www.estekhdamrasmi.com

まじめにふまじめ




防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

'14ver UNION 76 ナナロク キルティングダウンジャケット ダウン100% No.76 WB141B 人気定番,2019

→ほぼ同時発売の姉妹商品 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →裏起毛長袖ポロシャツもあります! サイズMLLL3L 着丈66687072 肩幅45474951 袖丈65666768 裾幅110114118122 ■■■商品説明文■■■ 当方、北海道は日に日に冬への準備が至るところで見受けられるようになってきました。雪で埋もれてしまう前のアスファルトの補修作業、庭の木々の囲いや、公園で朝、落ち葉をブロアー(吹き飛ばす機械)で寄せる作業をしている人を見ると、「雪が降るのも近いかな」と思ってしまいます。 そんな中、今年のナナロクは新商品ラッシュで掲載する我々もヒィヒィ言っていますが、どれも魅力的なので一日も早く掲載しなくては!と思わせてくれるんです。本日も例外なく「こんなイイ商品、一日も早くお客様に知らせないでどうする!!」という事で、当店制作班は土曜日のお休みでも出勤をし、残業して本日魅惑的なナナロク新商品をお知らせすることが可能となりました!! 今回の新商品、な、なんと 作業用品ではありません(爆笑) と少なくても私(作者)は思っています。だってこんなにイイモノ、さすがに「お仕事でジャンジャン汚してくださいね☆」なんて、口が裂けてもいえない商品なんです! ピュア・ダウン・キルティングジャケット の発売開始です!! 【通常中綿(ポリエステル)と何が違う?!ホンモノダウンの凄さ】 (1)軽さ・・・なんていってもダウンの魅力はその軽さ。ポリエステル中綿の重量と同じ量をダウンで用意すると”かさ”が全然違います。つまり中綿の何倍もの軽さで作られています。ちなみに当商品 重量が340g!!!(冬用の防寒着ですよ(驚)) で、当店防寒着の中でも圧倒的な軽さを実現。もはやこのレベルまでくると、普段着ている作業着よりも軽い可能性があるため、重さによる着疲れは全くありません。 (2)柔らかさ・・・表面はポリエステル・シレーで作られていますが、中綿のダウンが信じられない 柔らかさを実現 しており、この新品だけどクタッと感がなんともいえずに快感です☆ふにゃふにゃしているんで頼りない感じもありますが、これが後述の”暖かさ”に繋がるんですから、本当に驚きです。 (3)保温力・・・ダウンといえば 水鳥や渡り鳥の羽毛 が主原料。ちなみに羽毛の毛の部分を「ダウン」、羽の芯が付いている状態のモノを「フェザー」といいます。どちらも同じ保温効果が望めますが、まとまりにした場合、若干硬さが出るのが「フェザー」です。ダウンのみではかなり高額になってしまうため、昨今では一括りで「ダウン」と称し(間違いではありません)、ダウンを数%、残り数%をフェザーを混ぜ製品の高額化を防いでいます。当商品も適度なダウンとフェザーを混ぜており、その他の不純物は無しでトータル「ダウン100%」と表記しております。 ダウンは元々、水鳥や渡鳥の全身を覆う羽毛が主原料。そしてこれらの鳥の特徴は 我々人間が身も凍るような極寒地で生息 していることであり、不思議な事に「夏も冬も羽毛で覆われている」んです。しかもこれらの鳥の場合、体の大半は冷たい水に浸かっているのですから、そりゃあもう寒いはずです。でも鳥たちは平気な感じでいますが、その大きな要因はこのダウンにあるんです! ダウンの特性とは「保温力」です。鳥の全身を羽毛には、体温調節という大事な役割があり、 暑い時には羽毛が縮み肌・羽毛感の空気層の厚さを薄くします。一方、寒いときにはこのダウンの羽毛がフワッと広がり、肌と羽毛の間の空気層を暑くして、そこから体温から発する暖かい空気を層にためているので、真冬でも快適な様子 なんです。このシステムは昨今、自然素材である化学繊維でも用いられておりますが、やはりオリジナル(自然素材)に敵いません・・・。 ダウンの凄いところは「暑くなりすぎない」ところなんです。通常のポリエステル中綿では衣服内の温度はどんどん上がるか、下がるかのいずれかです。でもそれでイイんです、当店は作業用品店。お仕事を快適に済ませることが出来たら一日8時間寒さを免れたらそれでOKなんです。 しかし、そうは言っても科学的な根拠ばかりですので、実際に私が着用してみました!! 当商品を朝10:00から正午までの2時間着用しましたが、室内というのに びっくりするくらい普通に着続けることが出来ました☆ 、その後、昼食をはさみ、午後から別のポリエステル中綿を用いた防寒着を着て同じ仕事をしてみたところ、 40分くらいで額に汗を感じ、1時間で脱いでしまいました。 体温を一定に保つから「保温」であり、その実証をこの商品が証明してくれました!! 「とはいえ、お宅は作業用品店。モノはいいけど形がイマイチなんじゃないの~?」と半信半疑のお客様、確かに作業用品って万人がターゲットになっていますので、つくりはどちらかというと大作り。細い人がきるとオシャレ着とは言いがたい残念なシルエットになってしまうことが多々あるんですが、この商品は違います。 前述したとおり、最初から作業着を想定して作られていなかったので、形はとてもスマート に作られています。 シルエットは、私がいうのもなんですが「そこら辺のカジュアルウェアより、ずっとスマート」な形に仕上げられているように思います。とはいえ「タイト(細身)」ではありません。冬用なので、そこそこのインナー着用を想定しているので、「身幅」「アームホール」には余裕が見受けられます。 細いお客様には懸念事項の一つである「裾がガバガバ余って、風でばたばたする」という事もこの商品では気にしなくても良いと思います。 裾の両サイドには「スピンドル」が付いていますのでキュッと締めてもらえましたら、とてもカッコイイシルエットに早代わりです☆ デザインはとても、シンプル。とても最近までのナナロクとは思えない派手とは無縁(笑)なデザインに、どちらかというとシンプルが好きな自分も安心出来るデザインです。 加工らしい加工といえば左胸元のワッペンと左袖の大きなオレンジボールワッペンくらい。全体的なフォルムは幅の狭い横方向のキルティングがこの商品の高級感を最大限に引き出しています。 早速、手元に届いた出来立てホヤホヤのダウンジャケットを着てみました!! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、普段着る作業用ブルゾンのサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 なんと!Mサイズでピッタリ でした!!いやぁ、久々Mサイズ着れて嬉しいッス。着丈は若干短めに感じますが、このジャケットを仕事では着ないと割り切るとカジュアルで着るならむしろちょうどいい感じです。袖丈も全く問題なし。手が長いと自負している自分でMサイズでちょうどイイんですから、自信を持って薦められます☆ちなみに、そんなにいらっしゃらないと思いますが、お仕事用で想定されているお客様なら普段来ている「作業服(年間)のサイズ」で良いかと思います。間違っても防寒だからと1サイズ大きなサイズをご注文なさらないでください。きっと大き過ぎると思います。。。 普段お召しになられているアメカジの冬用アクセントに、はたまたオートバイの街着に、お友達と飲みに行くときや、デートの時だって活躍します。ジーンズにも、チノパンにも、カーゴパンツにも相性ピッタリ。そう考えると、コーディネートを邪魔しないシンプルなデザインに今回徹したナナロク企画者の方、あっぱれと思います!! この冬は、誰に自慢しても恥ずかしくないホンモノ・ダウン・ナナロク・ジャケットでオシャレもイベントも思う存分、楽しんでください☆ ※)ダウン製品は、お自宅でのお洗濯は基本”厳禁”でございます。永く大事に着用していただきたいと思いますので、クリーニングに関しては製品裏に記述した洗濯方法、またはお近くのクリーニング専門店でお問い合わせください。

'14ver UNION 76 ナナロク キルティングダウンジャケット ダウン100% No.76 WB141B 人気定番,2019 —— 3,900円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

'14ver UNION 76 ナナロク キルティングダウンジャケット ダウン100% No.76 WB141B 驚きの破格値,人気

→あ!売り切れてる!そんな時は送料無料でゲット! ※11/30-12/1まで開催☆ →ほぼ同時発売の姉妹商品 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →裏起毛長袖ポロシャツもあります! サイズMLLL3L 着丈66687072 肩幅45474951 袖丈65666768 裾幅110114118122 ■■■商品説明文■■■ 当方、北海道は日に日に冬への準備が至るところで見受けられるようになってきました。雪で埋もれてしまう前のアスファルトの補修作業、庭の木々の囲いや、公園で朝、落ち葉をブロアー(吹き飛ばす機械)で寄せる作業をしている人を見ると、「雪が降るのも近いかな」と思ってしまいます。 そんな中、今年のナナロクは新商品ラッシュで掲載する我々もヒィヒィ言っていますが、どれも魅力的なので一日も早く掲載しなくては!と思わせてくれるんです。本日も例外なく「こんなイイ商品、一日も早くお客様に知らせないでどうする!!」という事で、当店制作班は土曜日のお休みでも出勤をし、残業して本日魅惑的なナナロク新商品をお知らせすることが可能となりました!! 今回の新商品、な、なんと 作業用品ではありません(爆笑) と少なくても私(作者)は思っています。だってこんなにイイモノ、さすがに「お仕事でジャンジャン汚してくださいね☆」なんて、口が裂けてもいえない商品なんです! ピュア・ダウン・キルティングジャケット の発売開始です!! 【通常中綿(ポリエステル)と何が違う?!ホンモノダウンの凄さ】 (1)軽さ・・・なんていってもダウンの魅力はその軽さ。ポリエステル中綿の重量と同じ量をダウンで用意すると”かさ”が全然違います。つまり中綿の何倍もの軽さで作られています。ちなみに当商品 重量が340g!!!(冬用の防寒着ですよ(驚)) で、当店防寒着の中でも圧倒的な軽さを実現。もはやこのレベルまでくると、普段着ている作業着よりも軽い可能性があるため、重さによる着疲れは全くありません。 (2)柔らかさ・・・表面はポリエステル・シレーで作られていますが、中綿のダウンが信じられない 柔らかさを実現 しており、この新品だけどクタッと感がなんともいえずに快感です☆ふにゃふにゃしているんで頼りない感じもありますが、これが後述の”暖かさ”に繋がるんですから、本当に驚きです。 (3)保温力・・・ダウンといえば 水鳥や渡り鳥の羽毛 が主原料。ちなみに羽毛の毛の部分を「ダウン」、羽の芯が付いている状態のモノを「フェザー」といいます。どちらも同じ保温効果が望めますが、まとまりにした場合、若干硬さが出るのが「フェザー」です。ダウンのみではかなり高額になってしまうため、昨今では一括りで「ダウン」と称し(間違いではありません)、ダウンを数%、残り数%をフェザーを混ぜ製品の高額化を防いでいます。当商品も適度なダウンとフェザーを混ぜており、その他の不純物は無しでトータル「ダウン100%」と表記しております。 ダウンは元々、水鳥や渡鳥の全身を覆う羽毛が主原料。そしてこれらの鳥の特徴は 我々人間が身も凍るような極寒地で生息 していることであり、不思議な事に「夏も冬も羽毛で覆われている」んです。しかもこれらの鳥の場合、体の大半は冷たい水に浸かっているのですから、そりゃあもう寒いはずです。でも鳥たちは平気な感じでいますが、その大きな要因はこのダウンにあるんです! ダウンの特性とは「保温力」です。鳥の全身を羽毛には、体温調節という大事な役割があり、 暑い時には羽毛が縮み肌・羽毛感の空気層の厚さを薄くします。一方、寒いときにはこのダウンの羽毛がフワッと広がり、肌と羽毛の間の空気層を暑くして、そこから体温から発する暖かい空気を層にためているので、真冬でも快適な様子 なんです。このシステムは昨今、自然素材である化学繊維でも用いられておりますが、やはりオリジナル(自然素材)に敵いません・・・。 ダウンの凄いところは「暑くなりすぎない」ところなんです。通常のポリエステル中綿では衣服内の温度はどんどん上がるか、下がるかのいずれかです。でもそれでイイんです、当店は作業用品店。お仕事を快適に済ませることが出来たら一日8時間寒さを免れたらそれでOKなんです。 しかし、そうは言っても科学的な根拠ばかりですので、実際に私が着用してみました!! 当商品を朝10:00から正午までの2時間着用しましたが、室内というのに びっくりするくらい普通に着続けることが出来ました☆ 、その後、昼食をはさみ、午後から別のポリエステル中綿を用いた防寒着を着て同じ仕事をしてみたところ、 40分くらいで額に汗を感じ、1時間で脱いでしまいました。 体温を一定に保つから「保温」であり、その実証をこの商品が証明してくれました!! 「とはいえ、お宅は作業用品店。モノはいいけど形がイマイチなんじゃないの~?」と半信半疑のお客様、確かに作業用品って万人がターゲットになっていますので、つくりはどちらかというと大作り。細い人がきるとオシャレ着とは言いがたい残念なシルエットになってしまうことが多々あるんですが、この商品は違います。 前述したとおり、最初から作業着を想定して作られていなかったので、形はとてもスマート に作られています。 シルエットは、私がいうのもなんですが「そこら辺のカジュアルウェアより、ずっとスマート」な形に仕上げられているように思います。とはいえ「タイト(細身)」ではありません。冬用なので、そこそこのインナー着用を想定しているので、「身幅」「アームホール」には余裕が見受けられます。 細いお客様には懸念事項の一つである「裾がガバガバ余って、風でばたばたする」という事もこの商品では気にしなくても良いと思います。 裾の両サイドには「スピンドル」が付いていますのでキュッと締めてもらえましたら、とてもカッコイイシルエットに早代わりです☆ デザインはとても、シンプル。とても最近までのナナロクとは思えない派手とは無縁(笑)なデザインに、どちらかというとシンプルが好きな自分も安心出来るデザインです。 加工らしい加工といえば左胸元のワッペンと左袖の大きなオレンジボールワッペンくらい。全体的なフォルムは幅の狭い横方向のキルティングがこの商品の高級感を最大限に引き出しています。 早速、手元に届いた出来立てホヤホヤのダウンジャケットを着てみました!! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、普段着る作業用ブルゾンのサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 なんと!Mサイズでピッタリ でした!!いやぁ、久々Mサイズ着れて嬉しいッス。着丈は若干短めに感じますが、このジャケットを仕事では着ないと割り切るとカジュアルで着るならむしろちょうどいい感じです。袖丈も全く問題なし。手が長いと自負している自分でMサイズでちょうどイイんですから、自信を持って薦められます☆ちなみに、そんなにいらっしゃらないと思いますが、お仕事用で想定されているお客様なら普段来ている「作業服(年間)のサイズ」で良いかと思います。間違っても防寒だからと1サイズ大きなサイズをご注文なさらないでください。きっと大き過ぎると思います。。。 普段お召しになられているアメカジの冬用アクセントに、はたまたオートバイの街着に、お友達と飲みに行くときや、デートの時だって活躍します。ジーンズにも、チノパンにも、カーゴパンツにも相性ピッタリ。そう考えると、コーディネートを邪魔しないシンプルなデザインに今回徹したナナロク企画者の方、あっぱれと思います!! この冬は、誰に自慢しても恥ずかしくないホンモノ・ダウン・ナナロク・ジャケットでオシャレもイベントも思う存分、楽しんでください☆ ※)ダウン製品は、お自宅でのお洗濯は基本”厳禁”でございます。永く大事に着用していただきたいと思いますので、クリーニングに関しては製品裏に記述した洗濯方法、またはお近くのクリーニング専門店でお問い合わせください。

'14ver UNION 76 ナナロク キルティングダウンジャケット ダウン100% No.76 WB141B 驚きの破格値,人気 —— 1,500円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

