんです。 では画像をご覧頂いて、「この作業服って地味??」って聞くと、全員が「オシャレ」と答えます。ここがBURTLE製品の凄いところ。そうなんです!見た目ではなく、着たとき・仕事した時のことを想定しているからこそ可能になる、”内側”からファッション性がにじみ出てくるんです。襟の大きさだって、形だって袖形状だって昔と大差ありません。しかし、全体を見ると何故か「オシャレ」。これこそ作業服メーカーさんの出来る芸当”スキル”だと思います! ただし、全てを昔のままに当商品を作ったわけではありません。アームホール(腕と肩が合わせる周囲径)は昔よりもず~っと細め。この部分って昔からそんなに必要な太さって無かったんです。ですからここは自然とカットされていました。 ■機能性・・・届いた瞬間に感じていただけるのは「なんかゴッツイ服だな~」と思いますが、コレが着てみると実際はそうでもないんです。きっと腕の取り回しに、肩甲骨に辺りにある「ウイングカット(タックのようなもの)」は夏対応モデルということで大胆に 通気性が良いメッシュ に仕様が変更になっております。同様にわきの下にある 「ダイヤカット」もメッシュ化 されており、腕の取り回しと通気性の良さはほぼ完璧になったと思います。肩甲骨のタックは腕を前に向けた時に、このタックが伸びてストレスを感じなくさせる効果があり、脇の下のダイヤカットは、本来存在していない生地でありこの生地を前身・後ろ身・腕の間に入り込むことにより、腕を上げた際の身頃のモタツキや引っ張り・ツッパリにおけるストレスを軽減させています。 ■デザイン・・・BURTLEさんの製品って、絶対「ファッション性を優先した結果、○と○の機能性は若干損なわれました。」的な事は絶対にありえません。まず優先するのが「ワーク(仕事)」なわけですから、機能性を犠牲にするなんて考えはハナからありません。両胸元の大きなポケット、貴重品やメモを入れておく「ジッパーオープンポケット」も完備、両脇のハンドウォームポケットは入り口を若干小さくして生地を重ね、屈曲した際にも中身が落ちないような工夫が施されています。そして、こんな事ってあるんでしょうか、この価格帯で裏地に裏ポケットも装備します。どうです?これがBURTLE クオリティなんです。しかもこのモデルだけがこうなんじゃなくて全ての製品に対してこの「BURTLEクオリティ」は存在します。 そして今回の商品にはちょっとしたアソビ心が。脱いだ時に首元にチラッと見える「トリコロール・テープ」。こういう所に全力を尽くせるメーカーさんなんです。 【ココが凄いよ!おそろいカーゴパンツ!!】 ■生地・・・当然、 夏用の薄生地素材 です。お揃いですから生地はブルゾンと同クラスの生地厚と質感。どうしてもパンツの傷みが早い作業ズボンですが、こだけ生地がしっかりしていてタフだときっと、ブルゾンと同じくらい長持ちするに違いありません。 ■シルエット・・・当商品今流行のウエストの折込タックがない「ノータック・カーゴパンツ」。「俺ぁ、ノータックなんてキツくて穿かないよ」というお客様、幸い当店は返品をお受けできますので、どうか試しにこのノータック・カーゴパンツを一度穿いてみてください。実際、穿いてみると実感できますが、ウエストからワタリ(ふともも)にかけてまるで1タックパンツのようなゆとりがある事に気がつくはずです。少なくてもジーパンのようなパツッとした雰囲気にはなりませんよね。これこそ「マジック・ノータック」と呼ばれる手法で、見た目こそはオシャレなノータックですが、履き心地は機動性の高いワンタックのような履き心地なんです。これでスッキリした見た目で、いつも通りの仕事(成果)が約束されるわけです。BURTLEさんらしいこだわりが見え隠れするポイントです。 ■機能性・・・ふとももサイドにデッカイポケットが2つ付いています。これはデカイです(笑)。これ以上大きくしようがありません。多分このポケットにいっぱいモノを詰め込むと動けなくなりますね。。。でも、スッキリとしたポケットですから何も入れなくても、ファッション性は高くなります。 ■デザイン・・・ただ一点!!BURTLEさんにお願いしたい事が・・・。それは「センターバーツ(折り目)」を何とかして「サイドバーツ(パンツの真横に折り目がくる)」になるように袋詰めをお願いできませんか??・・・って多分、当店の担当者も伝えてると思います。きっと工場の都合がつかいないのかな??でも、当店は引き続きお願いし続けようと思います!! 以上、これがBURTLEさんの期待の新商品の全容です☆どうです??既にBURTLEさんのファンのお客さまも、そしてこれから作業服を買おうと思っているお客様もこれ以上、悩む必要のないクオリティだと思いますよ。そして!!そんなお客様に当店から当商品に関して最後のサプライズ!! それは・・・ 新商品6101ブルゾンのお値段は1着、2,690円!!(驚) 新商品6106カーゴのお値段は1本2,490円!!(驚)   どうです??多分、この価格を聞いて「や~めた」っていうお客様は皆無では??そう、BURTLEさんが最後に仕掛けたサプライズは「国産生地を使用し」「どんな方にも愛されるデザインにこだわり」「いかに暑い夏を乗り切るか」、そして最後は「圧倒的なコストパフォーマンス」だったんです!!いやぁ、凄いですね。 最後に作者である私が実際に着用してみました!!身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着る作業ブルゾンのサイズ:LLサイズ、普段穿く作業ズボンのサイズ:82cmの私が上下であわせてみたところ・・・、ブルゾン→Lサイズ、パンツ→82cmでカッコよく着こなせました!。ブルゾンはやっぱりBURTLEさん。LLだとちょっと身幅が余ったのでLサイズにしたら変なゆとりが無くなってスッキリしました。 ドコよりも早くリリースしようと思って、ず~っとBURTLEさんと打ち合わせしていました!!どうです??ドコよりも早かったですかね??(不安)

BURTLE バートル T Cツイル 夏用ワークカーゴパンツ 6106 定番人気,安い —— 1,900円

パンツ

BURTLE バートル ”ヘヴィーデューティ日本製生地”ワークカーゴパンツ 5202 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 新作入荷,新作登場