76Lubricants ナナロク ウィンドブロックジャケット No.76 WB152W 赤字超特価,限定セール

■昨年ヒットした2015モデルの商品はコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 いやぁ…秋ですね!! 札幌は朝晩は上着が欲しい寒さ・・・家の中も冷えるので、私は既に冬用の毛布を引っ張り出してきてしまいました(笑)これからどんどん寒くなりますが、温かい上着の準備はできていますか??でも真冬のダウンはさすがにまだ早いし、かといってパーカーや作業ブルゾンは風を通すからちょっと肌寒い・・・ 薄手で風を通さない、ちょうどいい上着があったらなぁ・・・ ・・・あります!! 今日は当店ダントツ人気ブランド「ナナロク」よりオシャレに寒さ対策できる「防風」ジャケットのご紹介です!文字通り風を通さないので、風の強い日もあったかく過ごせますよ! ■体感温度を上げる“防風”■ “体感温度は風速1メートルで1度下がる” 知っていましたか!?同じ気温でも、風の強さで体感温度はかなり違うんです!!例えば、気温が10度でも、風速10メートルなら体感温度は0度ということに・・・!!寒すぎますね・・・つまり、体感温度を上げるためには風を遮ればよいのです!この商品は、生地と生地の間にラミネートフィルムを挟むことで防風性を持たせ更に、裏地のフリースが空気の層を作り、柔らかな肌触りと暖かさを保ちます。扇風機を強風に設定して前に立ってみましたが、ばっちり風を防いでくれました!もちろんフード部分まで防風。ファスナーを締めれば顎の高さまで覆えます。 ■カラーバリエーション■ カラーはイエロー・ネイビー・ブラックの3色をご用意。この3色、デザインは同じでも全然印象が異なるので、あなたのイメージにぴったりの色がきっと見つかるはずです!イエローは視認性も高く、安全面においても日照時間が短く暗い秋冬や夜の着用に一押しの色です。鮮やかでPOPなイエローに、締め色の黒を合わせたツートンにすることでスタイリッシュな印象に仕上げています。ネイビーは一般的な「紺色」ではなく、「ほんの少し緑がかったくすんだ青色」です。コチラも黒と合わせ、重くなりすぎないようプリント・ファスナーを白にしてバランスを取りました。秋にぴったりの独特の色味でオシャレ度アップ間違いなし。絶対王者のブラックはオレンジ色のファスナーがアクセント。落ち着いた色合いの中にも遊び心を忘れないのが「ナナロク」らしいですね。インパクトで選ぶならイエロー、秋らしい色味で選ぶならネイビー、シックに決めたいならブラック・・・どれにしようか迷っちゃいますね! ■脅威のストレッチ■ 生地全体が驚異的な伸縮性を誇るストレッチ素材で構成されており、縦・横どちらにも驚異的に伸びます!体の動きに合わせてストレッチが効き、柔らかく動きやすいので、寒さで体が固くなりがちの季節も、上着をこれに変えれば快適に過ごせそうです。建設業、倉庫業、運送業の方、農家さん、ガーデニングやDIY、通勤通学、スポーツの後、犬の散歩などなど・・・カジュアルなデザインと驚異のストレッチ性で、お仕事はもちろんプライベートにも活躍します。ちなみに私(著者)の友人は家の中で旧商品の防風ジャケット着て暖房費を節約したそうです(笑)前ファスナーで着脱が簡単なので、寒くなったらサッと羽織り、暑くなったらサッと脱ぐ。 ■絶妙なスタイリング■ この商品、私が一番に気に入っているポイントは「スタイリング」のよさです。特別細身にできているというわけではないのですが、見た目がすっきりコンパクトに見えるんです。その理由は、絶妙な丈の長さとラグラン袖。屈んだり自転車に乗ったりするとき等に裾が邪魔になりにくいように裾は前が短め、後ろが長めにできているんですが、前が短めなことで下半身がスッキリ見えるんです。後ろが長めなので屈んでも腰が出たりする心配もありません。また、ラグラン袖は肩幅を選ばないのでどんな肩幅もジャストサイズに見え、腕を上げ下げしたり回すのもラクラクなのが特徴です。イエロー・ネイビーは袖の色が黒に切り替わるツートン仕様で、オシャレポイントにもなっています。 最後に、実際に着てみました!身長170cm、体重:60kg、ウエスト76cm、普段着るアウターのサイズ:Mサイズの男性スタッフに、 Yシャツ1枚+細身のパンツの上から着用してもらったところ、Mサイズでピッタリでした!肩幅が広め出そうなのですが、ラグラン袖なので肩幅を気にせずきれいに着こなすことができていました。上着の丈は、前はベルトの下7~8cmあたりまでの短めで、後ろはちょうどお尻が隠れるくらい、ダボつきのないスッキリしたシルエットです。前から後ろにかけて長くなっていく緩やかなカーブもきれいですね。裏地はフリースですが、腕の部分だけはボリュームを軽減して着脱しやすいようトリコット素材を使用しています。こんな細かな気配りも嬉しいポイント。 これからの季節にピッタリの、動きやすさ抜群の防風ジャケット。1着持っていれば大活躍間違いなしです!!

76Lubricants ナナロク ウィンドブロックジャケット No.76 WB152W 赤字超特価,限定セール —— 2,200円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

BURTLE バートル ”サーモトロンRadiPoka”軽量中綿ワークブルゾン 7210 定番,本物保証

→お揃いのパンツはコチラ→品切れ寸前、軽防寒モデル 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■首元の防寒にはコチラがおススメ!ハイネックタイプ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年(2013年冬)のBURTLEさんの新商品、ドレも凄い人気ですよね。当店も「無ければ作る」をコンセプトに次々とオリジナル化を進めているお店ですので、こういう先進的なデザインを繰り出すBURTLEさんを尊敬しています。 「作業着は作業着、カジュアルでも無ければアパレルでもない、BURTLEはあくまで”作業着のカッコよさ”を目指す」という開発コンセプトが、結果全国多くのお客様の厚い支持とファンを獲得し続けている要因だと思います。BURTLEさんの新商品って決して「作業服以上」のモノを作らないんです。「必要以上にタイト」とか「柄つきのカラバリ」、「作業服とは思えない高額価格設定」などの作業服としてあってはならない仕様は決して企画として上げなのがBURTLEさんの強みです。 そして!今回ご紹介する商品もまさに「BURTLEイズム」が凝縮した逸品です!今まで当店で販売されていたBURTLEさんの製品はいわば「軽防寒(適応気温15度~5度)」前後の、まさに今時期着用するにはピッタリの商品ですが、今回ご紹介するのは「極寒冷地用防寒作業服」といって、どちらかというと冬の寒さが厳しい地域(適応気温:10度~-5度)前後の屋外作業に適したモデルです!! この極寒冷地仕様の防寒服って実はメーカーさんとしても「そんなに作らない」んです。だって、日本全国 そんなに寒いところってそんなに無い ですからね。必要最小限の数しか作らないので、どのメーカーさんも大体12月くらいで大方無くなってしまいます。 実は、今回ご紹介するこの商品も元々は「4色」あって、当店ではその全てを取り扱う予定でおりましたが、BURTLEさんの人気は凄まじく当店が在庫を確保する頃には 既に在庫が無くなっていた(泣) という事情があります。 【そりゃ、無くわな!BURTLEさん新商品#7210防寒服の凄いところ!!】 ■軽量・防風・保温設計・・・見た目重たそうな雰囲気を醸し出していますが、これが持ってみると意外! 軽い!んです。ポリエステル100%の生地で触った感じもサラサラした風合いで、重さはLサイズで810g!! とこのクラスではトップクラスの軽さを実現しています。また、生地の裏から ポリウレタンコーティングといって防水膜を生地の裏に貼り付けているので、生地を通しての浸水はなくなりました! ただし、縫い目の防水保護は行っておりませんので、「完全防水」と呼べない点はご了承ください。このポリウレタン膜、実は防水性のほかに「防風性」という特性も持ち合わせているため、 「生活防水(一般生活上で発生する水がかかる程度の防水)+防風」 、両面の特性を持っています。 ■サーモトロン・ラジポカ・・・肌身に接する裏生地にはユニチカさんで作っている「サーモトロン・ラジポカ」を採用しており、裏生地の銀色の部分がまさに「ラジポカ」です。このサーモトロンの特徴はざっくばらんにいうと「体温と光を原料に暖かさを作り出す」という発熱要素と「作られた暖かを維持」する保温要素、両面を併せ持った業界注目の「防寒繊維」です。太陽光から吸収された「光」は即座に熱に変換、体温から発する熱は、裏生地から「反射」され再度身体へ戻る「ふく射熱」を応用し、ダブルで保温します。まぁ、正直、繊維のアップ写真を見てもよく分かりませんので、簡単にいうと「最先端素材で、科学的に蓄熱・保温・維持する凄い素材」だという事を認識いただけましたら幸いです。 ■静電気防止で「パチパチ防止」・・・防寒服の大敵といえば「脱ぎ着の際のパチパチ」です。寒ければ寒いほど、乾燥していれば乾燥しているほどパチパチが発生するという、夏場のじめじめ同様、冬場のもっとも「嫌われるポイント」ですよね。当モデルは裏生地に「サーモトロン・ラジポカ」を採用すると同時(一緒)に、 静電気防止のメガーナを採用 してるので、脱ぎ着の際もパチパチは軽減されています。(パチパチが絶滅するわけではありません・・・) ■スマートデザイン・・・極寒冷地仕様の重防寒着なのに、どこかスッキリして見えるのは、 フード周り(首周り)のもたつきは解消 されています。フードはジッパーで固定されていますが、通常の防寒服であればフードの淵と、襟の淵が首もとのあたりでゴチャつくんですが、このモデルではそれがスッキリ。ですから、スマートに見えているんです。 襟の淵に小さなポケットがあり、そこにフードの淵がすっぱりと挿入、フードエンドが襟の一部になってしまうんですね!!そしてワザアリポイントなのがフードの接面されているパイピングがネオングリーンなのが非常に良いアクセントになっています 。 ■襟裏にはブロック・フリース採用・・・常に顔に接地する「襟裏素材」は、常に触れていても心地いい「ブロックフリース」を採用。ポコポコした風合いが、肌に触れていてもさわやかな上、全くストレスに感じません。 どうです?これぞ、「絶対に作業服の粋を脱しない、BURTLEイズムの結晶」だと思います。BURTLEさんはず~っと前から作業服を作り続けているメーカーさん。日本のワーカーさんを昭和から支え続けてきた老舗の作業服メーカーさんは平成の世になっても「決してカッコだけに捉われない」「決して作業服価格を逸しない」、その上で時代を反映したデザインを落とし込むこのモノづくりの技術は本当に凄いな~って、販売店である当店も感動しちゃうくらいですから、それを買うお客様はもっと感動しちゃうのも無理はないと思います。 最後に、今日手元に届いた商品を実際に私(作者)が着用してみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、シャツのサイズ:Mサイズ の私が着用してみたところ・・・ 上着はインナーシャツ1枚であればLサイズ、パンツはインナー1枚であればLサイズでピッタリ!! でした!!いやぁ、朝の寒い事務所で上下試着したんですが・・・、 暑ッい!! ですね・・・。それでいて重防寒特有の「ズシッ。」とした重量感がないのが本当に不思議でした!! なにしろ、後発なので他店さんと比べて取り扱いカラーが少なく感じますが、それでも当店は寒さ厳しい北海道のお店!在庫はそれなりに確保しましたよ~!!是非、重防寒をご希望のお客様は「BURTLEさんのイチオシ商品」なので早めにご検討・ご購入くださいますようお願い申し上げます☆

BURTLE バートル ”サーモトロンRadiPoka”軽量中綿ワークブルゾン 7210 定番,本物保証 —— 4,300円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

BURTLE バートルウィンターワークブルゾン 綿100% 8110 新作,安い

→お揃いのパンツはコチラ 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →裏起毛長袖ポロシャツもあります!発売日2012年9月12日頃予約販売有無予約無しで販売します。 サイズバスト肩幅袖丈着丈 S110486063 M118526166 L124546269 LL130566372 3L136586572 4L(+500円)142606774 5L(+500円)148626774 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 いやぁ、当方北海道は最近朝晩どんどん寒くてなってきておりますが皆様の住まいの地域はどうでしょうか??「暑い~(汗)」って全国の皆さんがいってのはほんの一ヶ月前・・・、季節って確実に進んでいくんですね(しみじみ)。 それは メインとなるお勧めポイントは7110と変わらないが付加価値として一つ重要なスペックが加えられている という点。価格もそれに伴って先日発売された7110ブルゾンよりも若干高価なんですが、その理由を聞くと誰もが「なるほどね」と納得していただけるのではないかと思っています。何を隠そうこの商品、 ぶ厚い装甲のような綿100%素材で作られたハードコア・防寒服! なんです!!「ん?ハード・コアって何じゃ?」っていうお客様、分かりやすくいうと まるで象のようなザラザラしたゴッツイ綿100%で構成された、どんな過酷な作業現場、作業環境、そして着用シーンでも、完璧に着用者の体を守る防寒服 という事です。とにかく丈夫に仕上げられたボディは、極力ガチャガチャした雰囲気にはならないように7110や他のBURTLE作業服と比べてシンプルし仕上げられているのが印象的です。また、ストレスが掛かり易いボディの随所に 金属の鋲(リベット)を打ち込んでいる のでちょっとやそっと強引に扱ってもリベットが外れほつれてしまうなんて事はありえません!! とにかくゴツく出来ているので、着用して「動きやすい!」とはいえませんが「寒い!」ともならないのではないかと思えるくらいゴツイです。重さもまさにヘビー級。 1着Lサイズ=1.23kg!! 。体力に自信のある殿方に是非着用していただきたい逸品です。「今までぼんやり”防寒は綿がイイ”って思っていたけど、よ~く考えてみると一体何がイイんだろうね」と核心をつく疑問を思いつかれたお客様、綿の防寒服ってこんなところがウリなんです!! 【分かっているようで実はぼんやり。綿素材のイイところ!!】 ■熱に強い!!・・・「え?別にイイよ」っていうお客様。冬場の作業場には必ずといってほど「ヒーター」がありそこで作業員さんは暖をとりますよね?そこがポイントです。市販されている防寒服のほとんどはポリエステル製。ポリエステルは高温にさらされると「融解(溶けてドロドロになる)」現象を引きおこします。まぁ、ヒーターに当たっていてドロドロになるまで気が付かない人はいないと思いますが、高温状態になった表面素材は火傷するくらい熱くなります。綿素材は熱くはなりますが溶けることはありません。ポリエステル素材が熱に晒されると「融解」するのに対し、綿は「炭化(焦げる)」します。溶けてしまった繊維に触れると当然火傷をし2次災害へと発展しますから綿素材の方が火・熱に対しては耐性があるのは事実です。 ■摩擦に強い!!・・・壁・床に擦っちゃった時に「やっちゃった~」と思ったことありませんか?そう、ポリエステル素材の特徴は摩擦が加わるとツルツル・ピカピカ状態になってしまい、新品だったかないがっかりしますよね?!綿素材は壁や床に生地を擦ってもツルツルにはなりません。しっかりと摩擦強度を持っていますので、なんともなかったようにピンピンしています。 ■綿は保温素材!!・・・防寒服に限らず綿素材の最大の特徴は「保温性が高い」という点。「保温性が高い」という言葉の正しい認識は「温度を保つ能力が高い」という事。夏場でも綿素材の肌着が重宝されるのは「体温を適正な温度で保つ」ため。つまり「暑くも寒くも感じない適温状態」を保つからです。一方防寒でいうところの保温性とは、「防寒素材、中綿等で温められた衣服内の高い温度を保つ」という意味。ポリ・ナイロン素材は通気性が良いため保温性も低くなりがちだが、綿素材はしっかりと防寒面でも活躍出来る素材といえる。 BURTLEさんの強みは、作業服メーカーとして何十年も培ってきた「作業着メーカーとしての誇りとノウハウ」をしっかりと新商品に注入でき、それを見た目で表現できるセンスが抜群な企画開発者がいらっしゃるという事です。ですから、BURTLEの作業着は「どんな体型のお客様」でも「どんな職種のお客様」でも完璧にニーズを捉えてしまうんです。 -作業着として通用するモノつくり-をいつも念頭においているからこそ、ファッション性の高さの他にも、 今回「目を見張る」機能性を引っさげてこの商品が発売になりました!! 。「ふぅ~ん。まぁ、防寒着なんて着て暖かければそれでいいけどね」っていうテンション低めなお客様、では、この商品の”もう一つの機能性”をご覧ください。実はそんなお客様にこそピッタリな魅力です!! 【自宅の洗濯機でジャブジャブ洗えちゃう”ウォッシャブル”機能を完全装備!!】 どうです?!これって相当魅力的じゃないですか??皆さんご存知の通り、防寒作業服ってほとんどが「中綿入り」です。要はふとんみたいに「表生地と裏生地の間に綿が詰まっている」状態。「え?防寒服って洗えないの??今まで洗っちゃってたよ」というお客様も多いはず(笑)。イメージしやすいのが前述のふとん。ふとんを家庭用の洗濯機で洗うとどうなるのか・・・、答えはとててシンプル。(答え1)とにかく乾かない。(答え2)綿落ち(綿が偏って乾燥)が発生する。と散々な結果を招きます。防寒服も同じで一度洗ってしまうと、とにかく完全に乾くまで時間がかかります。表面が乾いても中綿が乾かないのでとにかく湿った感じがつきまといます。そして一番問題なのは「綿落ち」。袖の綿が重力に引っ張られて袖に向かって偏りが生じ、とても不細工になると同時に使い勝手も極端に悪くなります。 今までは、軽い汚れであれば「濡れた布で拭く」、汚れが酷ければ「ぬるま湯で手もみ、またはクリーニング」を推奨していた防寒服を、とうとうBURTLEさんはやってくれました!!「洗濯機で完全に洗える防寒服」を完成させたのです!! 【ココに注目!だから洗濯機で洗えるんです!!!】 ■キルティング■ 実はふとんでもお馴染みの製法でその原理は「表生地と裏生地をダイヤ形に縫っていく」という製法。単に模様だと思っている方も多いですが、その本当の目的は表生地と裏生地をダイヤ形に縫った時に、中綿がそのダイヤ形の中にそれぞれ閉じ込められるんです。勘の良い方ならお気づきかもしれませんが、そうなんですお洗濯の後乾かしても、中綿が重力に負けて下がることが無いんです。すべてがダイヤ形の中で乾燥が進み洗う前とほぼ同じ形状で乾きます。当商品も中綿を閉じ込めている部分は全てキルティング加工を行いお洗濯による綿落ちを防止しています。 ■中綿乾燥システム■ 洗濯機によるお洗濯で文字通り中綿はびしょ濡れになってしまいます。基本的に汚れが気になるからお洗濯をするのであって、全く目に触れない中綿にはなんの罪もないのですが結果びしょ濡れになるわけです(笑)。その中綿を効率よく乾燥させるためこの商品は”ある工夫”を施しています。それは 「速乾メッシュ」 。袖口と裾の周りをグルリと 網の目が粗いスポーツメッシュを幅1cmくらいで縫い付けてあります。 「そんな場所にあってもあんまり変わらないんじゃない??」というお客様、これは実に理にかなった方法ですよ。だってお洗濯の後どうするかっていうと、100%のお客様が「ハンガーに掛けて干す」と思います。すると当然「袖口が下になり、裾口も下になる」と思います。そしてお洗濯後の湿った中綿(水分)が重力に負けて下に下に落ちていきます。通常の防寒服はここからが大変なんです。湿った水分が袖口・裾口に溜まってず~ッと濡れたままになって日数が経過すると生乾きの期間が長いため不衛生の要素になります。 ところがこの商品が凄いところは、袖・裾のメッシュが落ちてきた水分をメッシュからポタポタ落とし続けて乾きを早くするんです!!上にあっても、真ん中にあっても意味がなくて、あくまで袖と裾にあるからこそ「意味がある」機能です!!  この2大要素がお洗濯を可能にして、いつも清潔でイイ匂いのする防寒服を維持することが可能になったんです! もちろん、そのほかにもユーザーの欲しいと思えるポイントがいくつも用意されており、それらのポイントが「新しき要素」となってこの商品の絶妙なバランスを生み出しています。  またお揃いのパンツにしても「ここまでこだわる??」と思えるくらいの機能を盛り込んだつくりになっており、BURTLEさんのこの商品に掛ける意気込みがひしひしと伝わってきます☆ウエストゴムギャザーに加え、両サイドには更に調節用のバンドアジャスターが装備されています。これって主に安全ベルトや安全帯を着用するお客様には絶対必要な要素で、安全ベストや安全帯の重みで通常のゴムギャザーだけではズリ落ちてくるんですが、更にサイドベルトで締め付けるとズリ落ちが防止されます。 また、インナーパンツにアクセスがしやすいように「スルーポケット(貫通ポケット)」が用意されており、中のパンツにアクセスが容易になっているのも作業員さんからすると嬉しい機能ですよね?? また、裾はマジックテープで調節できるようになっており、別に裾上げをしなくても裾を絞れば床や地面を引きずってぼろぼろになることはありません。   気になるシルエットに関してはブルゾンは良くも悪くも大きめです。ただこれはBURTLEさんの作業服共通の特徴で「万人に愛される作業服つくり」を突き詰めると、やはり「大は小を兼ねる」ことからちょっと大きめに出来ています。パンツに関しても中綿が全体に入っていますので穿くと動きづらさが出てくるのは、この商品に限ったことではありませんが股上に関しては私が知っている限りこのモデルは「防寒パンツにしては浅め」だと思います。私にとっては穿きやすかったですが、正直意見が分かれるところですね。 最後に実際に私が試着してみて感じたことを。 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、インナーカジュアルのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ、 上下共にLサイズ で問題ありませんでした!!でもその時の服装はシャツ一枚と、スーツパンツでしたから、恐らく作業着の上からこの商品を着るとなったら上下共にLLサイズではないかと思います。 これだけ本格的な防寒服に仕上がっていますから、 この商品の適応気温は5℃から、-5℃くらいまでは対応可能。 ではないかと思います。 BURTLEさんの渾身の作、もちろん2012年度モデルの新作です!!

BURTLE バートルウィンターワークブルゾン 綿100% 8110 新作,安い —— 2,000円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

EVERIVER イーブンリバー MA 1タイプフライトジャンパー R 27 定番人気,人気SALE

→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!長袖肌着→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!ズボン肌着 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 ただいま当店では秋冬モデルが毎日、撮影サンプルとして「どっさどっさ」入荷になっており、我々撮影技術班(っていっても2名)は狂ったように撮影をし、そして編集をし、そして夜な夜な説明文を作っています。ですから夜中っていう事でたまに訳が分からない事で説明が長くなったり、異様にテンション上がって説明文全体が収拾つかない事もしばしば・・・。でも今回は、そんな夜中の作業でも目が覚めるっていうか「ある商品を見直す」事が出来るアイテムが入荷になりました☆ そう!画像を見て「懐かしいな~、おい!!」っていうマジかよ~っていうお客様、そのまさかです。この冬、当店では 中綿フライトジャケット(MA-1タイプ) を取り扱う事を決定いたしました☆ 「イマドキ、そんなの着ている人なんていねえよ、ダサいよ!!」っていうお客様、本当にそうでしょうか・・・。私にはどうもこのMA-1(タイプ)がダサい形とはどうしても思えないんです・・・。 私が思うに、 このMA-1をはじめとする、ミリタリーフライトジャンバー系は”日本のファッション業界によって持ち上げられ、そして落とされた”被害者的なアイテム だと思っています。今でもUS AIRFORCEや、AVIREXなどメジャーブランドで作られ続けていますが、ホンモノのMA-1は見るとシビレますよ!!バリッとしたナイロンボディに安全面を考慮されたデザイン、パイロットや整備員の体型・人体工学にあわせたデザインは知れば知るほど「ファッション」の一語で決して片付けてはならないアイテムです。 大半の方、特に20代のお客様の中ではMA-1とは、一昔前のファッション着と思っているお客様も多いかもしれませんが、私はこのMA-1(タイプ)の失われた市民権を得るため、あえてお伝えいたします。「何故」私がMA-1(タイプ)を取り扱うのか、「何故」MA-1に詳しいのか?その答えは超・簡単。だって、 お国は違えど、MA-1は、立派な作業着・防寒服だから。 です。当店は作業用品専門店、そしてMA-1(タイプ)も作業服、多くのお客様から「オシャレな作業服屋さん」といっていただけるまで成長した当店がこの商品をご紹介する理由は「作業服であり、ダサくはなく、むしろ超カッコイイ☆」からです。かくゆう私も久々MA-1を見ましたが、決して古さも感じず、むしろ街でこれを着ている人を見かけなくなりましたから、むしろ新鮮でカッコよく思いました。 当店で扱うMA-1タイプジャケットは、あくまで「タイプ(~風)」であり、アメリカ産のいわゆるホンモノではありません。がしかし、日本における作業服・防寒服におけるスペックを踏襲した当商品は、きちんと日本のニーズに合わせた「日本企画版MA-1」といっても良いのでは?と思えるくらいしっかりした作りに驚きました☆ 【知っておこう!これがMA-1(タイプ)っていうヤツです☆】 ■独特なシルエット・・・MA-1といえばその独特なシルエットが当時の「古着ファッション」や「ミリタリーカジュアル」でもてはやされ、やがて落ち着いてしまいました。でもこの独特な仕様こそがMA-1の真髄であり「ファッションで片付けてはいけない部分」だったと思います。襟は短くカットされたV字型をしており、これは中に制服を着るために防寒服にも襟があったら邪魔なため排除されたとか・・・、そしてショート丈なのは 整備士だけではなくパイロットも防寒着として着用しており、搭乗の際は着丈の長さは必要最小限であった方が良かったのではないかと思います。そしてボディ全体は非常にシンプルに作られており、これはこの上から更に軍備のベストを着用する事が多かったためで、必要なものはベストに収納していたからだと思います。そして、日本仕様の作業服では左腕には「ペン差し」が当たり前ですが、MA-1では「タバコを収納するポケット」が着いているのもお国柄の違いです。襟・袖・裾をキツめのリブで覆っているのは、飛行場内が強風に晒されるため、隙間風やMA-1が膨れるのを防止するのが目的です。  バサッと置いてもらえたら分かりますが、袖が内側に湾曲して縫製してあるのも独特な形状のひとつです。 MA-1が昔のトレンドだなんて私は少なくても思いませんし、そもそもこれは「防寒着」であり「ファッション」ではありません。毎日のお仕事の防寒着、または通勤・通学の際のウインドブレーカー(風避け)としても最適です。出来れば、ファッションとして再注目される日が来てくれると嬉しいんですが、それは時代の流れに任せることにして、MA-1の本来あるべき姿である「防寒着」としての役割なら今すぐトップレベルでこの商品で果たすことが可能です。  早速私がこの商品を着てみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでピッタリ☆ でした!!ひさびさMA-1(タイプ)に袖を通しましたが、とても懐かしい気持ちと改めてこれが防寒作業着である事を実感しました。今後、このMA-1という形がファッションの流行り廃りに流れることなく、「ジーンズ」や「オーバーオール」、「ダッフルコート」など時代の流れに翻弄されない「冬の定番着」として根付くことを祈らずにはいられません。

EVERIVER イーブンリバー MA 1タイプフライトジャンパー R 27 定番人気,人気SALE —— 1,500円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 SALE,新品

→Mから3Lサイズはコチラをクリック→【お揃いのパンツもいかが☆】 →NEWマックスボリュームパンツ 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■首元の防寒にはコチラがおススメ!ハイネックタイプ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 昨年楽天市場で爆発的ヒットを記録した「901」マックスボリュームブルゾンですが、今年もたくさんのお客様に喜んでもらうぞ~♪って思ってたら、早速当店に今年の在庫分が入荷になりました!!待ってました~っと、昨年販売したページの在庫を解除して、トップページにもってきて・・・と思ってたら、驚愕の事実が判明してしまいました!! えぇ~!!この商品、マイナーチェンジを経て!!まるっきり新しい商品に生まれ変わって しました・・・。っていうことは・・・、そうですこれからページの作り直し(泣)。もう泣きたいなら、お客様にお伝えするのが2~3日遅れるやらですっかり自分のテンションも下がりきってしまいました。 「はいはい、ど~せ見た目をちょちょっとイジって、品番も変えちゃったんでしょ」とかすっかり卑屈になってしまった自分に、この商品はある意味「強烈なインパクト」と「やさしさ」、両方を教えてくれました。 正直、防寒服のマイナーチェンジって前作のいただけない部分を見た目は変わんないけど今作は改善しました!凄いでしょ! 的なものが多いんですが、これは全くの別物である事が画像からもご覧いただけます。 【改善する必要の無いモノを改善!!このストイックさが凄い!905シリーズ!!】 ※この商品、そもそも昨年販売時点で致命的な初期不良や不具合は無かった商品。そう、通常マイナーチェンジを行うモデルには初期の段階で改善すべきポイントが明確にあり、そのポイントを次作で改善をするのが主流ですが、この商品(前作901/903)にはそのような改善すべきポイントなんて無かったんです。つまりほとんどの主流である「不具合(-)を改善で(+-ゼロ)」という一般的なマイナーチェンジモデルと、今作のように「特に不具合は無い=+-ゼロ」の状態から改善を加えたんで、結果的に昨年のモデルと比べると「+プラス」になって生まれ変わったという全く新しい改善の加え方を誕生した防寒服なんです! ■生地感触を徹底改善。■ この防寒服は見た目の通り、表面はツルツルしたポリエステル素材。昨年モデルまでは割と柔らかいポリエステル100%素材を使用していたんですが、今年のモデルを触った途端、違いがすぐに分かりました。表面素材の質感が向上しており表生地に「ハリとコシ」が加えられ、これから迎える寒い季節非常に頼りになりそうな頑丈な表素材に生まれ変わっていました。このバリッとした質感は、お届けの際「ちょっとバリバリ過ぎでは?!」と思えるくらい。メーカーさんに確認しましたが、着用する回数が増えてくると次第に馴染んでくるようです。 ■襟元ジャージで高級感アップ!■ かくゆう私(作者)は、何を隠そう「防寒着の襟はジャージが一番良い!」と思っている奇特な人間(笑)。一昔前まではたくさんあった襟ジャージの防寒服は、時代の流れと共に無くなっていってしまいました・・・。ところが、 前作、普通のダブル・カラー(2重襟)がったのに対し、今作は堂々の襟ジャージを採用!しかもアウター・カラーもあり2重襟仕様は変わらぬまま襟元の高級感が飛躍的に向上した のです。ただ見た目が良いだけではありません。ジャージにすると余計な隙間が生まれないので暖かさが逃げない&寒さが進入しない。という事と、首に接地しても不快な汗やムレは吸収してくれていつもサラサラなところはまさに改善を通しこして、一つの改革ですね!!  全体的なディティールとしては、一般的でオーソドックスなスタイルといえそうです。がしかし!!「普通」の防寒服を当店が扱うわけがございません。見た目には伝わりずらい部分ではありますが他社製品と決定的に違うのは、防寒である故に防寒性が違うといったところでしょうか?見た目は普通でも、使用される「素材の量」が違うんです。つまり防寒服になくてはならないもの、「中綿」の量ですね。前作というか、このモデルのモデルになった48420は160gの中綿を使用しており、これは一般的に販売される防寒服の「133%比」なんですね。ふとんでもそうですが、綿を詰め込むと当然暖かくなります。この商品は暖かさの基本的となる中綿量を更に増量(160g→180g)し150%の増量を実現、また表生地を改善し、48420前作と比べると総重量が「100gほど」軽く仕上がっております。今までの防寒服は「重ければそれほど暖かい」というのが定説でしたが、今作からは重さはほどほどに、暖かさはトップクラスという品質をしっかり確保してきました!!もちろん、お値段も1着3,490円で販売した価格を維持してのご案内がメーカーさんの協力により可能になりました!! これだけの中綿量であれば、冬季は雪に閉ざされる北海道でも、全然問題無いレベル、むしろ札幌圏では暑いと感じるかもしれません。 恐らく適応気温は0℃~-10℃のガンガン真冬対応防寒服といえそうです。  それだけ気合の入った防寒服ですから、当店のみならず系列店の「プロノ全店」でも同じ価格でお取り扱いをし、間違いなく今シーズンの主役になるアイテムだと確信しています!!数量も今のところ過去最高の数量を全店分として確保していますが、お客様のお好みが”一極集中”、または”プロノ全店で大ヒット”などとなると今から早期の売り切れは必至状態といえます・・・。  今作が始めてのお客様なら、前作の先入観がないので素直に「イイ感じだね」と思っていただけると思います。  サイズの問題は、やや小さく感じるとはいえ防寒服だからといって普段のサイズよりも1サイズ上げる事はしなくても良いと感じる程度です。むしろ、前作よりも無駄なダボツキをカットした・・・そんな感じです。  私個人的には全体的に「パリッ」とした雰囲気は大好きです。襟元もふにゃふにゃせず、”シャキッ”としています。付属のフードは後方でジッパー留めなので強風により飛んでいくということがありませんので風の強い現場や地域にはバッチリです。着丈も最近は「短い」丈が流行っているみたいですが、このモデルは前述どおりその辺りは「無難線」で仕上げられていますので「短い!!」と感じる事はありません。  今作から昨年モデルには無かったNEWカラーの「ネイビー」が追加。イイですよ~、とてもイイ色です。一般的な作業用のネイビーっていうと「濃紺」が多く、パッと見た目「ネイビー」なのか「黒」なのか分からないことが多いですが、これはどの角度から見ても「ネイビー」、いわゆる紺色です!!最近、ここまで潔い紺色は見た事がないので何故かスッキリしますね☆今作から初めてご利用のお客様にお伝えしなくてはならないのが「ミルブラウン」ですよね?イメージしやすい表現で表すと「こげ茶っぽい」カラーです。胸元に大きなポケット、袖にペン差し、大型のジッパーや、手袋を穿いたままでもアクセスが容易なハンドウォームポケット等、現場作業に必要な要素を全て詰め込んでいますので、どんな職種のお客様にもバッチリ☆な防寒服といえるでしょう。  作者である私が着用してみたところ(身長:178cm、体重:68kg、ウエスト82cm、普段着るアウター(作業着)のサイズ:LL)で LLサイズが妥当なサイズ でした。これはジャストサイズや大きめという観点ではなく、一般的な作業用として考えた時に、これくらいのゆとりは必要とのあくまで”作業用”としての適応サイズです。このブルゾンを普段着として着用される方はそんなにいないと思うのであえて作業サイズとして記載させていただきました。  間違いなく、今年当店で一番人気にまで上り詰めるであろう防寒着を暑さが収まりつつある今、早めにGETしておくのも良いかもしれません 。また寒さ厳しい地域にお住まいのお客様はブルゾンだけではなく お揃いのパンツも合わせてご購入いただくことをご検討 していただけましたら幸いです。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L5L 着丈66687072747676 肩幅51535557596163 胸囲120125130135140146152 袖丈56586062646666

HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 SALE,新品 —— 3,100円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 低価,SALE

→4Lから5Lサイズはコチラをクリック→【お揃いのパンツもいかが☆】 →NEWマックスボリュームパンツ 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■首元の防寒にはコチラがおススメ!ハイネックタイプ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 昨年楽天市場で爆発的ヒットを記録した「901」マックスボリュームブルゾンですが、今年もたくさんのお客様に喜んでもらうぞ~♪って思ってたら、早速当店に今年の在庫分が入荷になりました!!待ってました~っと、昨年販売したページの在庫を解除して、トップページにもってきて・・・と思ってたら、驚愕の事実が判明してしまいました!! えぇ~!!この商品、マイナーチェンジを経て!!まるっきり新しい商品に生まれ変わって しました・・・。っていうことは・・・、そうですこれからページの作り直し(泣)。もう泣きたいなら、お客様にお伝えするのが2~3日遅れるやらですっかり自分のテンションも下がりきってしまいました。 「はいはい、ど~せ見た目をちょちょっとイジって、品番も変えちゃったんでしょ」とかすっかり卑屈になってしまった自分に、この商品はある意味「強烈なインパクト」と「やさしさ」、両方を教えてくれました。 正直、防寒服のマイナーチェンジって前作のいただけない部分を見た目は変わんないけど今作は改善しました!凄いでしょ! 的なものが多いんですが、これは全くの別物である事が画像からもご覧いただけます。 【改善する必要の無いモノを改善!!このストイックさが凄い!905シリーズ!!】 ※この商品、そもそも昨年販売時点で致命的な初期不良や不具合は無かった商品。そう、通常マイナーチェンジを行うモデルには初期の段階で改善すべきポイントが明確にあり、そのポイントを次作で改善をするのが主流ですが、この商品(前作901/903)にはそのような改善すべきポイントなんて無かったんです。つまりほとんどの主流である「不具合(-)を改善で(+-ゼロ)」という一般的なマイナーチェンジモデルと、今作のように「特に不具合は無い=+-ゼロ」の状態から改善を加えたんで、結果的に昨年のモデルと比べると「+プラス」になって生まれ変わったという全く新しい改善の加え方を誕生した防寒服なんです! ■生地感触を徹底改善。■ この防寒服は見た目の通り、表面はツルツルしたポリエステル素材。昨年モデルまでは割と柔らかいポリエステル100%素材を使用していたんですが、今年のモデルを触った途端、違いがすぐに分かりました。表面素材の質感が向上しており表生地に「ハリとコシ」が加えられ、これから迎える寒い季節非常に頼りになりそうな頑丈な表素材に生まれ変わっていました。このバリッとした質感は、お届けの際「ちょっとバリバリ過ぎでは?!」と思えるくらい。メーカーさんに確認しましたが、着用する回数が増えてくると次第に馴染んでくるようです。 ■襟元ジャージで高級感アップ!■ かくゆう私(作者)は、何を隠そう「防寒着の襟はジャージが一番良い!」と思っている奇特な人間(笑)。一昔前まではたくさんあった襟ジャージの防寒服は、時代の流れと共に無くなっていってしまいました・・・。ところが、 前作、普通のダブル・カラー(2重襟)がったのに対し、今作は堂々の襟ジャージを採用!しかもアウター・カラーもあり2重襟仕様は変わらぬまま襟元の高級感が飛躍的に向上した のです。ただ見た目が良いだけではありません。ジャージにすると余計な隙間が生まれないので暖かさが逃げない&寒さが進入しない。という事と、首に接地しても不快な汗やムレは吸収してくれていつもサラサラなところはまさに改善を通しこして、一つの改革ですね!!  全体的なディティールとしては、一般的でオーソドックスなスタイルといえそうです。がしかし!!「普通」の防寒服を当店が扱うわけがございません。見た目には伝わりずらい部分ではありますが他社製品と決定的に違うのは、防寒である故に防寒性が違うといったところでしょうか?見た目は普通でも、使用される「素材の量」が違うんです。つまり防寒服になくてはならないもの、「中綿」の量ですね。前作というか、このモデルのモデルになった48420は160gの中綿を使用しており、これは一般的に販売される防寒服の「133%比」なんですね。ふとんでもそうですが、綿を詰め込むと当然暖かくなります。この商品は暖かさの基本的となる中綿量を更に増量(160g→180g)し150%の増量を実現、また表生地を改善し、48420前作と比べると総重量が「100gほど」軽く仕上がっております。今までの防寒服は「重ければそれほど暖かい」というのが定説でしたが、今作からは重さはほどほどに、暖かさはトップクラスという品質をしっかり確保してきました!!もちろん、お値段も1着3,490円で販売した価格を維持してのご案内がメーカーさんの協力により可能になりました!! これだけの中綿量であれば、冬季は雪に閉ざされる北海道でも、全然問題無いレベル、むしろ札幌圏では暑いと感じるかもしれません。 恐らく適応気温は0℃~-10℃のガンガン真冬対応防寒服といえそうです。  それだけ気合の入った防寒服ですから、当店のみならず系列店の「プロノ全店」でも同じ価格でお取り扱いをし、間違いなく今シーズンの主役になるアイテムだと確信しています!!数量も今のところ過去最高の数量を全店分として確保していますが、お客様のお好みが”一極集中”、または”プロノ全店で大ヒット”などとなると今から早期の売り切れは必至状態といえます・・・。  今作が始めてのお客様なら、前作の先入観がないので素直に「イイ感じだね」と思っていただけると思います。  サイズの問題は、やや小さく感じるとはいえ防寒服だからといって普段のサイズよりも1サイズ上げる事はしなくても良いと感じる程度です。むしろ、前作よりも無駄なダボツキをカットした・・・そんな感じです。  私個人的には全体的に「パリッ」とした雰囲気は大好きです。襟元もふにゃふにゃせず、”シャキッ”としています。付属のフードは後方でジッパー留めなので強風により飛んでいくということがありませんので風の強い現場や地域にはバッチリです。着丈も最近は「短い」丈が流行っているみたいですが、このモデルは前述どおりその辺りは「無難線」で仕上げられていますので「短い!!」と感じる事はありません。  今作から昨年モデルには無かったNEWカラーの「ネイビー」が追加。イイですよ~、とてもイイ色です。一般的な作業用のネイビーっていうと「濃紺」が多く、パッと見た目「ネイビー」なのか「黒」なのか分からないことが多いですが、これはどの角度から見ても「ネイビー」、いわゆる紺色です!!最近、ここまで潔い紺色は見た事がないので何故かスッキリしますね☆今作から初めてご利用のお客様にお伝えしなくてはならないのが「ミルブラウン」ですよね?イメージしやすい表現で表すと「こげ茶っぽい」カラーです。胸元に大きなポケット、袖にペン差し、大型のジッパーや、手袋を穿いたままでもアクセスが容易なハンドウォームポケット等、現場作業に必要な要素を全て詰め込んでいますので、どんな職種のお客様にもバッチリ☆な防寒服といえるでしょう。  作者である私が着用してみたところ(身長:178cm、体重:68kg、ウエスト82cm、普段着るアウター(作業着)のサイズ:LL)で LLサイズが妥当なサイズ でした。これはジャストサイズや大きめという観点ではなく、一般的な作業用として考えた時に、これくらいのゆとりは必要とのあくまで”作業用”としての適応サイズです。このブルゾンを普段着として着用される方はそんなにいないと思うのであえて作業サイズとして記載させていただきました。  間違いなく、今年当店で一番人気にまで上り詰めるであろう防寒着を暑さが収まりつつある今、早めにGETしておくのも良いかもしれません 。また寒さ厳しい地域にお住まいのお客様はブルゾンだけではなく お揃いのパンツも合わせてご購入いただくことをご検討 していただけましたら幸いです。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L5L 着丈66687072747676 肩幅51535557596163 胸囲120125130135140146152 袖丈56586062646666

HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 低価,SALE —— 2,600円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

I'z Frontier 裏アルミキルティング防寒ブルゾン #9010 セール,品質保証

→■4L・5Lはこちら■ →足元は大丈夫ですか? ■当店人気No.1長靴はこちら■ 必見、製作者が語るアピールポイント!! まだまだ記憶に新しい2014年春、鮮烈なデビューを飾ったのがついこの間の出来事のように感じます。 瞬く間にヒット商品の道を登りつけていく様を見て、「あぁ~本当に作業服の時代が変わったんだなぁ~」としみじみ感じていました。とそんな事もつかの間、今では「いつ入荷するの??」「なんでいつも欠品なの??」とお叱りと頂くことも・・・。現在、メーカー様含めて在庫状況の改善に努めております。 さて、今回ご紹介するのはそんな今となっては先進作業着のヒットメーカーとなりつつある「アイズ・フロンティア」さんより激烈レアな防寒着のご紹介です!!! 「またぁ~、”激烈レア”とか言って実はまた何百着も在庫あるんでしょ??」 って思っているお客様も多いんじゃないでしょうか??確かに、当店最初の在庫は凄い数を在庫に持つのでそんなに「危機感」って抱かないですよね?!ですが今回の初回在庫数はいかがでしょう??当店の初期在庫数 60着。 です・・・。・・・。開き直るわけではありませんが、 これは確実、数日立てば買えないサイズが出始めて、1週間後にはまともに買えない在庫 だと断言できます。当店としてもサンプルを拝見した途端、「これは売れる!!!!」と思ったんですが、いかんせん大人気のメーカーさんの防寒着とあって、なかなか当店に回ってくる在庫が少なかったのが非常に苦しいところです。。。 今後、ドコまで販売出来るかわかりませんがイイモノはイイ!!っていう事で在庫数は極少ですが最大限のアピールを行って通常通りご紹介したいと思っています。なので、「ほしいな」と思えたらそれが「買い時」です。 【よく考え抜かれた防寒着:9010ウインターブルゾンのここがイイトコロ☆】 ■素材・・・ツルツルしたポリエステル100%素材で、肌触りはサワサワしています。ウインドブレーカーのような「シャカシャカ系」ではありません。光沢感を抑えたボディはこのくらいの価格帯に多く見られる安っぽさが無く、むしろスポーティ&リッチな印象をかもし出しています。防水性は無く撥水加工となっていますが、むしろ通気性が良く 運動性が高く機動力があるお仕事には向いている といえますね。 ■デザイン・・・ところどころ黒い切り替えしを採用しているのがこの商品っを「ライダース」っぽく見せ、また「ドコかトップヨーロピアンブランド」のような先鋭的なデザインに見える所以です。そしてこの切り替えし ただの切り替えしではなく、生地が黒い部分はストレッチ素材 なんです!!なのでよ~く見てください!黒い生地の部分、何か気が付きませんか??そう!!黒い生地の部分は 人体の間接部分 なんです。人体で稼動域が大きい間接部分にストレッチ(伸縮性の効いた)素材を使用する事により、よりアクティブに、よりスポーティに仕上げています。また、脇下のストレッチは元々タイトなデザインである当モデルにフィット感をもたらしました。 マチのようにつけられているこのストレッチ素材でどんな体型のお客様にもフィットする独特な着用感に仕上げています。 ■防寒性・・・防寒性。という部分ではちょっと北海道の真冬にはこの1着では難しいのではないかと思っています。っていうのも中綿の量が少ないような気がします。スタイリングを無視するともっとモコモコに出来たと思うんですが、シルエット自体をタイトなデザインにしているのに中綿をモコモコ入れてしまうと、せっかくのスタイリングが綺麗に出ません。メーカーさんの意図を考えると仕方の無い仕様に思います。 ただし!この商品には 秘密兵器 ともいえる機能が隠されています。それは・・・ 裏アルミ となっており、中はアルミプリントでギラギラしています。このアルミプリント、一昔前は本当にアルミ(金属)を貼り付けていたんですが、今ではプリント加工でホンモノのアルミを同等の効果を得られる「プリント(印刷加工)」を施しています。アルミって金属もプリントも特殊な効果があり、 光と熱を反射する っていう効果があります。その熱が例え「体熱」であっても同じで、たかが36-37℃の体の熱も反射するんです。体熱→裏アルミ→耐熱→裏アルミ・・・と延々と反射するので、 基本的に着用者の体温が高ければ高いほど防寒効果が得られる 構造になっています。運動などをすると一気に体温が上がるので、そういう場合はこの防寒服の保温効果は高くなります。なので、中綿の量は少なくしていても「運動をする(体を常に動かして仕事をしている)」っていう人は、この防寒服の見かけ以上に温かく感じるはずです。 ■豪華なキルティング・・・何度もこのキルティング形状に関しては打ち合わせを行いました。最初は全面キルティングの正方形キルティング、その次が全面キルティングのダイヤ(ひし形)キルティング、そして最終的に 部分キルティングの細長キルティング になりました。その際、重要視されたのが「キルティングの形状」でした。最初は正方形だったんですが予想以上に野暮ったく、ヤッケの延長上・・・みたいな仕上がりでしたが、最終的に縦に細長い「キルティング形状」に落ち着きました。 どうです?スポーティな風合い・見た目に、裏アルミで防寒保温性もある程度期待出来るこのモデルは、既にヒットしている 3Dデニムカーゴパンツとの相性も抜群!! です。もちろん、普通のデニムパンツや、カーゴパンツ、またはコテコテの作業ズボンでも全く雰囲気が壊れることはありません。 この防寒着1着で対応できる気温は恐らく0℃前後、関東では問題ないレベルですが、東北、北海道のこれ以下の気温であれば別途インナーや着込む量で調節する必要がありそうです。特に黒い切り替えしの部分が通気が高く、ここから冷気が侵入しそうです。 見た目はライダースっぽくて街乗りライダーにオススメしたいんですが、バイクによる風圧でスースー冷気が侵入しそうなのでNGとさせていただきます。気温が低く風邪が強いときは裏アルミの効力も下がる可能性がありますが、天候が安定している場合、かつ乗り物にならない場合は逆にこれくらいの適応気温の方が快適に作業が出来る可能性があります。 私がこの商品をオススメしたい職種は「地に足をつけて仕事をする屋外作業(高い作業場=鳶さんとかは難しい)」である事、また常に動いている仕事、または冬場暖房の付いていない新築物件での大工さんや内装作業のお客様、運搬・運送業などハードな運動量を必要とするお客様にもオススメします。お仕事以外では適度なペースで運動するお散歩用や、お父さんの外出着、冬場の体育館でウォーミングアップウェアとしてもきっと重宝します。 早速私が実際にこの防寒着を着てみました!!なるほど~、ポリエステルではありながらしっとりとした風合いは独特です。確かに高級感があり、この価格で購入したとは誰も気が付くことはないでしょう。 身長:178cm、ウエスト:82cm、普段着る上着のサイズ:Lサイズ、普段着るツナギのサイズ:LLサイズ の私が着てみると・・・、 中にシャツ1枚でLサイズでジャストサイズ! でした!!この商品脇下のストレッチ素材がグングン伸びてくれるので、あまりオーバーサイズを買う必要は無いと思います。多分、中にトレーナーを着てもLサイズを買うだろうなと思いました。 泣いても笑っても当店で今、在庫しているのは「60着」です。 その後、売行き次第では追加で発注かけたいと思っていますが、何せあの3Dデニムカーゴパンツのヒットメーカーさん、きっと一筋縄ではいかないような気が今からしています・・・(不安)