■4Lサイズはコチラ■ 【WEB製作者が語るイチオシポイント】  今や当店に無くてはならない存在になった「BURTLE」さんの作業服。長年の作業服に関するノウハウを一気に活かしながら、作業服としての役割もしっかり果たす。形や、見た目だかりではなく、しっかりと”基礎”を踏まえる、それが今BURTLEさんの揺ぎ無い人気の一要因となっています。当店もスタイリング重視で商品をご紹介しますが、やはり形にこだわり過ぎると諦めなければならない着心地や、使い勝手などは現実問題で発生しています。が、 BURTLEさんの作業服のポイントは、どんな体型のお客様でもきっちり着こなせるスタイリング なんですね。例えば、 細身のお客様にはルーズフィット。普通体型のお客様にはジャストフィット。そしてガッチリ体型のお客様にはアウトローフィット と、まさに着る人を選ばないスタイリングが大きな魅力なんですね。  今回、ご紹介するのは、BURTLEさんが「BURTLE」と社名を変更する前の作業服。「なんでそんな古いものを・・・」とか言わないでくださいね!BURTLEさんがBURTLEに社名を変更したのは「昨年2010年」なんです。つまり、古い商品ではなく 2シーズン目突入の作業服 ですね。全体的なスタイリングとしては、 作業服らしくない作業服 が一番のコンセプト。つまり今までの「なんとなく泥臭い・暗いイメージ・どれも一緒」の作業服を根底からひっくり返す為に作られた商品です。BURTLE製の作業服の特徴(ベース)は トップスはタイトで、ボトムはルーズ が品揃えの中で多いです。 ■5201 ワークジャケット編■  手にした瞬間の第一印象は「重ッ!!!」です(苦笑)。カラーリングも重厚ですが、それ以上にこの商品、綿100%の厚生地でとても重量があります。ちなみに上着770g。これは当店の軽防寒服よりも重い数値。実際に着てみた感じも「がっしり」した感じです。日頃からお召しの作業服が「重いなぁ・・・軽いのないかなぁ」と思って作業服をお探しのお客様にはちょっとこの商品は厳しいかもしれません。  ただし!!重いのには当たり前ですが意味があります。この商品は「ヘビーデューティ」、つまり過酷な現場向きの商品なんです!過酷な現場にはタフな作業服が必要です。そんなコンセプトで生まれた作業服ですから、こんなに厚くこんなに重くなりました。 最近のチャラチャラした作業服じゃ仕事できん!昔のゴワゴワしたアホみたいに頑丈な作業服はもうないんかい! という職人さんタイプのお客様にはピッタリだと思います。とはいえ、スタイリングはしっかりBURTLEワークウェアです。ウエストに向けてストレートラインで自然にしぼまる逆台形形状、ショート丈、袖丈長めのスタイリングは前述通り、コダワリが多い職人さんが着てもきっと納得されるのではないかと思います。  襟形状は、硬派な印象の スタンドカラー 、裾・袖には パチパチボタン 、そして合わせ生地の補強とちょっとしたアクセント代わりに 鋲(リベット)が打ち込まれ ています。着用した感じでは、 ジージャン(古い?)みたい と思いました。 ■5205 ワークシャツ編■  私(作者)、触ってビックリしました。このシャツ、 凄い厚い&重い!! です。通常、このテ(お揃い)のワークシャツってブルゾン生地と比べるとちょっと薄くなるんですよね。でもシャツ、素人である私が触ってみた感じ、 どうもブルゾンと同じ生地厚っぽい(苦笑) です!!というか、確証はありませんが素人が触る分にはほぼ同じ感覚です。これは”ヘヴィーデューティ”を謳っているのは過言ではありませんね。恐らくこのシャツは「ブルゾン級の耐久性」を有した まさに当店でも唯一のヘヴィーデューティ・ワークシャツ と呼べるシロモノだと実感しました。ちなみに生地が厚いながらもシャツとして作られているので、シルエットはタイト。もしもカバーオールシャツ(ちょっとした羽織る上着)としてお考えの時は「1サイズ大きめ」をオススメします!もう一回言いますね!このシャツはすごいっっ! ■5202 ワークカーゴパンツ編■  太い!が第一声。ワタリ=太ももも、裾幅も品名通り「ワイド」です。股上もかなり深く作られているので、恰幅の良いお客様でもしっかりヒップをホールドします。逆に辛いのは私のようなガリガリタイプ・・・(泣)。ウエストでサイズを選ぶと不恰好なので、細身のお客様は腰骨の出っ張りでパンツを引っ掛けて履くウエストハンギングでお選びになると、ちょっと太目のジーンズを履いた感じになり雰囲気もグッと良くなります☆。もちろんここまでこだわって作っているので、 タックは無しのノータック仕様 なので、オシャレワークに敏感なお客様はもちろんの事、「ノータックは履いたことがない」というタック愛好家の方も、このBURTLE持ち前の だらしなさとオシャレのルーズフィットパンツの境目をズバッと見抜く サイズ寸法で、きっとタックが無いのに気が付かないくらい快適にお仕事する事が可能です! 上着がタイトで、ショート丈。そしてボトムがワイドでルーズフィット。 このスタイリングがBURTLEさんが生み出した次世代作業服の形なのかもしれませんね。  最後に私(作者)が実際に着用してみました! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm の私が着てみたところ・・・、 ブルゾン:Lサイズ、シャツ:Lサイズ、カーゴ:Lサイズ でした!「適当だろ」とか突っ込まないでください!本当にこのサイズでピッタリなんです。更に詳細をお伝えすると、ブルゾン着用時は中にシャツを着ている状態で試着して、もう中に1枚も増やせないほどピッタリでした。シャツはというと、前述を加味すると当然といえば当然ですが「このシャツを着て、お揃いのブルゾンは上に着れない」です。中にシャツを着ようと思ったら、ブルゾンのサイズをワンサイズ上げたほうが良いです。  カーゴパンツのサイズは私のような体型ではギリギリライン。これ以上のサイズアップはスタイリングを壊し「だらしない」領域に踏み入ることになりそうです。  昔ながらのゴツイ作業服が、BURTLEさんによってココまで新しい感覚に生まれ変わりました!!BURTLEさんのご好意により メーカーさん直送最短お届けサービス【BURTLE エクスプレス】にも対応 していますので、是非こだわり職人のお客様、はたまた鳶職人さんの新スタイルワークウェアとしても人気が出そうなスタイルです。是非ご検討ください!

BURTLE バートル ”ヘヴィーデューティ日本製生地”ワークカーゴパンツ 5202 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 新作入荷,新作登場 —— 2,800円

パンツ

BURTLE バートル ”ヘヴィーデューティ日本製生地”ワークカーゴパンツ 5202 2012 EXS 作 服 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 2019,大得価

【WEB製作者が語るイチオシポイント】  今や当店に無くてはならない存在になった「BURTLE」さんの作業服。長年の作業服に関するノウハウを一気に活かしながら、作業服としての役割もしっかり果たす。形や、見た目だかりではなく、しっかりと”基礎”を踏まえる、それが今BURTLEさんの揺ぎ無い人気の一要因となっています。当店もスタイリング重視で商品をご紹介しますが、やはり形にこだわり過ぎると諦めなければならない着心地や、使い勝手などは現実問題で発生しています。が、 BURTLEさんの作業服のポイントは、どんな体型のお客様でもきっちり着こなせるスタイリング なんですね。例えば、 細身のお客様にはルーズフィット。普通体型のお客様にはジャストフィット。そしてガッチリ体型のお客様にはアウトローフィット と、まさに着る人を選ばないスタイリングが大きな魅力なんですね。  今回、ご紹介するのは、BURTLEさんが「BURTLE」と社名を変更する前の作業服。「なんでそんな古いものを・・・」とか言わないでくださいね!BURTLEさんがBURTLEに社名を変更したのは「昨年2010年」なんです。つまり、古い商品ではなく 2シーズン目突入の作業服 ですね。全体的なスタイリングとしては、 作業服らしくない作業服 が一番のコンセプト。つまり今までの「なんとなく泥臭い・暗いイメージ・どれも一緒」の作業服を根底からひっくり返す為に作られた商品です。BURTLE製の作業服の特徴(ベース)は トップスはタイトで、ボトムはルーズ が品揃えの中で多いです。 ■5201 ワークジャケット編■  手にした瞬間の第一印象は「重ッ!!!」です(苦笑)。カラーリングも重厚ですが、それ以上にこの商品、綿100%の厚生地でとても重量があります。ちなみに上着770g。これは当店の軽防寒服よりも重い数値。実際に着てみた感じも「がっしり」した感じです。日頃からお召しの作業服が「重いなぁ・・・軽いのないかなぁ」と思って作業服をお探しのお客様にはちょっとこの商品は厳しいかもしれません。  ただし!!重いのには当たり前ですが意味があります。この商品は「ヘビーデューティ」、つまり過酷な現場向きの商品なんです!過酷な現場にはタフな作業服が必要です。そんなコンセプトで生まれた作業服ですから、こんなに厚くこんなに重くなりました。 最近のチャラチャラした作業服じゃ仕事できん!昔のゴワゴワしたアホみたいに頑丈な作業服はもうないんかい! という職人さんタイプのお客様にはピッタリだと思います。とはいえ、スタイリングはしっかりBURTLEワークウェアです。ウエストに向けてストレートラインで自然にしぼまる逆台形形状、ショート丈、袖丈長めのスタイリングは前述通り、コダワリが多い職人さんが着てもきっと納得されるのではないかと思います。  襟形状は、硬派な印象の スタンドカラー 、裾・袖には パチパチボタン 、そして合わせ生地の補強とちょっとしたアクセント代わりに 鋲(リベット)が打ち込まれ ています。着用した感じでは、 ジージャン(古い?)みたい と思いました。 ■5205 ワークシャツ編■  私(作者)、触ってビックリしました。このシャツ、 凄い厚い&重い!! です。通常、このテ(お揃い)のワークシャツってブルゾン生地と比べるとちょっと薄くなるんですよね。でもシャツ、素人である私が触ってみた感じ、 どうもブルゾンと同じ生地厚っぽい(苦笑) です!!というか、確証はありませんが素人が触る分にはほぼ同じ感覚です。これは”ヘヴィーデューティ”を謳っているのは過言ではありませんね。恐らくこのシャツは「ブルゾン級の耐久性」を有した まさに当店でも唯一のヘヴィーデューティ・ワークシャツ と呼べるシロモノだと実感しました。ちなみに生地が厚いながらもシャツとして作られているので、シルエットはタイト。もしもカバーオールシャツ(ちょっとした羽織る上着)としてお考えの時は「1サイズ大きめ」をオススメします!もう一回言いますね!このシャツはすごいっっ! ■5202 ワークカーゴパンツ編■  太い!が第一声。ワタリ=太ももも、裾幅も品名通り「ワイド」です。股上もかなり深く作られているので、恰幅の良いお客様でもしっかりヒップをホールドします。逆に辛いのは私のようなガリガリタイプ・・・(泣)。ウエストでサイズを選ぶと不恰好なので、細身のお客様は腰骨の出っ張りでパンツを引っ掛けて履くウエストハンギングでお選びになると、ちょっと太目のジーンズを履いた感じになり雰囲気もグッと良くなります☆。もちろんここまでこだわって作っているので、 タックは無しのノータック仕様 なので、オシャレワークに敏感なお客様はもちろんの事、「ノータックは履いたことがない」というタック愛好家の方も、このBURTLE持ち前の だらしなさとオシャレのルーズフィットパンツの境目をズバッと見抜く サイズ寸法で、きっとタックが無いのに気が付かないくらい快適にお仕事する事が可能です! 上着がタイトで、ショート丈。そしてボトムがワイドでルーズフィット。 このスタイリングがBURTLEさんが生み出した次世代作業服の形なのかもしれませんね。  最後に私(作者)が実際に着用してみました! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm の私が着てみたところ・・・、 ブルゾン:Lサイズ、シャツ:Lサイズ、カーゴ:Lサイズ でした!「適当だろ」とか突っ込まないでください!本当にこのサイズでピッタリなんです。更に詳細をお伝えすると、ブルゾン着用時は中にシャツを着ている状態で試着して、もう中に1枚も増やせないほどピッタリでした。シャツはというと、前述を加味すると当然といえば当然ですが「このシャツを着て、お揃いのブルゾンは上に着れない」です。中にシャツを着ようと思ったら、ブルゾンのサイズをワンサイズ上げたほうが良いです。  カーゴパンツのサイズは私のような体型ではギリギリライン。これ以上のサイズアップはスタイリングを壊し「だらしない」領域に踏み入ることになりそうです。  昔ながらのゴツイ作業服が、BURTLEさんによってココまで新しい感覚に生まれ変わりました!!BURTLEさんのご好意により メーカーさん直送最短お届けサービス【BURTLE エクスプレス】にも対応 していますので、是非こだわり職人のお客様、はたまた鳶職人さんの新スタイルワークウェアとしても人気が出そうなスタイルです。是非ご検討ください!

BURTLE バートル ”ヘヴィーデューティ日本製生地”ワークカーゴパンツ 5202 2012 EXS 作 服 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 2019,大得価 —— 3,200円

パンツ

BURTLE バートル カーゴパンツ 5302 100%新品,HOT

→Sから3Lサイズはコチラをクリック! →お揃いのジャケットはコチラをクリック! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年は、全国的に雪に翻弄された大変な冬ではなかったかと思います。現在も尚、雪に苦しんでいる地域にお住まいのお客様もきっと多いので、不謹慎な事はいえませんが、それでも雪と毎年戦っている北海道から一つ、お伝えする事があるとすればそれは「どんなに苦しめられた雪も、解けてしまえば怖くない」です。あともうちょっとの辛抱です!!春までじっくり・ゆっくり待ちましょう!!(ただし!!山間部にお住まいのお客様は雪崩・土砂災害にお気をつけください) さて、日に日に暖かくなってきている事を感じずにはいられない北海道ですが、いよいよ今年の春の新商品をお伝えする季節がまたやってまいりました!! やっぱり、春が近づいてくると皆さんそわそわすると思いますが、大半のお客様が「春に向けて作業服を新調しようかな~」って思っているんじゃないかと、私勝手に思っています(笑)。 もちろん、今の品揃えでも十分春の(新)作業服の新調にはオススメの商品がたくさんあるのですが、やっぱり 今年の春を代表する出来立てホヤホヤの新作作業服 が見たいし、欲しいですよね!! そんなお客様、大変お待たせいたしました!!当店で作業服!!といえば、みんなから「BURTLE(バートル)!!」と返ってくると思いますが、そう!!BURTLEさんの最強作業服が当店でGET 出来るようになりました☆ BURTLE自慢の新作作業服は・・・ あれ?ある意味「バートルさんらしくない?」コンセプトのタフネス・ワークウェア なんです!! 実は、この商品昨年2013年の夏に見て私(作者)が一目ぼれしたアイテム。本当は2013年の秋ー冬に入荷する予定だったんですが・・・、例のごとくBURTLEさんの人気ぶりが伺える事情なんですが、発注したときには既に「在庫が揃わない」といわれる始末・・・。仕方なく、再入荷を果たす2014年の春の目玉商品としてご案内する事にしました(苦笑)。本当に人気商品なのでまたいつ在庫がなくなるか、本当にヒヤヒヤしているんですが、在庫が揃っているうちに当店をご利用していただいているお客様にもご案内を差し上げたいと思い、マッハでお知らせしております!! 【#5301シリーズ専用(新)コンセプト!太くない、デカくない、深くない!】 ■太くない!・・・BURTLEさんの製品が日本全国のお客様に愛されている要因って、やはり「その形」にあると思っています。昨今、他社さんがこぞって開発している新感覚作業服はどれも「スリム」で「タイト」、ワークウェアを着用するお客様は「ガタイがイイお客様」が多いので、実際はこの風潮を喜ばしいと思っていない人も多いんです。 がしかし、昨今の「メタボ対策」の効果もあって、ちょっと前の日本よりもスリムなワーカーが増えたのも否めません。今回の新作は、BURTLE社が元来、得意としてきた「万人のワーカー体型に合うルーズフィット」の作業服から、1歩進んだ「イマドキのスタイリングを取り入れた」、周囲の”新感覚作業服を老舗ブランドBURTLEが手がけるとどうなるのか”と具現化したモデルといえます。 上着でいうと、腕周りや胴回りが今までのBURTLEアイテムよりも「若干細くなっている」ほか、パンツでいうとふとももから裾までのラインが明らかにシャープに仕上がっています。 今まで、どのBURTLEアイテムを着用しても、なぜか「どこかしらからだの一部分がガホガホしている・着られている感覚」がぬぐえなかったお客様は、体型がBURTLE製品にマッチしていない可能性がありましたが、そんなお客様には是非、今回の作業服に袖を通してみてもらえたら、今回のBURTLEのコンセプトをより深く理解できると思います。 ■デカくない!・・・BURTLE社の製品は、万人のワーカーに対してカッコよく着れる作業服を提供し続けている人気ブランドですが、そのコンセプトを遂行するために、上着もパンツも実は昨今の作業服より「ややワイド」に仕上げられています。これが大きな特徴であり、また細身のお客様からすると唯一の不満点だったと思います。 この商品はそんなワイドなシルエットから、若干細身に大変身!着用するとよく分かりますが、今までのBURTLE製品では感じた事のない「フィット感」を感じる事が出来ずスタイリングに、私(作者)は軽く衝撃を受けました☆ ■深くない!・・・これは「パンツ」のお話です。直接私(作者)がBURTLEさんから聞きましたので、間違いありませんが当商品(パンツ)は 股上が元来のBURTLEワークパンツよりも股上が浅く設定 されております!!この部分にBURTLEさんが着手したのは正直、「驚き」でしたね。BURTLEさんが頑ななまでに貫き通している事に「ワークパンツである以上、股上は深いほうが良い」という認識だと思っていましたが、あっさりこの商品で股上が浅いパンツの開発に乗り出しました。 BURTLEさんいわく、「今のところ、(股上が浅いパンツをつくるのは)このモデルだけです」と断言していますが、この身のこなしの軽さというか、フットワークのよさが今のBURTLE社人気を後押ししているような気がしてなりません。 どうです??全国にまたがるBURTLEファンの皆さまも、きっと今頃気になってしょうがないのではないでしょうか??今までのBURTLE製品とは一味違うこの商品は、きっと新たなBURTLEファンを生み出す起爆剤になること間違いなしと思っています。 早速、本日手元に届いた商品を手にしましたが、 商品を触った第一印象は”ゴツイ”な~。 でした。さすがカタログにも「タフ」を謳っている通り、かなり頑丈そうな生地です。「こりゃ間違いなく綿だな」って思っていたんですが、タグを見てみてビックリ、こんなに頑丈そうでタフに見えるのに、 ポリエステル65%+綿35%のツイル素材 を採用しているので、見た目とは全く違う「扱いやすさ」を有しています。綿製品って確かにタフで頑丈なんですが、ゴワゴワ感がハンパなかったり、お洗濯後乾きが遅かったり、縮みが心配だったりするんですが、ポリエステルが混ざることにより、それらの懸念ポイントが一気に消え去りました。 とはいえ、製品にかなりの厚みがある事は事実でそれが非常にタフな印象を与えている事はまちがいないと思います。春先にはこの商品は、この上ない以上の頼りがいのある作業服になると思いますが、正直6-8月の夏には暑過ぎて着れない時期があるように感じます。ただどちらにしても、生地の中を糸が通る「リップストップ」生地であることからも相当生地レベルで強靭なシロモノに仕上げられていると考えられます。 ブルゾンは、パッと見た目も良く分かるとおりかなり攻撃的に攻めたデザイン性でスタンドカラーが目を引く「ライダース・ジャケット」のように仕上げられています。袖丈もバッチリ保有しているので、腕を前に出しても袖が短くなる事はありません。随所に設けられたベンチレーション用の穴や、様々な切り替えし要素がより一層ファッション性を向上させています。 パンツも前評判通り、非常にスッキリしたフォルムとBURTLE製品として今まで感じた事の無い「股上の収まり方」が自分的にGOODでした☆一つ、間違えのないようにお伝えしておきますが決して「股上が浅い」という事ではありません。そこはBURTLEスピリットがしっかりと残してあり、作業パンツとしてありえない昨今のカジュアルパンツのような股上の浅さは、たとえお客さんがお願いしてもBURTLEさんは作りません。しっかりと作業パンツとして機能するように必要な股上はしっかりと保持されているので、細身のお客様のみならず、ガタイのイイお客様にもすっきりとお召しいただける綺麗なシルエットのワークパンツに仕上げられています。 最後に、実際に私が着て見ました!!BURTLEさんの作業服を試着するなんて本当に久しぶり☆しかも新コンセプトモデルなんで、なんとなく緊張している自分もいます。 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着る作業服のサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズでジャストサイズ、パンツはLサイズでピッタリ☆ でした。ちなみに上着のサイズは「インナーにシャツ1枚程度」でございます。それ以上着込むならLLサイズがオススメです。 新しい試み、そして開発コンセプト、とても面白いBURTLE新作作業服になりましたが、最後に超ド級の”ネタ”がございます。この商品、ラインナップ上、 女性専用型紙を採用した女性専用サイズ を採用しいている正真正銘の「ユニセックス」モデルなので、こんなに個性的ではありますが会社様で揃える時にも女性にもカッコよく来ていただけるサイズが予めご用意されているのがこの商品独特の利点です。 女性のページは別途鋭意製作中ではございますが、これもコレでカッコイイんですよね~☆ 男女でこの作業服に身を通し、屋外で作業している姿を見たら、きっと思わず見入っちゃうでしょうね・・・。それほどスタイリッシュでファッショナブルな一着です。 BURTLEさんの「カタさ」が取れた非常に感度の高い1着に仕上がっていると自分も思います。是非、実物をご確認ください☆ ※(新)サイズスペック サイズ参考身長着丈肩幅バストウエスト股下袖丈 S157-162464611080-907254 M162-167484811484-947456 L167-172505011888-987658 LL172-177 52 52 122 92-102 78 60 3L177-182545412696-1068062