I'z Frontier 裏アルミキルティング防寒ブルゾン #9010 セール,品質保証 —— 4,100円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

ITOZ アイトス 光電子 ”暖神”防寒透湿ハイエンドウインターブルゾン 6061 新品,安い

あ!売り切れ!そんな時は25%OFF商品! 25%OFF商品はコチラをクリック! 【お揃いのパンツはコチラ】 → 発売日2012年9月25日頃予約販売の有無予約販売の予定はありません。 ■光電子はもともと防寒肌着で活躍中!肌着で暖かいんだから、防寒ツナギでは最強です!! ■光電子(こうでんし)■  遠赤外線事業を営む(株)ファーベストが知的財産権を有する、遠赤効果を利用したセラミック配合生地による特殊繊維の名。  専門事業である遠赤外線の長所を活かし、「必要以上に熱くならず、一定の保温効果」を得意とする上記素材は昨今の防寒肌着や衣料を中心に多種多様な業界から注目されている。配合率が低くてもある程度の効果が見込めるため、小配合で低価格な商材を生み出せるのも魅力の一つ。 ■遠赤外線効果の実態■~一般発熱肌着と光電子肌着の着用・前・後の表面体温の変化~ ■着用前■ ■30分着用中■ ■脱いで20分放置■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年も残すところあと1ヶ月の12月、もう新商品なんて入荷しないって思っていませんか??甘~い!何を隠そう、当店は掲載が遅れています(苦笑)。今年いっぱいかけてどんどん新商品の掲載をしていきますよ!!「そんな事されたらこないだ買った商品が損した気分になるだろ!!」とお叱りを受けてしまいそうですが、これからご紹介する新商品の数々は、 当店で取り扱っていない商品、またはコアなお客様専用 に限られていますから、「お、追加で買おう」とか「そうそう、そんなマニアックな商品を探していたんだよ」っていうお客様がほとんどではないかなって思っています。 今回ご紹介する商品も、どちらかというと一般向けというよりは「コア(マニアック)」なお仕事、それに携わるお客様用っていう感じの防寒服です!!ど~ん!!そうです、今回ご紹介する商品は・・・、 ■光電子 防寒ワーカーズ・ブルゾン■ でございます。「光・・電・・なんだって????」というお客様、光電子(こうでんし)っていうのは中綿で使用される防寒繊維の名前です。結構、メジャーな繊維でしてちょっと防寒に詳しいお客様ならこの名前ってご存知だと思います。 一般的に防寒作業服で使われる中綿って、ポリエステルを細~ッく糸状にしたものを複雑に絡ませて作っているんです。その中綿の重量がそのまま暖かさの指標になるんです。ところがその数値っていうのはあくまで 普通のポリエステル綿だった場合の話 でして、使用される中綿がポリエステル綿ではなく、科学的に作られた防寒繊維であれば「重量=暖かさ」の公式はもろくも崩れてしまうんです。つまり、通常の中綿素材で仮に「10の暖かさを得るために10のポリエステル中綿が必要」なところ、科学的な見地から製造された防寒中綿「光電子」であれば「10の暖かさを得るために3~4の光電子量で十分」となってしまうんです。  光電子の大きな特徴としては、 体から発せられる放熱をふく射といって体に戻す防寒方法を用いており、衣服内外の温度差によっても発生する汗や結露といったムレも蒸気の状態で光電子が吸い取り、そのムレを衣服外へ放出 するという、まるで機械みたいな働きを繊維がしてしまうところが現代の化学繊維の恐ろしさを感じてしまいますね(笑)。 そして今回ご紹介する防寒服は、まさにその「光電子」を使用したモデルなんですが、凄いのはここからです。 このモデル、ポリ中綿よりも綿よりも暖かいはずなのに、使用している量が一般の防寒服以上に詰め込んでいる! んです(驚)。「(驚)って何が?」っていうお客様、噛み砕いてお話をすると、普通こういう特殊な繊維を使用する場合って中に詰め込む量を減らすんです。すると製品化すると「薄くて軽くて暖かい」っていう名文句が生まれるわけです。でもこのモデルに限っては「薄くて・・・」なんて死んでもいえないです、それどころか「軽い」なんてすらいえません。そうですね、この商品をうまく表現するキャッチコピーをつけるとすれば・・・、 アホみたいに熱い、厚くて重い、超極寒地専用防寒服 ですかね。ちょっと言葉が乱暴ですみません。ただ直球で伝えたほうがきっとお客様にも伝わると思い、あえて話言葉でコピーを付けさせていただきました。つまりは、私の住む札幌圏内でも「ここまでのものが必要かな~」と思ってしまうくらいの防寒性です。 私の思うところ、 重量:1300gのヘビー級、そして光電子綿を使用 しているとの観点から、 適応気温:-5℃~-15℃(別売りパンツと合わせて) くらいはいっちゃうんじゃないでしょうか??札幌市でも2月日中で気温が氷点下の事がありますが、それでもここまで必要かどうかはわかりません。まぁ、適応気温はそんな感じで、ではこの防寒服に一番適したお仕事は?というと、 一日中、屋外で立ったままのお仕事が多い警備員様、冷え込みが厳しい夜中屋外で作業されるワーカー様、冷蔵・冷凍庫、または底冷えする倉庫で勤務されるお客様、スキー場など高地で尚且つ屋外のお仕事が多いお客様 にはピッタリの商品です。 早速、手元に届いた商品を見てみると、いやぁ~さすがに高い商品だけあります。パッと見た目登山用の防寒ウェアです。少々の寒さではビクともしないような鎧みたいな防寒服です。表面素材はザラザラしたポリエステル素材なので、画像で見るよりは生地感としては柔らかいです。 【ココが凄いぞ!最強”暖神”光電子ブルゾン】 ■フード・・・この商品、フードにまでしっかりと光電子の中綿が使用されており、裏生地にはムレ防止でスポーツメッシュまで取り付けています。ヘルメットの上からも被れる大型のフードですから、冬場厚手のニットキャップの上からスッポリと被るとこれ以上の暖かさはないのではないでしょうか。 ■ラグラン・・・スポーティなモデルに多い、腕の取り回しがしやすい「ラグラン」タイプを採用、防寒服なのに思ったとおりのアクティブな動きが可能になっています。また前身ジッパー部・背面には長方形の模様のようなプリントが・・・実はこれ「反射テープ」なんです。ですから、夜間の作業でもライトでこのプリントが浮かび上がりますから、安全面もきちんと考慮されています。 ■貴重品はココ!止水ファスナー・・・これもアウトドアウェアに採用されやすい付属(部品)ですが、胸のポケット部には止水ファスナーを装備、水気を嫌うケータイや音楽プレーヤーはこのポケットに収納しておけば安心ですね。(完全に事故を防げるという事ではありません) ■タバコ・ライターはココですかね・・・当商品裏生地にも両サイドに1箇所ずつ、計2箇所設けております。タバコなどの嗜好品ですが、ハンドウォームポケットに入れてしまうと落としてしまったり手が入らなかったりしますから、このポケットを使用していただけましたら良いかと思います。 ■素肌が触れる箇所には・・・どんなに寒い日でも「首」「顔」はいつも無防備状態のお客様も多いはず。そんな無防備に成りがちな首には、裏生地に暖かいフリース素材を採用しています。 どうです?こんなに暖かい防寒服がこの日本で必要としているお客様が一体どのくらいいるのは分かりませんが、やっぱり当店としては専門店ですから、「とにかく暖かいものをくれ~!」というお客様のニーズにもしっかりとお応えしなくてはならないと思い、掲載に踏み切りました。 早速、事務所の中で着てみましたが、 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 熱い!インナーシャツのみでLサイズでピッタリ でした!!でもちょっと袖が短かったんですよね・・・。私のように腕が他人よりもちょっと腕が長いと自覚のあるお客様は+1サイズ上げたほうが良いかもしれませんね。一応、光電子って汗やムレを逃がす機能もあるんですが、 室温20℃以上もある事務所内ではやっぱり汗かきます(笑) 。 光電子って、体温からのふく射熱がベースですから、冷え切った体で着るのではなく、暖かい場所で体温も一定に保たれている状態から着用していただき、外に出たほうが論理上は暖かさが持続します。また体温以上に衣服内の温度が高くなると、とたんに今度は温度を下げるため外気へと暖かすぎる空気を放出し常に衣服内の温度を一定に保つ、つまりは光電子最大の魅力とは 熱いとも寒いとも感じない自然な暖かさの実現!! なんです。 お揃いで防寒パンツもご用意していますので、是非上下で着用していただきたいと思っています。これぞ最強の防寒服、「暖神」です。

ITOZ アイトス 光電子 ”暖神”防寒透湿ハイエンドウインターブルゾン 6061 新品,安い —— 6,200円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