BURTLE バートル カーゴパンツ 5302 100%新品,HOT —— 2,800円

パンツ

BURTLE バートル カーゴパンツ 5302 大得価,HOT

→大きいサイズはコチラをクリック! →お揃いのジャケットはコチラをクリック! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年は、全国的に雪に翻弄された大変な冬ではなかったかと思います。現在も尚、雪に苦しんでいる地域にお住まいのお客様もきっと多いので、不謹慎な事はいえませんが、それでも雪と毎年戦っている北海道から一つ、お伝えする事があるとすればそれは「どんなに苦しめられた雪も、解けてしまえば怖くない」です。あともうちょっとの辛抱です!!春までじっくり・ゆっくり待ちましょう!!(ただし!!山間部にお住まいのお客様は雪崩・土砂災害にお気をつけください) さて、日に日に暖かくなってきている事を感じずにはいられない北海道ですが、いよいよ今年の春の新商品をお伝えする季節がまたやってまいりました!! やっぱり、春が近づいてくると皆さんそわそわすると思いますが、大半のお客様が「春に向けて作業服を新調しようかな~」って思っているんじゃないかと、私勝手に思っています(笑)。 もちろん、今の品揃えでも十分春の(新)作業服の新調にはオススメの商品がたくさんあるのですが、やっぱり 今年の春を代表する出来立てホヤホヤの新作作業服 が見たいし、欲しいですよね!! そんなお客様、大変お待たせいたしました!!当店で作業服!!といえば、みんなから「BURTLE(バートル)!!」と返ってくると思いますが、そう!!BURTLEさんの最強作業服が当店でGET 出来るようになりました☆ BURTLE自慢の新作作業服は・・・ あれ?ある意味「バートルさんらしくない?」コンセプトのタフネス・ワークウェア なんです!! 実は、この商品昨年2013年の夏に見て私(作者)が一目ぼれしたアイテム。本当は2013年の秋ー冬に入荷する予定だったんですが・・・、例のごとくBURTLEさんの人気ぶりが伺える事情なんですが、発注したときには既に「在庫が揃わない」といわれる始末・・・。仕方なく、再入荷を果たす2014年の春の目玉商品としてご案内する事にしました(苦笑)。本当に人気商品なのでまたいつ在庫がなくなるか、本当にヒヤヒヤしているんですが、在庫が揃っているうちに当店をご利用していただいているお客様にもご案内を差し上げたいと思い、マッハでお知らせしております!! 【#5301シリーズ専用(新)コンセプト!太くない、デカくない、深くない!】 ■太くない!・・・BURTLEさんの製品が日本全国のお客様に愛されている要因って、やはり「その形」にあると思っています。昨今、他社さんがこぞって開発している新感覚作業服はどれも「スリム」で「タイト」、ワークウェアを着用するお客様は「ガタイがイイお客様」が多いので、実際はこの風潮を喜ばしいと思っていない人も多いんです。 がしかし、昨今の「メタボ対策」の効果もあって、ちょっと前の日本よりもスリムなワーカーが増えたのも否めません。今回の新作は、BURTLE社が元来、得意としてきた「万人のワーカー体型に合うルーズフィット」の作業服から、1歩進んだ「イマドキのスタイリングを取り入れた」、周囲の”新感覚作業服を老舗ブランドBURTLEが手がけるとどうなるのか”と具現化したモデルといえます。 上着でいうと、腕周りや胴回りが今までのBURTLEアイテムよりも「若干細くなっている」ほか、パンツでいうとふとももから裾までのラインが明らかにシャープに仕上がっています。 今まで、どのBURTLEアイテムを着用しても、なぜか「どこかしらからだの一部分がガホガホしている・着られている感覚」がぬぐえなかったお客様は、体型がBURTLE製品にマッチしていない可能性がありましたが、そんなお客様には是非、今回の作業服に袖を通してみてもらえたら、今回のBURTLEのコンセプトをより深く理解できると思います。 ■デカくない!・・・BURTLE社の製品は、万人のワーカーに対してカッコよく着れる作業服を提供し続けている人気ブランドですが、そのコンセプトを遂行するために、上着もパンツも実は昨今の作業服より「ややワイド」に仕上げられています。これが大きな特徴であり、また細身のお客様からすると唯一の不満点だったと思います。 この商品はそんなワイドなシルエットから、若干細身に大変身!着用するとよく分かりますが、今までのBURTLE製品では感じた事のない「フィット感」を感じる事が出来ずスタイリングに、私(作者)は軽く衝撃を受けました☆ ■深くない!・・・これは「パンツ」のお話です。直接私(作者)がBURTLEさんから聞きましたので、間違いありませんが当商品(パンツ)は 股上が元来のBURTLEワークパンツよりも股上が浅く設定 されております!!この部分にBURTLEさんが着手したのは正直、「驚き」でしたね。BURTLEさんが頑ななまでに貫き通している事に「ワークパンツである以上、股上は深いほうが良い」という認識だと思っていましたが、あっさりこの商品で股上が浅いパンツの開発に乗り出しました。 BURTLEさんいわく、「今のところ、(股上が浅いパンツをつくるのは)このモデルだけです」と断言していますが、この身のこなしの軽さというか、フットワークのよさが今のBURTLE社人気を後押ししているような気がしてなりません。 どうです??全国にまたがるBURTLEファンの皆さまも、きっと今頃気になってしょうがないのではないでしょうか??今までのBURTLE製品とは一味違うこの商品は、きっと新たなBURTLEファンを生み出す起爆剤になること間違いなしと思っています。 早速、本日手元に届いた商品を手にしましたが、 商品を触った第一印象は”ゴツイ”な~。 でした。さすがカタログにも「タフ」を謳っている通り、かなり頑丈そうな生地です。「こりゃ間違いなく綿だな」って思っていたんですが、タグを見てみてビックリ、こんなに頑丈そうでタフに見えるのに、 ポリエステル65%+綿35%のツイル素材 を採用しているので、見た目とは全く違う「扱いやすさ」を有しています。綿製品って確かにタフで頑丈なんですが、ゴワゴワ感がハンパなかったり、お洗濯後乾きが遅かったり、縮みが心配だったりするんですが、ポリエステルが混ざることにより、それらの懸念ポイントが一気に消え去りました。 とはいえ、製品にかなりの厚みがある事は事実でそれが非常にタフな印象を与えている事はまちがいないと思います。春先にはこの商品は、この上ない以上の頼りがいのある作業服になると思いますが、正直6-8月の夏には暑過ぎて着れない時期があるように感じます。ただどちらにしても、生地の中を糸が通る「リップストップ」生地であることからも相当生地レベルで強靭なシロモノに仕上げられていると考えられます。 ブルゾンは、パッと見た目も良く分かるとおりかなり攻撃的に攻めたデザイン性でスタンドカラーが目を引く「ライダース・ジャケット」のように仕上げられています。袖丈もバッチリ保有しているので、腕を前に出しても袖が短くなる事はありません。随所に設けられたベンチレーション用の穴や、様々な切り替えし要素がより一層ファッション性を向上させています。 パンツも前評判通り、非常にスッキリしたフォルムとBURTLE製品として今まで感じた事の無い「股上の収まり方」が自分的にGOODでした☆一つ、間違えのないようにお伝えしておきますが決して「股上が浅い」という事ではありません。そこはBURTLEスピリットがしっかりと残してあり、作業パンツとしてありえない昨今のカジュアルパンツのような股上の浅さは、たとえお客さんがお願いしてもBURTLEさんは作りません。しっかりと作業パンツとして機能するように必要な股上はしっかりと保持されているので、細身のお客様のみならず、ガタイのイイお客様にもすっきりとお召しいただける綺麗なシルエットのワークパンツに仕上げられています。 最後に、実際に私が着て見ました!!BURTLEさんの作業服を試着するなんて本当に久しぶり☆しかも新コンセプトモデルなんで、なんとなく緊張している自分もいます。 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着る作業服のサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズでジャストサイズ、パンツはLサイズでピッタリ☆ でした。ちなみに上着のサイズは「インナーにシャツ1枚程度」でございます。それ以上着込むならLLサイズがオススメです。 新しい試み、そして開発コンセプト、とても面白いBURTLE新作作業服になりましたが、最後に超ド級の”ネタ”がございます。この商品、ラインナップ上、 女性専用型紙を採用した女性専用サイズ を採用しいている正真正銘の「ユニセックス」モデルなので、こんなに個性的ではありますが会社様で揃える時にも女性にもカッコよく来ていただけるサイズが予めご用意されているのがこの商品独特の利点です。 女性のページは別途鋭意製作中ではございますが、これもコレでカッコイイんですよね~☆ 男女でこの作業服に身を通し、屋外で作業している姿を見たら、きっと思わず見入っちゃうでしょうね・・・。それほどスタイリッシュでファッショナブルな一着です。 BURTLEさんの「カタさ」が取れた非常に感度の高い1着に仕上がっていると自分も思います。是非、実物をご確認ください☆ ※(新)サイズスペック サイズ参考身長着丈肩幅バストウエスト股下袖丈 S157-162464611080-907254 M162-167484811484-947456 L167-172505011888-987658 LL172-177 52 52 122 92-102 78 60 3L177-182545412696-1068062