ITOZ アイトス 光電子 ”暖神”防寒透湿ハイエンドウインターブルゾン 6061 豊富な,SALE

あ!売り切れ!そんな時は25%OFF商品! 25%OFF商品はコチラをクリック! 【お揃いのパンツはコチラ】 → 発売日2012年9月25日頃予約販売の有無予約販売の予定はありません。 ■光電子はもともと防寒肌着で活躍中!肌着で暖かいんだから、防寒ツナギでは最強です!! ■光電子(こうでんし)■  遠赤外線事業を営む(株)ファーベストが知的財産権を有する、遠赤効果を利用したセラミック配合生地による特殊繊維の名。  専門事業である遠赤外線の長所を活かし、「必要以上に熱くならず、一定の保温効果」を得意とする上記素材は昨今の防寒肌着や衣料を中心に多種多様な業界から注目されている。配合率が低くてもある程度の効果が見込めるため、小配合で低価格な商材を生み出せるのも魅力の一つ。 ■遠赤外線効果の実態■~一般発熱肌着と光電子肌着の着用・前・後の表面体温の変化~ ■着用前■ ■30分着用中■ ■脱いで20分放置■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年も残すところあと1ヶ月の12月、もう新商品なんて入荷しないって思っていませんか??甘~い!何を隠そう、当店は掲載が遅れています(苦笑)。今年いっぱいかけてどんどん新商品の掲載をしていきますよ!!「そんな事されたらこないだ買った商品が損した気分になるだろ!!」とお叱りを受けてしまいそうですが、これからご紹介する新商品の数々は、 当店で取り扱っていない商品、またはコアなお客様専用 に限られていますから、「お、追加で買おう」とか「そうそう、そんなマニアックな商品を探していたんだよ」っていうお客様がほとんどではないかなって思っています。 今回ご紹介する商品も、どちらかというと一般向けというよりは「コア(マニアック)」なお仕事、それに携わるお客様用っていう感じの防寒服です!!ど~ん!!そうです、今回ご紹介する商品は・・・、 ■光電子 防寒ワーカーズ・ブルゾン■ でございます。「光・・電・・なんだって????」というお客様、光電子(こうでんし)っていうのは中綿で使用される防寒繊維の名前です。結構、メジャーな繊維でしてちょっと防寒に詳しいお客様ならこの名前ってご存知だと思います。 一般的に防寒作業服で使われる中綿って、ポリエステルを細~ッく糸状にしたものを複雑に絡ませて作っているんです。その中綿の重量がそのまま暖かさの指標になるんです。ところがその数値っていうのはあくまで 普通のポリエステル綿だった場合の話 でして、使用される中綿がポリエステル綿ではなく、科学的に作られた防寒繊維であれば「重量=暖かさ」の公式はもろくも崩れてしまうんです。つまり、通常の中綿素材で仮に「10の暖かさを得るために10のポリエステル中綿が必要」なところ、科学的な見地から製造された防寒中綿「光電子」であれば「10の暖かさを得るために3~4の光電子量で十分」となってしまうんです。  光電子の大きな特徴としては、 体から発せられる放熱をふく射といって体に戻す防寒方法を用いており、衣服内外の温度差によっても発生する汗や結露といったムレも蒸気の状態で光電子が吸い取り、そのムレを衣服外へ放出 するという、まるで機械みたいな働きを繊維がしてしまうところが現代の化学繊維の恐ろしさを感じてしまいますね(笑)。 そして今回ご紹介する防寒服は、まさにその「光電子」を使用したモデルなんですが、凄いのはここからです。 このモデル、ポリ中綿よりも綿よりも暖かいはずなのに、使用している量が一般の防寒服以上に詰め込んでいる! んです(驚)。「(驚)って何が?」っていうお客様、噛み砕いてお話をすると、普通こういう特殊な繊維を使用する場合って中に詰め込む量を減らすんです。すると製品化すると「薄くて軽くて暖かい」っていう名文句が生まれるわけです。でもこのモデルに限っては「薄くて・・・」なんて死んでもいえないです、それどころか「軽い」なんてすらいえません。そうですね、この商品をうまく表現するキャッチコピーをつけるとすれば・・・、 アホみたいに熱い、厚くて重い、超極寒地専用防寒服 ですかね。ちょっと言葉が乱暴ですみません。ただ直球で伝えたほうがきっとお客様にも伝わると思い、あえて話言葉でコピーを付けさせていただきました。つまりは、私の住む札幌圏内でも「ここまでのものが必要かな~」と思ってしまうくらいの防寒性です。 私の思うところ、 重量:1300gのヘビー級、そして光電子綿を使用 しているとの観点から、 適応気温:-5℃~-15℃(別売りパンツと合わせて) くらいはいっちゃうんじゃないでしょうか??札幌市でも2月日中で気温が氷点下の事がありますが、それでもここまで必要かどうかはわかりません。まぁ、適応気温はそんな感じで、ではこの防寒服に一番適したお仕事は?というと、 一日中、屋外で立ったままのお仕事が多い警備員様、冷え込みが厳しい夜中屋外で作業されるワーカー様、冷蔵・冷凍庫、または底冷えする倉庫で勤務されるお客様、スキー場など高地で尚且つ屋外のお仕事が多いお客様 にはピッタリの商品です。 早速、手元に届いた商品を見てみると、いやぁ~さすがに高い商品だけあります。パッと見た目登山用の防寒ウェアです。少々の寒さではビクともしないような鎧みたいな防寒服です。表面素材はザラザラしたポリエステル素材なので、画像で見るよりは生地感としては柔らかいです。 【ココが凄いぞ!最強”暖神”光電子ブルゾン】 ■フード・・・この商品、フードにまでしっかりと光電子の中綿が使用されており、裏生地にはムレ防止でスポーツメッシュまで取り付けています。ヘルメットの上からも被れる大型のフードですから、冬場厚手のニットキャップの上からスッポリと被るとこれ以上の暖かさはないのではないでしょうか。 ■ラグラン・・・スポーティなモデルに多い、腕の取り回しがしやすい「ラグラン」タイプを採用、防寒服なのに思ったとおりのアクティブな動きが可能になっています。また前身ジッパー部・背面には長方形の模様のようなプリントが・・・実はこれ「反射テープ」なんです。ですから、夜間の作業でもライトでこのプリントが浮かび上がりますから、安全面もきちんと考慮されています。 ■貴重品はココ!止水ファスナー・・・これもアウトドアウェアに採用されやすい付属(部品)ですが、胸のポケット部には止水ファスナーを装備、水気を嫌うケータイや音楽プレーヤーはこのポケットに収納しておけば安心ですね。(完全に事故を防げるという事ではありません) ■タバコ・ライターはココですかね・・・当商品裏生地にも両サイドに1箇所ずつ、計2箇所設けております。タバコなどの嗜好品ですが、ハンドウォームポケットに入れてしまうと落としてしまったり手が入らなかったりしますから、このポケットを使用していただけましたら良いかと思います。 ■素肌が触れる箇所には・・・どんなに寒い日でも「首」「顔」はいつも無防備状態のお客様も多いはず。そんな無防備に成りがちな首には、裏生地に暖かいフリース素材を採用しています。 どうです?こんなに暖かい防寒服がこの日本で必要としているお客様が一体どのくらいいるのは分かりませんが、やっぱり当店としては専門店ですから、「とにかく暖かいものをくれ~!」というお客様のニーズにもしっかりとお応えしなくてはならないと思い、掲載に踏み切りました。 早速、事務所の中で着てみましたが、 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 熱い!インナーシャツのみでLサイズでピッタリ でした!!でもちょっと袖が短かったんですよね・・・。私のように腕が他人よりもちょっと腕が長いと自覚のあるお客様は+1サイズ上げたほうが良いかもしれませんね。一応、光電子って汗やムレを逃がす機能もあるんですが、 室温20℃以上もある事務所内ではやっぱり汗かきます(笑) 。 光電子って、体温からのふく射熱がベースですから、冷え切った体で着るのではなく、暖かい場所で体温も一定に保たれている状態から着用していただき、外に出たほうが論理上は暖かさが持続します。また体温以上に衣服内の温度が高くなると、とたんに今度は温度を下げるため外気へと暖かすぎる空気を放出し常に衣服内の温度を一定に保つ、つまりは光電子最大の魅力とは 熱いとも寒いとも感じない自然な暖かさの実現!! なんです。 お揃いで防寒パンツもご用意していますので、是非上下で着用していただきたいと思っています。これぞ最強の防寒服、「暖神」です。

ITOZ アイトス 光電子 ”暖神”防寒透湿ハイエンドウインターブルゾン 6061 豊富な,SALE —— 6,700円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

LIGHT WEIGHT アウターレイヤーワークギア ブルゾン 1626 SALE,本物保証

あ!売り切れ!そんな時は25%OFF商品! 25%OFF商品はコチラをクリック! 【更に暖かさアップ!】 →防寒ズボンもあります!【インナーにはミドルレイヤー!】 →TSミドルレイヤーブルゾン 発売日2012年9月30日頃予約販売の有無予約販売の予定はありません。 インナーにはミドルレイヤーシリーズを合わせると最強のミドルレイヤーに!!! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年のTSデザインってホントに面白いですよね!秋口に既にリリースされた ミドルレイヤー三兄弟 は、寒さが厳しくなるに連れて勢いが増しているのをヒシヒシと感じます。TSデザインの商品は機能性もさることながら、見た目であるファッション性も重視され作られているので、何より着ていて「カッコよく見える」っていうのが最高です。恐らくTSデザインを着て職場に行くと「お、それいいな。ドコで買った?」と周りから質問攻め間違いなし。もちろんお仕事で着るのでお仕事の成果が一番重要ですが、その前に着ているものを羨ましがられて嫌な気分する人なんていませんよね?!  TSデザインのワークウェアはそんな日常の何気ない「ちょっとした部分」を変えてくれるウェアなんです。その上機能性も良いわけですから、確かに売れているのも頷けます。  そして、そんな大人気のTSデザインのウェアに新しい仲間が加わりました!!大人気のミドルレイヤー3兄弟にもちょっとした”課題”が残っていましたが、このアイテム発売によって、”課題も解消”となりました!! 【完全無欠ミドルレイヤーに残された課題とは?!】 ■雪の降る地方ではもう既に寒い・・・関東圏ではまだまだミドルレイヤー一枚でも大丈夫かと思いますが、北海道や東北地方では既にミドルレイヤー一枚では寒くて過ごせないレベルに達しつつあります。 ■雨・風悪天候に弱い・・・ミドルレイヤーは名の通り「中間着」なのでそもそも雨や雪等の「悪天候」を考慮して作られておらず、その代わり軽さや着心地を追求したモデルになっています。しかしこの時期、既に晴れの日が少なくなりつつある今、ミドルレイヤー一枚では心もとないですよね・・・。 とまぁ、今現在でもミドルレイヤーで十分なご満足を感じているお客様も多いと思いますが、そんなお客様でもやっぱり冬本番では無理だな・・・と感じているはずです!!そうなんです、そんなお客様のお悩み、そしてミドルレイヤー自身が抱える”課題”も一挙にクリアする TSデザイン究極のミドルレイヤーシリーズの防寒着として一つ上のクラス「アウターレイヤー」シリーズ の発表です!! 「なんだよ、なんだかんだ言って、見てみりゃただの防寒着じゃねぇか」なんて事おっしゃるお客様、この商品は 既に先に発売されているミドルレイヤーを持っていたら、恐らく「当店で一番暖かい防寒着に化ける」商品 なんですよ☆ その秘密は・・・、 【ミドル×アウターで夢の防寒着にトランスフォーム!】 ■TSデザインが提唱する防寒着の考え方・・・TSデザインが提唱する防寒の考え方は「レイヤリング」、すなわち「重ね着」です。これこそ今回のTSデザインの防寒着の真髄であり核になる部分です。「インナーレイヤー」、「ミドルレイヤー」、「アウターレイヤー」、それぞれが持ち合わせる特色溢れるアイテムを全て着合わせた時、絶大な暖かさと機能性を兼ね備える究極の防寒着となるようにそれぞれ設計されているんです! ■ふわふわした中綿内臓で保温性アップ!・・・ミドルレイヤーでは若干の肉厚感でしたが、アウターレイヤーからは防寒性を重視しているため、ふわふわした布団のような中綿をたっぷり衣服内に閉じ込めています。 このアウターレイヤーの持つ保温性+ミドルレイヤーの保温性がプラスされれば、まさに鬼に金棒な防寒着に変身するわけです!! ■悪天候もへっちゃらなアウター機能・・・ミドルレイヤーをアウターとして使っていて気になるのは「悪天候時」です。もしも途中から雨や雪が降ってきたら・・・と思うと背筋がゾッとしますよね??それが全く気にしなくてよくなるのがこの商品。表面に強力な撥水加工を施し(いずれ加工は取れてしまいます)、表面上に着いた水滴や雪をサッとほろうだけで水切りが出来てしまいます。これは冬季に雨やみぞれが多い地域には大変助かると思います。 どうです??TSデザインのアウターアイテムは、全て「根拠があって存在している」っていうのが分かります。ミドルレイヤーを持っているお客様は是非極寒用に手に入れてほしいアウターです。 早速手元に届いた商品を触ってみると とてもサラサラ・ふわふわした触感 です。これは 通常、防寒作業服で使用される中綿は板状に圧縮された綿を使用 するんですが、このモデルは ふとんと同じ、ポリエステル100%の中綿を圧縮せずにふわふわのまま衣服内に閉じ込めている からなんです。恐らく、周囲で販売されている防寒服と比べるとふわふわ感が違うのは素人であるお客様が確認してもすぐ分かるレベルです。 袖を通してみると、なるほど~。はっきりいうと「もう防寒服を着ている感覚ではありません」ね(笑)。まず「袖が細い」です。脇のしたもすっきり。「小さい」ではなく「いらない余白を削除した」って感じです。着丈も短め。TSデザインが「見た目」に拘り続けたポイントが袖を通すだけで伝わってきます。全体的に丸みを帯びたように見えるのは前述の「ふわふわ中綿」ともう一つは 脇の下から袖の途中まで存在しているマチ がポイントになっています。通常衣服を縫い合わせる際は「前身(頃)」と「後ろ身(頃)」を縫い合わせると、服のように袋状になります。がしかし、当商品は「前身と後身」の間に「マチ」と呼ばれる「別生地」が縫い合わせれており、これが全体的に「立体的」にみせる要因になっているわけです。そりゃ、そうです、人間の体だって「厚み」があるわけですからこのマチがあったほうが体にはフィットするわけです。 ヘルメットの上からも被れる大型のフードは、顔に接する淵の部分にレースを通し「スピンドルで調節可能」になっています。少々恥ずかしいですが、強風時にはこのスピンドルを締め、「ほっかむり」スタイルで急場を凌ぐ事も可能です。 お揃いのパンツ(別売り)は、2トーン仕様になっており、当店では「ダークネイビー」1色を取り扱いしています。(上着はどのカラーでも合うように作られています) TSデザインのアウターを早速私(作者)が実際に着てみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段着るアウターのサイズ:M、普段着る作業用アウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 LLサイズが作業用として最適! でした。正直Lサイズでも着れましたが前述通り着丈が気になったのと袖丈がちょっと頼りない長さだったんでLLサイズにしました!! TSデザインアウターレイヤーのみで着用すると恐らく、 -5℃から10℃くらいの適応気温 だと思いますが、その下にミドルレイヤーを着用すると、 -10℃から0℃くらいまでグレードアップ! まぁ、暑ければ脱げばよいわけです。いきなり極寒服デビューしてしまうと暑いときに脱ぐことも出来ず汗でびしょびしょになってしまうので、やはりTSデザインの提唱するレイヤリングは機能的にも、経済的にも良いというわけですね。

LIGHT WEIGHT アウターレイヤーワークギア ブルゾン 1626 SALE,本物保証 —— 3,000円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