BURTLE バートル カーゴパンツ 5302 大得価,HOT —— 2,400円

パンツ

BURTLE バートル サーモトロン”RagiPoka”防寒パンツ 7212 爆買い,本物保証

→お揃いのブルゾンはコチラ →【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!長袖肌着→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!ズボン肌着 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年(2013年冬)のBURTLEさんの新商品、ドレも凄い人気ですよね。当店も「無ければ作る」をコンセプトに次々とオリジナル化を進めているお店ですので、こういう先進的なデザインを繰り出すBURTLEさんを尊敬しています。 「作業着は作業着、カジュアルでも無ければアパレルでもない、BURTLEはあくまで”作業着のカッコよさ”を目指す」という開発コンセプトが、結果全国多くのお客様の厚い支持とファンを獲得し続けている要因だと思います。BURTLEさんの新商品って決して「作業服以上」のモノを作らないんです。「必要以上にタイト」とか「柄つきのカラバリ」、「作業服とは思えない高額価格設定」などの作業服としてあってはならない仕様は決して企画として上げなのがBURTLEさんの強みです。 そして!今回ご紹介する商品もまさに「BURTLEイズム」が凝縮した逸品です!今まで当店で販売されていたBURTLEさんの製品はいわば「軽防寒(適応気温15度~5度)」前後の、まさに今時期着用するにはピッタリの商品ですが、今回ご紹介するのは「極寒冷地用防寒作業服」といって、どちらかというと冬の寒さが厳しい地域(適応気温:10度~-5度)前後の屋外作業に適したモデルです!! この極寒冷地仕様の防寒服って実はメーカーさんとしても「そんなに作らない」んです。だって、日本全国 そんなに寒いところってそんなに無い ですからね。必要最小限の数しか作らないので、どのメーカーさんも大体12月くらいで大方無くなってしまいます。 実は、今回ご紹介するこの商品も元々は「4色」あって、当店ではその全てを取り扱う予定でおりましたが、BURTLEさんの人気は凄まじく当店が在庫を確保する頃には 既に在庫が無くなっていた(泣) という事情があります。 【そりゃ、無くわな!BURTLEさん新商品#7210防寒服の凄いところ!!】 ■軽量・防風・保温設計・・・見た目重たそうな雰囲気を醸し出していますが、これが持ってみると意外! 軽い!んです。ポリエステル100%の生地で触った感じもサラサラした風合いで、重さはLサイズで810g!! とこのクラスではトップクラスの軽さを実現しています。また、生地の裏から ポリウレタンコーティングといって防水膜を生地の裏に貼り付けているので、生地を通しての浸水はなくなりました! ただし、縫い目の防水保護は行っておりませんので、「完全防水」と呼べない点はご了承ください。このポリウレタン膜、実は防水性のほかに「防風性」という特性も持ち合わせているため、 「生活防水(一般生活上で発生する水がかかる程度の防水)+防風」 、両面の特性を持っています。 ■サーモトロン・ラジポカ・・・肌身に接する裏生地にはユニチカさんで作っている「サーモトロン・ラジポカ」を採用しており、裏生地の銀色の部分がまさに「ラジポカ」です。このサーモトロンの特徴はざっくばらんにいうと「体温と光を原料に暖かさを作り出す」という発熱要素と「作られた暖かを維持」する保温要素、両面を併せ持った業界注目の「防寒繊維」です。太陽光から吸収された「光」は即座に熱に変換、体温から発する熱は、裏生地から「反射」され再度身体へ戻る「ふく射熱」を応用し、ダブルで保温します。まぁ、正直、繊維のアップ写真を見てもよく分かりませんので、簡単にいうと「最先端素材で、科学的に蓄熱・保温・維持する凄い素材」だという事を認識いただけましたら幸いです。 ■静電気防止で「パチパチ防止」・・・防寒服の大敵といえば「脱ぎ着の際のパチパチ」です。寒ければ寒いほど、乾燥していれば乾燥しているほどパチパチが発生するという、夏場のじめじめ同様、冬場のもっとも「嫌われるポイント」ですよね。当モデルは裏生地に「サーモトロン・ラジポカ」を採用すると同時(一緒)に、 静電気防止のメガーナを採用 してるので、脱ぎ着の際もパチパチは軽減されています。(パチパチが絶滅するわけではありません・・・) ■スマートデザイン・・・極寒冷地仕様の重防寒着なのに、どこかスッキリして見えるのは、 フード周り(首周り)のもたつきは解消 されています。フードはジッパーで固定されていますが、通常の防寒服であればフードの淵と、襟の淵が首もとのあたりでゴチャつくんですが、このモデルではそれがスッキリ。ですから、スマートに見えているんです。 襟の淵に小さなポケットがあり、そこにフードの淵がすっぱりと挿入、フードエンドが襟の一部になってしまうんですね!!そしてワザアリポイントなのがフードの接面されているパイピングがネオングリーンなのが非常に良いアクセントになっています 。 ■襟裏にはブロック・フリース採用・・・常に顔に接地する「襟裏素材」は、常に触れていても心地いい「ブロックフリース」を採用。ポコポコした風合いが、肌に触れていてもさわやかな上、全くストレスに感じません。 ■ユニセックス対応サイズ・・・な、なんと当モデルでは SS、Sサイズは女性専用の型紙を採用 しているため事実上の「女性サイズ」となっております。BURTLEさんは数年前から、「女性のワーカーさん」にも重点を置いていますから、今までの「男性サイズの縮小版をダボダボで着用する」という現実から、「男性が着ているのと同じ感覚で女性のワーカーもカッコよく着れる(仕事がこなせる)」事が可能となりました☆ どうです?これぞ、「絶対に作業服の粋を脱しない、BURTLEイズムの結晶」だと思います。BURTLEさんはず~っと前から作業服を作り続けているメーカーさん。日本のワーカーさんを昭和から支え続けてきた老舗の作業服メーカーさんは平成の世になっても「決してカッコだけに捉われない」「決して作業服価格を逸しない」、その上で時代を反映したデザインを落とし込むこのモノづくりの技術は本当に凄いな~って、販売店である当店も感動しちゃうくらいですから、それを買うお客様はもっと感動しちゃうのも無理はないと思います。 最後に、今日手元に届いた商品を実際に私(作者)が着用してみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、シャツのサイズ:Mサイズ の私が着用してみたところ・・・ 上着はインナーシャツ1枚であればLサイズ、パンツはインナー1枚であればLサイズでピッタリ!! でした!!いやぁ、朝の寒い事務所で上下試着したんですが・・・、 暑ッい!! ですね・・・。それでいて重防寒特有の「ズシッ。」とした重量感がないのが本当に不思議でした!! なにしろ、後発なので他店さんと比べて取り扱いカラーが少なく感じますが、それでも当店は寒さ厳しい北海道のお店!在庫はそれなりに確保しましたよ~!!是非、重防寒をご希望のお客様は「BURTLEさんのイチオシ商品」なので早めにご検討・ご購入くださいますようお願い申し上げます☆

BURTLE バートル サーモトロン”RagiPoka”防寒パンツ 7212 爆買い,本物保証 —— 3,500円

パンツ

BURTLE バートル ソフトツイルヘリンボンワークカーゴパンツ 1502 定番人気,限定SALE

→お揃いのブルゾンはコチラ☆ →女性専用モデルはコチラ☆ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 【1501 メンズ】先日、発売したドボジョ用カッコイイ作業服!!発売した途端に反応が出ており、当店としてもビックリ!!今まで畑美人のお客様より「いつ入る?」と常々ご質問をいただいていた商品ですが、まさかこんなに多くのお客様に待ってもらっていたとは・・・。本当に恐縮です・・・。 さて、女性用がヒット!!ってなってくると当然湧き上がる声が(苦笑)。そう、今度は「俺らが着るこの商品のサイズは無いの?」です(笑)。そりゃそうですよね、女性をあれだけカッコ良く見せる作業着なんですから、当然男性が着れば「がっちりハマる」のも簡単に想像が出来ます。 そんな日々、オトコに磨きをかけているワーカーに今回、ご紹介いたします!!既に女性用でヒットしている大人気作業服の紳士バージョンのご紹介です!! 当然あった!!BURTLEヘリンボン・ワークウェア(MENS)!! 実はこの商品、春先からレディース用よりも前に当店の倉庫で在庫しておりました・・・。ホントは、今年の春先に「前人未到のアベックウェア(死語)!!」をして、男女共に同時に発売したかったのですが、レディースの手配は乱れ、発売が延期された時私のテンションもガタ落ちし「まぁ、もう秋でイイや」と思ってしまってから、倉庫に保管されていました。。。ただ、今回女性ワーカーから熱烈なリクエストを頂き、この暑い中、 年間モデル(生地厚)のご紹介 をさせてもらいました。 でもやっぱりイイモノはイイ!!って事ですよね、たとえ全国これから真夏を迎えますが、先日発売された女性用ワークウェアは全く問題なく売れています。 なので、秋まで置いておこうと思っていたメンズも今回、発売する時期としては間違いなくおかしいですが、きっと待っているワーカーもいらっしゃると思っての掲載となりました!! 一応、レディース用をご覧になっていないお客様にお伝えすると、この商品は年間通して着用する事ができる業界では「年間物」と呼ばれる作業服です。なので、生地厚が特徴的で関東以西であれば昼間ブルゾンだけで仕事をしていても大丈夫なほど生地がしっかりしています。ですから、Tシャツでもうだるような暑さの真夏では、当然着ているだけで暑苦しさ満開です(苦笑)が、だからこそ1年通して着用出来るんです。夏は何着ても暑いもんは暑いですからね。正直インナーで調節する(クール素材・吸汗素材)か、話題の空調服で無理矢理涼しく仕事をするかのどちらかです。 その生地厚の生地は、 BERTLE社自慢の高級「国産」調達生地 を採用しています。イマドキ、国産の生地を使っている作業服メーカーさんってどれくらいあるんでしょうか??BURTLE社は今も本社に工場を持ち、工員さんも抱えて縫製を行っている数少ない作業服メーカーさん。カッコイイ作業服を次々とリリースするメーカーさんなので何もかも「新し物好き」だと思われるお客様も多いかもしれませんが国産の生地に拘るところ等、少なくても古き善き時代を大事にし「温故知新」を地で行くメーカーさんだと思っています。なのでBURTLE社の製品は 好まれる年齢層が広く、リピート(反復購買)品番が多い。 のが特徴。 要するに、「性別・年齢に関らず、ワーカーすべてに愛されている」メーカーさんなんです。なのでいつも新商品が出たら大人気→→→すぐ欠品→→→販売店としては売る時期を逃す。となるわけですね(汗)。でも売れているからこそ欠品するのであって、人気の無い商品は欠品などしないわけです。 販売店としては、いつも悩まされるBURTLE社の欠品問題ですが、「人気がある故」「売れているから故」の出来事なのでどうしようも出来ないですね・・・。 今回ご紹介するヘリンボンは、 綿70%+ポリ30% という、俗に言う「綿混素材」なんですが、70%も綿が占めると、もう触り心地は「綿そのもの」です。ヘリンボンは特殊な繊維の織りから成される生地の柄なので、普通の綿素材・綿混素材の作業服と比べると、 バリッとした硬い触り心地が特徴 でその触り心地からも、どれだけハードな現場でも即座に対応するヘビーデューティなワークウェアに仕上がっています。 ヘリンボンの風合いは、どこかデニムと似ており、「着れば着るほど着用者にフィット・マッチしていく」素材で、汚すたび・洗濯するたびに着用者の体型に合わせた縮みをみせます。なのでカッコイイのは届いたその瞬間ではなく、 着ていくうちに馴染んでいき、ワーカーをいぶし銀のカッコよさに見せる 事が出来るのがヘリンボン、またはデニム素材ワークウェアの最大の魅力です。 着心地は?というと、ブルゾンほど季節に左右されないアイテムですが、やっぱり夏に着るには暑いです、ゴワゴワしてますし(笑)。でも逆をいうなら、夏以外の季節であれば1着持っていて損は絶対にしないアイテムです。 「なら、夏が終わって秋に買えばイイや」と思いますよね?それがBURTLE製品の難しいところ・・・。いざ必要になって買おうと思うと「無い」んです(苦笑)。なので、BURTLE社の作業服は基本「ある時に買っておく」というのがファンの中では常識になりつつあります。本当に無くなるのが早いので・・・(苦笑) パンツの全体的なデザインは、BURTLE社のサイズスペックを見事に踏襲したモデル、つまりメンズサイズに関しては「太めデザイン」です。ウエストはピッタリでも太ももから裾にかけて必要な隙間の余裕があるのでノータックであってもまず問題ありません。光沢があるヘリンボンなのでパンツ単体で穿くと作業用にはまず見えませんね・・・。 上着同様、とてもシンプルなデザインなので トップスに何を持って来ても、作業靴に何を持って来てもまずコーディネートが邪魔をする事はありません。 なので、いつものトップス、いつもの靴でアップグレードが図れるんですから、これは魅力的です。 ただし、以下のお客様はご注意ください。 私、そんなに足が長いという認識も自負もありませんが、このパンツを穿いてまず思ったことが「股下が短くなりそうで不安」 という部分、あまりに心配なんでカタログで確認したんですが股下80cm設定にはなっていますが、BURTLE社のパンツにしては凄く股下が短い感覚に驚きました。 股下78cm以上のお客様は、ちょっと厳しいかもしれません。っていうか最初はギリギリ大丈夫でもお洗濯で縮んだり、ヨレたりすると途端に短く見えてしまいそうで怖いです。このパンツに限ってはモデル画像でもそのように写していますが、 ちょっとだけウエスト・ハンギング(腰骨の出っ張りに引っ掛けて穿く)方がスタイルが良く出ます 。その点だけご購入の際、ご注意ください!! あ、それと静電繊維なので、乾燥時期のあの「パチパチ問題(静電気)」も緩和してくれます。 さて、実際にこの作業服を私が着てみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、インナーのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 Tシャツ1枚インナー着用でLサイズでピッタリ☆、パンツはLサイズでピッタリ!! でした!!でも上着の方は本当にジャストサイズだったので、冬場インナーを着込む事を想定するとLLサイズの方が良かったかもしれません。 残念ながら、ポリエステルが混ぜてあるので火気を扱うお仕事のお客様には不向きといわざるを得ませんが、逆にそれ以外のお仕事であればバンバン着こなせると思います。 それどころか、ノータック・チノスタイルであるパンツなら、普段着でも着まわせるオールマイティな存在。男性・女性ワーカーを抱えている社長さんは社員の制服として用意すれば、従業員さんからの支持率・高感度急上昇間違いなしです。男性も女性もカッコよく見せる作業服って実は探してもそんなに見つかりません。 男性ワーカーの皆さん大変お待たせいたしました!!これぞ「働くオトコの戦闘服、鎧」です!!