Makku マック 防水防寒中綿レインジャケット AS 3700 2016 WEX 防寒 カッパ 作 服 品質保証,人気SALE

* 作業着 作業服 ワークウェア * →4Lサイズはコチラ! →お揃いの防水パンツ(1,990円)はコチラ!   【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 寒い!今年は当方北海道はここ数年、っていうか去年の暖かい秋の印象が強すぎて今年の寒い秋には本当に辛い思いをしているのは私(作者)だけではないハズです。。。何が辛いかって?この時期の「雨」ですよ、雨!!ただでさえ気温が低いのに、降ってくる雨が更に「冷たい」んです(驚)。 私の場合、通勤手段が「自転車(所要時間20分)」のため、雨なんか降られると傘差すと道交法違反(知ってました?)ですから、カッパになるわけですが雨は防げても「寒さ」までは凌げないんです(悲) そんな時、まさに「ホット」なアイテムが私の手元に届きました☆正直、本日届くまでこの商品の存在をすっかり忘れていた私ですが、手元に届いた商品を見ると当時の感動「こんなの初めて見た!!!」という思いがまたこみ上げてきました。 そう! 当店が今回、自信満々でお伝えするアイテムは秋冬の強い味方☆完全防水・防寒レインウェア です。 ・・・・、「いやいや、もうお宅にはたくさん防寒レインウェアあるでしょ?何をもったいぶって・・・」と思っているお客様、確かに当店にはそれぞれ個性的な防寒レインウェアが現在も販売されていますが、全くコンセプトが異なる今回のレインウェアは見た目も「異色」、機能性も「別格」の 異次元防寒レインウェア と呼ぶにふさわしいアイテムなんです!! 販売しているところは多いですが、このメーカーさんの紹介をしているお店さんは少ないのでまずはメーカーさんのご紹介を。メーカーさんの名前は「Makku(マック)」さんといって日本のレインウェアを作っているいわば「レインウェア専門のメーカー」さんです。ひとつ、はっきり言っておきたい事は、 このメーカーさんは作業用品を作っているメーカーさんではなく、アウトドアシーンを主体としたレインウェアのメーカーさん、厳密にいうと我々作業用品業界とは元々”畑違い”のメーカーさん なんです。「いや、どっちでもイイんだけど・・・」というお客様、そうはいきません。作業用品のメーカーさんの「ものづくり」の感覚と、今までアウトドア業界をターゲットに成長を繰り返してきたマックさんとは、発想のスタートがそもそも違います。作業用品業界は「高い品質」と「高い機能性」、そして「作業服価格」が必須です。一方マックさんなど一般アパレルに属するメーカーさんは「見た目」と「高い機能性」、そして「一般アパレル常識価格」を念頭にものづくりを進めます。 「何が違うの?」っていうと、実は最後の「作業服価格」っていうのと「一般アパレル常識価格」っていうのが、かなり温度差があるんです・・・。当店の商品をご覧いただくとお気づきになると思いますが、基本的に「どれも安い」ですよね。これが作業服価格です。作業服はカッコよくても、形がよくても、価格が高いと1着も売れないんです。そりゃ、そうですよね、お仕事で着るんですからオシャレなお店で買うような価格をお客様も求めてはいないのです。では、一般アパレルはどうか?自分が好きでする趣味や、趣味を通じるアイテムを買い揃えるとき「最低価格でそろえる人ってそういない」と思います。予算もあると思いますが、それでも少しでもイイモノがほしい、欲しいと思ったら少しくらいの予算オーバーでも買っちゃえ!と踏ん切りが出来る・・・。これが作業服価格と一般アパレル価格の違いです。 作業用品のレインウェアっていうと、機能性(透湿性とか軽さとか)を最重要視するんでどうしても仕上がりが「地味」なんですよね。まぁ、それが良いというお客様もたくさんいらっしゃいますので、地味=ダメとは絶対にならないのですが、それでも私(作者)も最近他社さんのレインウェアを見ても「なんか、ドレも一緒になってきたな~」ってぼんやり思えるほど「面白みが無くなってきた」と感じていました。 ですが、今回元々畑違いであるマックさんからご紹介があり、実際に見てみると・・・「え~!!これめっちゃカッコイイ!!」と思えるサンプルに出会ったです☆それふがこの AS-3700 ヒートリフレクト防水防寒ジャケット だった訳です。いやぁ、驚きましたよ。絶対作業服メーカーさんには出来ない、カジュアルショップにしか置けないデザインもそうですが、最終的に私が納得したポイントが え?作業用レインウェア顔負けの機能性wこれだけ盛り込んで、価格はしっかり”作業服価格”に当てはめてきた メーカーさんの企業努力がポイント高かったです☆ 【アウトドアレインウェアメーカーさんがホンキで作ったスーパーレインウェア☆】 ■秀逸なカッティングに感動!・・・その商品のシルエットの良し悪しを決めるカッティングがとにかく秀逸。アウターなので一般的なウェアと比べると”大作り”ですが、「アームホール」「脇下のスッキリ感」と「タイトな身幅」は、スタート地点が作業服のメーカーさんであれば怖くて手が出さない分野です。このメーカーさんの強みは 一般アパレルをスタート起点としているため、ターゲットが一般客層である という部分です。つまり、「一生懸命、作業用品として販売しなくても良い」という感覚なんです。しかし、昨今作業服業界も「細身シルエット」が主流になりつつあり、こういった革新的なシルエットが「割と」働くお客様にもしんとうしつつある雰囲気はあります。 ■さすが専門メーカー・・・作業用品向けでも一般向けでもレインウェアメーカーはレインウェアメーカーです。しかも専門に作っていますから、出来上がった製品は、とても完成度が高い「ホンモノ」となります。当商品もレインウェアの機能性を図る上で重要な数値となる「耐水圧」が現在、当店主力で販売しているワーク用レインウェアの基準と同等です。作業用カッパの強みは一日中雨の中でもぬれずに仕事が出来る。というものですから、その作業用レインウェアと同等の防水性という事であれば、一時的な雨しのぎで着る一般用としてはむしろ「過剰機能」かもしれません。 それだけ、防水性が高いですから、もちろん毎日のお仕事にも全く問題の無いレインウェアといえそうです。 ■優れた防寒性・・・素肌の触れる「首・顔」には即効性の高い防寒素材「フリース」を裏生地に採用し、インナーの袖との摩擦を考慮して袖の裏生地には滑りの良いキルティング素材を採用しています。驚くべき事は、 背中一面に装備された”銀色の素材”ですが、実はこれ、高級防寒素材の代名詞である「アルミ」なんです!!(驚) 。アルミ素材の特徴は、「着用者の体温を最大限利用する」点で、着用者の体温をアルミで反射し着用者の体にぶつけるんです。そうすることにより着用者の体温が上がり「暖かい」と感じる防寒素材です。ですから、着用者に熱があれば、どんな方でも暖かく過ごすことが可能となります☆■防寒カッパとしては驚異的な軽さ・・・当店にもたくさん作業用の防寒カッパは取り揃えがありますが、このモデルは「軽さ」の面では群を抜く製品です。どうしてもカッパって重いんだよな~、と諦めてしまったお客様、それはこの商品をお買い求めいただいてからご判断ください☆ どうです?企画の出発点が異なる異業種からのアプローチ商品では、こんなに仕上がりに差が出るものかと正直驚いてしまいます。 デザインもオシャレで、特に迷彩柄(カモフラ)は流行のカジュアル・カモと呼ばれる本格的な迷彩柄とは異なる、ちょっとポップなカラーリングで迷彩が苦手なお客様にもすんなり受け入れてもらえるデザインに仕上がっていると思います。まぁ、上着が派手派手仕様なので、お揃いの防水・防寒パンツはとても色調とデザインを抑えた形に仕上げています。ちょうど上下合わせると 派手派手トップスと、地味目なパンツのコーディネートが上下で見るとしっかるまとまっています。 最後に私が実際にこの商品を着てみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、防寒作業服を着るとしたら?:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 インナー=シャツ一枚、Lサイズでジャストサイズ! でした!!インナーにトレーナーを合わせるとしたら、LLサイズが良いと思います。お仕事専用として考えると・・・、やっぱりLLですかね。LでもLLでもイケたんですが、Lサイズはマックさん持ち前の「カジュアル・レインウェア」の着心地を存分に味わえるサイズ感でした。 ちょっと今までの防水・防寒レインウェアにちょっと飽きていた方、雨でも一日中お仕事をしなくてはならない方、バイクのタウン着でしたら、きっとカモフラ柄がバイクと相性バッチリでしょう!その他、単純に綺麗に着ていただいてオシャレ着として着用も可能、っていうか元々それ用に作られていますから、バッチリ似合うと思います☆ これから北海道は本格的な冬を迎えますが、きっと今年はこのモデルが札幌の工事現場、至るところでお目にかかれるのではないかと今から非常に楽しみです!! ※(新)サイズスペック サイズ参考身長着丈胸囲裄丈 M160-170 74121 86 L170-18076124 89 LL175-185 80 127 91 3L175-18586 134 95 4L 180-185 89 138 98

Makku マック 防水防寒中綿レインジャケット AS 3700 2016 WEX 防寒 カッパ 作 服 品質保証,人気SALE —— 1,700円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

Makku マック 防水防寒中綿レインジャケット AS 3700 2016 WEX 防寒 カッパ 作 服 品質保証,最新作

→お揃いの防水パンツ(1,990円)はコチラ! →Sから3Lサイズはコチラ! →【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「光電子」発熱丸首長袖肌着→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「光電子」発熱ズボン下肌着 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 寒い!今年は当方北海道はここ数年、っていうか去年の暖かい秋の印象が強すぎて今年の寒い秋には本当に辛い思いをしているのは私(作者)だけではないハズです。。。何が辛いかって?この時期の「雨」ですよ、雨!!ただでさえ気温が低いのに、降ってくる雨が更に「冷たい」んです(驚)。 私の場合、通勤手段が「自転車(所要時間20分)」のため、雨なんか降られると傘差すと道交法違反(知ってました?)ですから、カッパになるわけですが雨は防げても「寒さ」までは凌げないんです(悲) そんな時、まさに「ホット」なアイテムが私の手元に届きました☆正直、本日届くまでこの商品の存在をすっかり忘れていた私ですが、手元に届いた商品を見ると当時の感動「こんなの初めて見た!!!」という思いがまたこみ上げてきました。 そう! 当店が今回、自信満々でお伝えするアイテムは秋冬の強い味方☆完全防水・防寒レインウェア です。 ・・・・、「いやいや、もうお宅にはたくさん防寒レインウェアあるでしょ?何をもったいぶって・・・」と思っているお客様、確かに当店にはそれぞれ個性的な防寒レインウェアが現在も販売されていますが、全くコンセプトが異なる今回のレインウェアは見た目も「異色」、機能性も「別格」の 異次元防寒レインウェア と呼ぶにふさわしいアイテムなんです!! 販売しているところは多いですが、このメーカーさんの紹介をしているお店さんは少ないのでまずはメーカーさんのご紹介を。メーカーさんの名前は「Makku(マック)」さんといって日本のレインウェアを作っているいわば「レインウェア専門のメーカー」さんです。ひとつ、はっきり言っておきたい事は、 このメーカーさんは作業用品を作っているメーカーさんではなく、アウトドアシーンを主体としたレインウェアのメーカーさん、厳密にいうと我々作業用品業界とは元々”畑違い”のメーカーさん なんです。「いや、どっちでもイイんだけど・・・」というお客様、そうはいきません。作業用品のメーカーさんの「ものづくり」の感覚と、今までアウトドア業界をターゲットに成長を繰り返してきたマックさんとは、発想のスタートがそもそも違います。作業用品業界は「高い品質」と「高い機能性」、そして「作業服価格」が必須です。一方マックさんなど一般アパレルに属するメーカーさんは「見た目」と「高い機能性」、そして「一般アパレル常識価格」を念頭にものづくりを進めます。 「何が違うの?」っていうと、実は最後の「作業服価格」っていうのと「一般アパレル常識価格」っていうのが、かなり温度差があるんです・・・。当店の商品をご覧いただくとお気づきになると思いますが、基本的に「どれも安い」ですよね。これが作業服価格です。作業服はカッコよくても、形がよくても、価格が高いと1着も売れないんです。そりゃ、そうですよね、お仕事で着るんですからオシャレなお店で買うような価格をお客様も求めてはいないのです。では、一般アパレルはどうか?自分が好きでする趣味や、趣味を通じるアイテムを買い揃えるとき「最低価格でそろえる人ってそういない」と思います。予算もあると思いますが、それでも少しでもイイモノがほしい、欲しいと思ったら少しくらいの予算オーバーでも買っちゃえ!と踏ん切りが出来る・・・。これが作業服価格と一般アパレル価格の違いです。 作業用品のレインウェアっていうと、機能性(透湿性とか軽さとか)を最重要視するんでどうしても仕上がりが「地味」なんですよね。まぁ、それが良いというお客様もたくさんいらっしゃいますので、地味=ダメとは絶対にならないのですが、それでも私(作者)も最近他社さんのレインウェアを見ても「なんか、ドレも一緒になってきたな~」ってぼんやり思えるほど「面白みが無くなってきた」と感じていました。 ですが、今回元々畑違いであるマックさんからご紹介があり、実際に見てみると・・・「え~!!これめっちゃカッコイイ!!」と思えるサンプルに出会ったです☆それふがこの AS-3700 ヒートリフレクト防水防寒ジャケット だった訳です。いやぁ、驚きましたよ。絶対作業服メーカーさんには出来ない、カジュアルショップにしか置けないデザインもそうですが、最終的に私が納得したポイントが え?作業用レインウェア顔負けの機能性wこれだけ盛り込んで、価格はしっかり”作業服価格”に当てはめてきた メーカーさんの企業努力がポイント高かったです☆ 【アウトドアレインウェアメーカーさんがホンキで作ったスーパーレインウェア☆】 ■秀逸なカッティングに感動!・・・その商品のシルエットの良し悪しを決めるカッティングがとにかく秀逸。アウターなので一般的なウェアと比べると”大作り”ですが、「アームホール」「脇下のスッキリ感」と「タイトな身幅」は、スタート地点が作業服のメーカーさんであれば怖くて手が出さない分野です。このメーカーさんの強みは 一般アパレルをスタート起点としているため、ターゲットが一般客層である という部分です。つまり、「一生懸命、作業用品として販売しなくても良い」という感覚なんです。しかし、昨今作業服業界も「細身シルエット」が主流になりつつあり、こういった革新的なシルエットが「割と」働くお客様にもしんとうしつつある雰囲気はあります。 ■さすが専門メーカー・・・作業用品向けでも一般向けでもレインウェアメーカーはレインウェアメーカーです。しかも専門に作っていますから、出来上がった製品は、とても完成度が高い「ホンモノ」となります。当商品もレインウェアの機能性を図る上で重要な数値となる「耐水圧」が現在、当店主力で販売しているワーク用レインウェアの基準と同等です。作業用カッパの強みは一日中雨の中でもぬれずに仕事が出来る。というものですから、その作業用レインウェアと同等の防水性という事であれば、一時的な雨しのぎで着る一般用としてはむしろ「過剰機能」かもしれません。 それだけ、防水性が高いですから、もちろん毎日のお仕事にも全く問題の無いレインウェアといえそうです。 ■優れた防寒性・・・素肌の触れる「首・顔」には即効性の高い防寒素材「フリース」を裏生地に採用し、インナーの袖との摩擦を考慮して袖の裏生地には滑りの良いキルティング素材を採用しています。驚くべき事は、 背中一面に装備された”銀色の素材”ですが、実はこれ、高級防寒素材の代名詞である「アルミ」なんです!!(驚) 。アルミ素材の特徴は、「着用者の体温を最大限利用する」点で、着用者の体温をアルミで反射し着用者の体にぶつけるんです。そうすることにより着用者の体温が上がり「暖かい」と感じる防寒素材です。ですから、着用者に熱があれば、どんな方でも暖かく過ごすことが可能となります☆■防寒カッパとしては驚異的な軽さ・・・当店にもたくさん作業用の防寒カッパは取り揃えがありますが、このモデルは「軽さ」の面では群を抜く製品です。どうしてもカッパって重いんだよな~、と諦めてしまったお客様、それはこの商品をお買い求めいただいてからご判断ください☆ どうです?企画の出発点が異なる異業種からのアプローチ商品では、こんなに仕上がりに差が出るものかと正直驚いてしまいます。 デザインもオシャレで、特に迷彩柄(カモフラ)は流行のカジュアル・カモと呼ばれる本格的な迷彩柄とは異なる、ちょっとポップなカラーリングで迷彩が苦手なお客様にもすんなり受け入れてもらえるデザインに仕上がっていると思います。まぁ、上着が派手派手仕様なので、お揃いの防水・防寒パンツはとても色調とデザインを抑えた形に仕上げています。ちょうど上下合わせると 派手派手トップスと、地味目なパンツのコーディネートが上下で見るとしっかるまとまっています。 最後に私が実際にこの商品を着てみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、防寒作業服を着るとしたら?:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 インナー=シャツ一枚、Lサイズでジャストサイズ! でした!!インナーにトレーナーを合わせるとしたら、LLサイズが良いと思います。お仕事専用として考えると・・・、やっぱりLLですかね。LでもLLでもイケたんですが、Lサイズはマックさん持ち前の「カジュアル・レインウェア」の着心地を存分に味わえるサイズ感でした。 ちょっと今までの防水・防寒レインウェアにちょっと飽きていた方、雨でも一日中お仕事をしなくてはならない方、バイクのタウン着でしたら、きっとカモフラ柄がバイクと相性バッチリでしょう!その他、単純に綺麗に着ていただいてオシャレ着として着用も可能、っていうか元々それ用に作られていますから、バッチリ似合うと思います☆ これから北海道は本格的な冬を迎えますが、きっと今年はこのモデルが札幌の工事現場、至るところでお目にかかれるのではないかと今から非常に楽しみです!! ※(新)サイズスペック サイズ参考身長着丈胸囲裄丈 M160-170 74121 86 L170-18076124 89 LL175-185 80 127 91 3L175-18586 134 95 4L 180-185 89 138 98

Makku マック 防水防寒中綿レインジャケット AS 3700 2016 WEX 防寒 カッパ 作 服 品質保証,最新作 —— 3,500円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