BURTLE バートル ソフトツイルヘリンボンワークカーゴパンツ 1502 定番人気,限定SALE —— 2,300円

パンツ

BURTLE バートル ノータックレディースパンツ 6079 人気セール,SALE

発売予定日2010/10/16掲載予定日掲載中 品番:6079 素材:ポリエステル65%/綿35% ■■■商品説明文■■■  「あれ?コレどこかで見たことあるぞ??」というお客様は、間違いなく当店のお得意様ですね(笑)そうです。このモデル、実は 2010年春夏作業用品展示会で既に発売していたモデル です。  しかし!!見た目もカタチも同じだけど決定的な違いがあります。それは 前作は薄生地の夏モデル、今作は厚生地の通年モデル です。夏生地のモデルを前回発表の際、リリース直後から多くのお客様から反響をいただきました。このモデルは紳士サイズもラインナップされているんですが、すごいところは 紳士サイズを小さくするだけの既存の考え方ではなく全く独立したデザイン が目を見張ります。紳士よりも股上が浅く、フロントジッパーを紳士と比べると一目瞭然。また、お尻周りのカッティングも紳士とはまるで異なります。股上が浅い割にお尻の収まりが良いのは、恐らくこのヒップラインが決めてになっていると思われます。大きくふんわりとしたお尻周りは女性らしいラインを演出すると共に抜群の動きやすさを両立しています。  また、これも紳士と大きく異なる点ですが、全体的なシルエットが セミフレアといって、太ももから膝まではストレート、裾にかけてやや末広がり(ブーツカット) になっていますので、まるでオシャレ着の”美脚ジーンズ”を穿いたかのような美しいシルエットで日々のお仕事が可能になります。  「現在紳士モノの小さいサイズを我慢して穿いている」「違和感を感じつつも市販の女性用作業パンツを穿いている」「こんなカッコ、恥ずかしくて友達にばったり会ったらどうしよう」「どうせなら可愛く仕事がしたい!」等、普段から疑問をお持ちだったお客様にはは超オススメ!!きっと穿いた瞬間から「イイ!」と思っていただけるのはないかと思います。  使用している生地も 綿とポリエステルの混紡(ツイル) なのでいつもパリッした風合いと、綿のしなやかさが特徴です。  一つだけ前作より大きく変わった点があり、それは 透け防止の別素材(サテン地)が今作より廃止 された点。これは男性である私からすると意外でした。てっきり前作までは「さっすが女性視点に立ったパンツだなぁぁ」なんて感心していたんですが、実際お買い上げのお客様からは意外な言葉(レビュー)が・・・(泣)「暑い!!」らしかったです。まぁ、サテン地でツルツルしているとはいえ、やっぱり余分についている生地な上、せっかく薄生地にしてもその透け防止のサテン地のせいで効果が半減・・・。ということでしょうか??ともあれ、今年は猛暑の連日が続きましたから、ひょっとすると例年並みだと出てこなかった声かもしれませんね。  今作からは、生地も厚くなったし下着が透ける事はありえませんので、穿いた時によりスッキリした穿き心地になりました。

BURTLE バートル ノータックレディースパンツ 6079 人気セール,SALE —— 1,800円

パンツ

BURTLE バートル ワークカーゴパンツ 6092 お得,爆買い

→お揃いのブルゾン サイズウエスト股下 707080 737380 767680 797980 828280 858580 888880 919180 959580 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  当店では、ネットでもしっかり作業服のよさを伝えネットも買いやすい「価格」と「実用性」、そして当店掲載基準のさいだい要素「ファッション性(カッコよさ)」が揃った商品を掲載しています。ですから当店を通じてお客様にお伝えする「作業服」は、いわば当店内の厳しい「チェックをクリア」した作業服であり、いつも最初にお客様が「こんなにあっちゃ、どれにしたらイイか分からない」という精神混乱状態を、予め当店が絞りを利かせる事により、ググゥ~ッと選択がしやすくなりました!!  当店の採用基準は上記の通りで、これは「昨年も取り扱ったからこのメーカーは来年もやろう」とか「当店と仲良しのメーカーさんの商品を優先的に取り扱おう」などといういやらしい選考基準はありません。いつもフラットな精神状態で「メーカーさんや過去の取引額」に関係なく、純粋に作業服の未来を考えているメーカーさんの作業服・作業用品を選定しています。 その結果、当店で最速お届けサービスにご協力いただいている「SKプロダクトさん」や「BURTLEさん」の商品が多くなっていることは、ご協力いただいているからではなく、「当店の目指す作業用品の方向性と良く似ている商品を企画・開発」されているためです。今回、ご紹介の商品も たくさんの作業服の中から「ダントツ」の人気で見事当店掲載を勝ち取ったBURTLE社製の最新作業服 です!! 【6091ブルゾンのココが凄いよ!ポイント】 ■生地・・・サンプルの時からこの商品で使用されている生地の凄さが伝わってきました。何が凄いのかっていうと”生地厚”と”風合い”です。多分、私がここで伝えないと大部分のお客様が「これって綿100%だろ?」と誤解を受けかねないほど、しっかりした表素材は「パリッ!」とした肌触りと、「どんなハードなお仕事でも屈することの無い生地」が最大の特徴です!!そう、これぞBURTLEさんの真骨頂 国産生地にこだわった綿混素材(綿65%、ポリエステル35%) です!!BURTLEさんはその生産の全てを海外へお願いしているわけではなく、創業以来ず~っと「生地は国産を使うべし!!」っていうのに重点を置いて作業服を作っているんです。  今でこそ「国産生地」っていうと「へぇ~」って感心してしまいますが、昔はドコのメーカーさんも国産の生地を使っていたよう。それが時代の急激な流れにより、「製造は海外に委託」され、そしていつか「生地も生産も全て海外で」という風潮に業界全体全体が流されていきました。もちろん、それが悪いとは私(作者)は思いません。その結果作業服に不可欠な「圧倒的なコスパ(低価格)」が手に入りますからね。でもBURTLEさんはその領域には踏みこまなかったんです。「BURTLE製品は、着た後からが本当の勝負」とメーカーさんも意気込んでいる通り、BURTLE製品は国産の生地を使用している点から「着古した時の風合い」や「作業服としての寿命も長い」などといった全国各地のユーザーさんから絶賛されているんです。 ■シルエット・・・これもBURTLEさんらしいポイント。昨今、周囲の作業服メーカーがカタチにこだわって作業服の既成概念を打ち崩すデザインやシルエットの作業服をたくさんリリースする中、BURTLEさんは「作業服として守るべきポイントをしっかりと守る」姿勢を決して崩しません。この姿勢がいまや「頑固者」といわれる「職人さん」や、ベテランの「ワーカーさん」にとって心地よすぎるメリットになっているんです!  昨今の作業服でも流行の「ショート丈」や、「タイト(細身)デザイン」、「装飾付属(キラキラしたボタンや装飾ジッパートップ)」などのスタイルは決してBURTLEさんは踏襲しません。 着丈も、身幅も、そして付属も全てスタンダード。ここにファッション性を求めません。 、これはBURTLE社の「作業服なんだから、いろんな人(体型・容姿・年齢)にきちんと作業をしてもらうのが一番」と考えるからこそなんです。  では画像をご覧頂いて、「この作業服って地味??」って聞くと、全員が「オシャレ」と答えます。ここがBURTLE製品の凄いところ。そうなんです! 見た目ではなく、着たとき・仕事した時のことを想定しているからこそ可能になる、”内側”からファッション性がにじみ出てくる んです。襟の大きさだって、形だって袖形状だって昔と大差ありません。しかし、全体を見ると何故か「オシャレ」。これこそ作業服メーカーさんの出来る芸当”スキル”だと思います!  ただし、全てを昔のままに当商品を作ったわけではありません。アームホール(腕と肩が合わせる周囲径)は昔よりもず~っと細め。この部分って昔からそんなに必要な太さって無かったんです。ですからここは自然とカットされていました。 ■機能性・・・届いた瞬間に感じていただけるのは「なんかゴッツイ服だな~」と思いますが、コレが着てみると実際はそうでもないんです。きっと腕の取り回しに、肩甲骨に辺りにある「ウイングカット(タックのようなもの)」と、わきの下にある「ダイヤカット」と呼ばれる別生地のおかげであると考えられますね。 肩甲骨のタックは腕を前に向けた時に、このタックが伸びてストレスを感じなくさせる効果 があり、 脇の下のダイヤカットは、本来存在していない生地でありこの生地を前身・後ろ身・腕の間に入り込むことにより、腕を上げた際の身頃のモタツキや引っ張り・ツッパリにおけるストレスを軽減 させています。 ■デザイン・・・BURTLEさんの製品って、絶対「ファッション性を優先した結果、○と○の機能性は若干損なわれました。」的な事は絶対にありえません。まず優先するのが「ワーク(仕事)」なわけですから、機能性を犠牲にするなんて考えはハナからありません。両胸元の大きなポケット、貴重品やメモを入れておく「ジッパーオープンポケット」も完備、両脇のハンドウォームポケットは入り口を若干小さくして生地を重ね、屈曲した際にも中身が落ちないような工夫が施されています。そして、 こんな事ってあるんでしょうか、この価格帯で裏地に裏ポケットも装備 します。どうです?これが BURTLE クオリティ なんです。しかもこのモデルだけがこうなんじゃなくて全ての製品に対してこの「BURTLEクオリティ」は存在します。 そして今回の商品にはちょっとしたアソビ心が。脱いだ時に首元にチラッと見える「トリコロール・テープ」。こういう所に全力を尽くせるメーカーさんなんです。 【ココが凄いよ!おそろいカーゴパンツ!!】 ■生地・・・当然、お揃いですから生地はブルゾンと同クラスの生地厚と質感。どうしてもパンツの傷みが早い作業ズボンですが、こだけ生地がしっかりしていてタフだときっと、ブルゾンと同じくらい長持ちするに違いありません。 ■シルエット・・・当商品今流行のウエストの折込タックがない「ノータック・カーゴパンツ」。「俺ぁ、ノータックなんてキツくて穿かないよ」というお客様、幸い当店は返品をお受けできますので、どうか 試しにこのノータック・カーゴパンツを一度穿いてみてください。 実際、穿いてみると実感できますが、ウエストからワタリ(ふともも)にかけてまるで1タックパンツのようなゆとりがある事に気がつくはずです。少なくてもジーパンのようなパツッとした雰囲気にはなりませんよね。これこそ「マジック・ノータック」と呼ばれる手法で、見た目こそはオシャレなノータックですが、履き心地は機動性の高いワンタックのような履き心地なんです。これでスッキリした見た目で、いつも通りの仕事(成果)が約束されるわけです。BURTLEさんらしいこだわりが見え隠れするポイントです。 ■機能性・・・ふとももサイドにデッカイポケットが2つ付いています。これはデカイです(笑)。これ以上大きくしようがありません。多分このポケットにいっぱいモノを詰め込むと動けなくなりますね。。。でも、スッキリとしたポケットですから何も入れなくても、ファッション性は高くなります。 ■デザイン・・・ただ一点!!BURTLEさんにお願いしたい事が・・・。それは「センターバーツ(折り目)」を何とかして「サイドバーツ(パンツの真横に折り目がくる)」になるように袋詰めをお願いできませんか??・・・って多分、当店の担当者も伝えてると思います。きっと工場の都合がつかいないのかな??でも、当店は引き続きお願いし続けようと思います!! 以上、これがBURTLEさんの期待の新商品の全容です☆どうです??既にBURTLEさんのファンのお客さまも、そしてこれから作業服を買おうと思っているお客様もこれ以上、悩む必要のないクオリティだと思いますよ。そして!!そんなお客様に当店から当商品に関して最後のサプライズ!! それは・・・ 新商品6091ブルゾンのお値段は1着、2,790円!!(驚) 新商品6092カーゴのお値段は1本2,290円!!(驚)   どうです??多分、この価格を聞いて「や~めた」っていうお客様は皆無では??そう、BURTLEさんが最後に仕掛けたサプライズは 「国産生地を使用し」「どんな方にも愛されるデザインにこだわり」、そして最後は「圧倒的なコストパフォーマンス」 だったんです!!いやぁ、凄いですね。 最後に作者である私が実際に着用してみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着る作業ブルゾンのサイズ:LLサイズ、普段穿く作業ズボンのサイズ:82cm の私が上下であわせてみたところ・・・、 ブルゾン→Lサイズ、パンツ→82cmでカッコよく着こなせました! 。ブルゾンはやっぱりBURTLEさん。LLだとちょっと身幅が余ったのでLサイズにしたら変なゆとりが無くなってスッキリしました。  ドコよりも早くリリースしようと思って、ず~っとBURTLEさんと打ち合わせしていました!!どうです??ドコよりも早かったですかね??(不安)

BURTLE バートル ワークカーゴパンツ 6092 お得,爆買い —— 1,900円