MAKKU マック 防水防寒2WAYリバーシブルパーカージャケット AS 3500 2016 WEX 新作 防寒 カッパ 限定SALE,新作

【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■毎年大ヒットのAS-3100サーモセーバー■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■本格耐水圧10,000mmモデルはこちら■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 一体いつからでしょうか・・・。今までは作業用品って作業用品メーカーだけが作るものだったんですが、いつの頃からか 防寒レインウェアに関しては一般流通されているアウトドアメーカーさんで作られている防寒レインウェア が売り場を席巻しはじめました。確かに流行という鋭い刃物と隣り合わせの業界で競争力を蓄えてきた事もあり、どれも作業用品としても流用出来る防寒レインウェアの多くはカッコよくてセンスが良いのが特徴です。 今回ご紹介するのは、あの大ヒット防寒レインウェア「AS-3100 サーモセーバー」を世に生み出したメーカーさん、MAKKU(マック)さんの新作防寒レインウェアのご紹介です!! 実はこの商品、2015年の夏には既に投入を決めていて発注も出していました。入荷も今よりもず~と早かったのですが、ちょっと当店の方で思うところがあり投入(掲載)を見合わせておりました・・・。 それは思いもよらない「全国的な暖冬」が列島を覆い、マックさんの主力商品「AS-3100」でさえも元気がない状態・・・。この状態で更に新商品を出すのはいかがものか・・・と躊躇しておりました。 しかし、ようやく先週主力商品「AS-3100」が当店の予測通りに販売出来、かなり遅れてしまいましたがようやくこの商品をお伝えしても良いという判断に至りました!!だって、こんなにイイ商品を暖冬で防寒着の動きが鈍い中リリースして結果ふるわない結果になった時、この商品の来シーズンが決まってしまうんです(泣)。そう、反応が悪かった商品の末路とは・・・「廃番」です。なので当店としては来シーズンもしっかりと販売したいので、「売れるタイミング(寒くなるタイミング)」をず~っと見計らっておりました!! それでは、ご覧ください!! マック社AS-3500 2way防寒レインジャケット のご紹介です☆ 「なんだよ、散々焦らして結局レインウェアかよ」ってお嘆きのお客様、当店がそんな薄っぺらい事するわけがないじゃないですか~。この商品の品名にもなっている「2WAY(2通り)」っていうのがヒントです。お、ピーン☆ときたお客様はさすがです!!そうなんです!!この商品、 レインウェアと普通の防寒着、2つの両面リバーシブルをウリにしたモデル!!! なんです!!驚きじゃないですか?!片方が「レインウェア」でひっくり返すと「ダウン風防寒着」です。今まで私も腑に落ちない事があったんです。それは「防寒レインウェアっていくらカッコよくても結局は雨の日にしか着れないんでしょ?!」っていう事、そう思うお客様もきっと多かったですよね。なのでカッコイイ防寒レインウェアを買ったとしても結局は普段着用にもう一着普通の防寒着を買わなきゃならない→コスト高。っていう風に思っちゃうんです。 そのモヤモヤを見事に解消したのがこのモデル。晴れた日に着れるレインウェアって本当に魅力的だと思いませんか? お仕事に必要な頑丈さと、実用性も兼ねたリバーシブル、そして思ったよりも高機能な品質はきっと皆さん「それなら1着はあってもイイかな?」って思える逸品です☆ 【まさにマルチ・ウェア!オールマイティなスペックをご紹介!!】 ■素材・・・A面(防水加工)→カモフラ柄の表生地は引き裂きに強いリップストップ加工を用いたポリエステル素材。更に生地の裏から ポリウレタンコーティング を施しており、耐水圧3,000mmを実現、その上縫合箇所の縫い目からの浸水を防止するため目止め加工「シームテープ」で縫い目の上からフィルムで覆っており、極限まで縫い目からの浸水は予防しました。    ・・・B面(中綿加工)→防水生地と同じリップストップのポリエステルを使用しているが、生地裏のコーティングと目止め加工は行っていないため、防水素材にはなっていません。こちらはコーティングがない分表生地と縫い目の穴から通気性に富んでいるので晴れた日に着用することに向いています。暖かさを有するためにたっぷりの中綿(ポリエステル)も含み、綿落ちを軽減するため、横方向にキルティングを設けています。 ■止水テープ・・・A面のフロントファスナーはファスナーからの浸水を防ぐために「止水ファスナー」を採用。たとえバケツの水を正面から受けてもファスナーからの浸水は絶対に発生しません。 ■フード・・・おまけになりがちなフードにもしっかりと中綿が入っているのでボリューム満点。最近、強く感じるのですが、このフードの付け方で商品の印象がガラッと変わってしまいます。このタイプは俗に言う「パーカージャケット」というタイプで、ボディとの一体感がとても良いため、フードをたたんで後ろに流しても程よいボリューム感で「立ち上がる」感じがGOODです。ペタッと寝てしまうタイプではなく、なんならネックウォーマーのようなフードの立ち上がりは見た目にもそして防寒用としても一役買っています。 ■ジッパーヘッド・・・リバーシブルって疑問に思う事がひとつあります。それはジッパーがどういう風にリバーシブルに対し対応しているかという事です。当モデルはジッパーがクルッと向きを変えることによりA面にもB面にも対応しています。 ■シルエット・・・私たちがいる作業着業界の観点からいうとこのモデルは「細身」だと思います。ただしアウトドアウェア業界からみると、決して「細身でもない」ような気がします。身幅やアームホールを見てもインナーにあともう1枚は厚手のインナーを着用できるほどの余白は設けており、この適度な余白は温められた空気を維持するためにも一役買っています。 ■質感・・・・・・AB面両方に言えることは結構「シャカシャカ」しています。なのであのシャカシャカ音が嫌いなお客様にはあまりお勧めできません。逆にシャカシャカしまくりのアウトドアウェアに慣れ親しんだお客様なら全くストレスにならないレベルだと思います。 唯一、気をつけなくてはならないのは「耐水圧3,000mm」ではないでしょうか?正直私も「耐水圧3,000mmってカッパって言えるの?」と思っていましたが、要は「圧力」の話なので表生地に水がついた状態で3,000mmを超える圧力がかかるかどうかっていう話です。私が調べたところ耐水圧3,000mmっていうのは「尻もちをつく」「立てひざ」「地面に肘をつく」と3,000mmくらいの圧力にあるようです。つまりは「このレインウェアを着てやってはならない事」と言えそうです。 その代わり、どんなに豪雨でも上記の動作をしない限り耐水圧3,000mmでも雨は凌ぐようです。 調べた上でもう一つ、気をつけてもらいたいことが私個人的には「バイクもNG」にしたいと思います。当然耐水圧3,000mmでも運転上は問題ないと思っていますが、 シートに長時間腰を掛けている事と、ちょっとした雨でもバイクの風圧が耐水圧を超えてしまい浸水する ことを予測してのNGです。カッコいいのでお気に入りのバイクに使いたいのはよく分かりますが、適正上「向いているとは言い難い」仕様です。 私も通勤時、雨の時はレインウェアを着ていますが余程のことがない限りは「レインパンツを履かない」です。結構、こういうお客様、多いんじゃないかと思っています。通勤や通学時にレインウェアを着用するお客様や、アウトドアレジャー全般、冬場のサイクリングや軽登山、お仕事であれば屋内と屋外を行き来する事が多い工場勤務のお客様や、車屋さんのスタッフさん共用ウェア、天候の変化が激しい環境でお仕事をする林業や土木産業にもお勧めです。 最後に私が実際に着てみました!! 身長:178cm、体重:72kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、普段着る作業着上着のサイズ:LLサイズ、普段着るツナギのサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 インナーにシャツとTシャツ2枚着用してもLサイズでも問題なし!! でした!!普段着も兼ねているのでそんなにデカデカ着たくないというのもありますが、Mだと窮屈だし、Lサイズでも手の長さに余裕があったので、私が買うならLサイズ!にしました!! 安価品のカモフラにあるような「大きな迷彩柄」ではなくて、小ぶりで細かいカモフラ柄を採用している事にメーカーさんのセンスの良さを感じます。またカラーもグリーンとブラウンの2色をご用意。これも画像を見ていただくと似てるんですよね~。こういうのは作業着のメーカーさんだと「どっちも似たような色だから1色でイイだろ」とか言って1色になっちゃうんです(笑)。こういうこだわりの高さが今、作業着を求めるお客様のハートをグッと掴んでいる気がしてなりません。

MAKKU マック 防水防寒2WAYリバーシブルパーカージャケット AS 3500 2016 WEX 新作 防寒 カッパ 限定SALE,新作 —— 4,100円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

Prono プロノ 全面裏アルミプリントジャケット RL UAJ151 新作入荷

→■4L~5Lサイズはこちら■→■ベストタイプはこちら■ ――――お買い得すぎる防寒服!! 今年も肌寒い季節がやってまいりましたね・・・! 皆様、防寒服のご準備はお済ですか?まだ用意できてない!という方も、既にお持ちの方にも朗報ですよ~!!今回は、びっくり価格の防寒服のご紹介です!!この機能でこの価格なら全色揃えたくなっちゃいますよ!! ■■ココがポイント!!■■ 1:快適な暖かさ! 一見シンプルに見えますが、実は裏返すと・・・ ギラッギラ眩しい全面裏アルミプリント!!! になっているんです(笑) これはかなり迫力があります!!もちろん着用時には見えないのでご安心くださいね(笑)アルミは体温を反射し、保温してくれる効果があり、発熱ではないため暑くなりすぎず快適な暖かさを保ってくれる特徴があります。このお値段で、まさか裏地が全面裏アルミプリントになっているなんて誰が想像できるでしょうか・・・更に、着用時に直接触れる首元にはフリース生地を使用し、暖かな肌あたり。ほんのちょっとの工夫ですが、寒い日に上着を羽織った瞬間のヒンヤリ感って結構つらいですよね・・・これは嬉しい配慮です。正直今のご時世で、アルミプリントが無くても同じようなお値段で手に入れられる商品は少ないと思います。これは絶対お買い得ですよ・・・!! 2:軽いっ! 重さを量ってみると、ベストはなんと260g(Mサイズ)、ジャケットは410g(Mサイズ)でした!500ミリリットルのペットボトル飲料よりも軽く、(ベストに関してはまさかの約半分!!)羽織っていても重さはほとんど感じませんでした!!これならストレスフリーで寒い日もスイスイ動けちゃいますね! 3:意外な収納力! すみません。正直、甘く見ていました(笑)全面裏アルミプリントでこのお値段なので、さすがに他に機能はないでしょう・・・と思っていたのですが!!よく見てみて下さい!ポケットが意外に多いんです・・・!!ベスト・ジャケット共通で左胸ポケット(ファスナー付)、両サイドポケット、更に左胸の内側にスマホもすっぽり入るサイズのポケット+ペン差の合計5ポケット!更にジャケットには左腕にもペン差が付いて合計6ポケットが付いているんです!こんなに収納できたら、荷物の少ない方ならカバンはいらないかも!? 4:絶妙な質感・色味で高級感あり! お買い得すぎるものって、見た目がちょっとダサいんじゃないの?と思っていませんか?でも、この商品はむしろカッコイイ。見た目にもとことんこだわって作られた自信作です。この商品は、「安いのに高そうに見える・オシャレに見える」、まさに当店のコンセプト通りの商品なんです。ゴテゴテとした装飾は一切排除し、ごくシンプルに。生地には光沢と陰影のあるポリエステル素材を使用し、色は原色でなく深みのある落ち着いたレッド・ブルー・ブラックの3色を選びました。この光沢と陰影、更に深みのある色がこの商品に高級感をもたらしてくれているんですね。また、生地をよく見ると縦と横に格子状の模様が見えますが、実はこれ、「リップストップ加工」といって、万一生地が裂けてもそれ以上広がるのを防いでくれるんです。見た目よし、機能よしの優秀生地というわけなんです。 いかがでしょうか? シンプルでスポーティーなデザインなので、お仕事はもちろんプライベートでも、更に外だけでなく室内でも着用して頂けると思います。外なら通勤・通学・犬の散歩・DIY・ガーデニング・農家さんや建設業の方など、室内なら自宅で暖房費の節約・倉庫業・工場勤務・運送業の方などなど・・・さすがに真冬の北海道で外で着るのは厳しいと思いますが、ベストは袖が無いので中に着る服次第ですが、ジャケットの適応気温はおよそ0度、中に暖かいセーターなどで防寒すれば、マイナス5度くらいまでは大丈夫そうです!※あくまで目安です! ■■実際に着てみました!!■■  最後に、実際に男性スタッフに着用してもらいました!!   身長170cm、体重60kg、ウエスト76cm、普段着るアウターのサイズ:Mサイズの男性スタッフに着てもらったところ、Mサイズでピッタリ でした!着用時は中にYシャツ1枚+細身のチノパンでしたが、冬にはセーターの上からでも着れそうな余裕はあるとのことでした。丈が短めでお尻は隠れず、ベルトの下あたりまでの長さのため、着用するとスッキリしたシルエットに見えますよ!

Prono プロノ 全面裏アルミプリントジャケット RL UAJ151 新作入荷 —— 1,900円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

Prono プロノ 全面裏アルミプリントジャケット RL UAJ151 最新作,限定SALE

→■Mから3Lサイズはコチラ■→■ベストタイプはこちら■ ――――お買い得すぎる防寒服!! 今年も肌寒い季節がやってまいりましたね・・・! 皆様、防寒服のご準備はお済ですか?まだ用意できてない!という方も、既にお持ちの方にも朗報ですよ~!!今回は、びっくり価格の防寒服のご紹介です!!この機能でこの価格なら全色揃えたくなっちゃいますよ!! ■■ココがポイント!!■■ 1:快適な暖かさ! 一見シンプルに見えますが、実は裏返すと・・・ ギラッギラ眩しい全面裏アルミプリント!!! になっているんです(笑) これはかなり迫力があります!!もちろん着用時には見えないのでご安心くださいね(笑)アルミは体温を反射し、保温してくれる効果があり、発熱ではないため暑くなりすぎず快適な暖かさを保ってくれる特徴があります。このお値段で、まさか裏地が全面裏アルミプリントになっているなんて誰が想像できるでしょうか・・・更に、着用時に直接触れる首元にはフリース生地を使用し、暖かな肌あたり。ほんのちょっとの工夫ですが、寒い日に上着を羽織った瞬間のヒンヤリ感って結構つらいですよね・・・これは嬉しい配慮です。正直今のご時世で、アルミプリントが無くても同じようなお値段で手に入れられる商品は少ないと思います。これは絶対お買い得ですよ・・・!! 2:軽いっ! 重さを量ってみると、ベストはなんと260g(Mサイズ)、ジャケットは410g(Mサイズ)でした!500ミリリットルのペットボトル飲料よりも軽く、(ベストに関してはまさかの約半分!!)羽織っていても重さはほとんど感じませんでした!!これならストレスフリーで寒い日もスイスイ動けちゃいますね! 3:意外な収納力! すみません。正直、甘く見ていました(笑)全面裏アルミプリントでこのお値段なので、さすがに他に機能はないでしょう・・・と思っていたのですが!!よく見てみて下さい!ポケットが意外に多いんです・・・!!ベスト・ジャケット共通で左胸ポケット(ファスナー付)、両サイドポケット、更に左胸の内側にスマホもすっぽり入るサイズのポケット+ペン差の合計5ポケット!更にジャケットには左腕にもペン差が付いて合計6ポケットが付いているんです!こんなに収納できたら、荷物の少ない方ならカバンはいらないかも!? 4:絶妙な質感・色味で高級感あり! お買い得すぎるものって、見た目がちょっとダサいんじゃないの?と思っていませんか?でも、この商品はむしろカッコイイ。見た目にもとことんこだわって作られた自信作です。この商品は、「安いのに高そうに見える・オシャレに見える」、まさに当店のコンセプト通りの商品なんです。ゴテゴテとした装飾は一切排除し、ごくシンプルに。生地には光沢と陰影のあるポリエステル素材を使用し、色は原色でなく深みのある落ち着いたレッド・ブルー・ブラックの3色を選びました。この光沢と陰影、更に深みのある色がこの商品に高級感をもたらしてくれているんですね。また、生地をよく見ると縦と横に格子状の模様が見えますが、実はこれ、「リップストップ加工」といって、万一生地が裂けてもそれ以上広がるのを防いでくれるんです。見た目よし、機能よしの優秀生地というわけなんです。 いかがでしょうか? シンプルでスポーティーなデザインなので、お仕事はもちろんプライベートでも、更に外だけでなく室内でも着用して頂けると思います。外なら通勤・通学・犬の散歩・DIY・ガーデニング・農家さんや建設業の方など、室内なら自宅で暖房費の節約・倉庫業・工場勤務・運送業の方などなど・・・さすがに真冬の北海道で外で着るのは厳しいと思いますが、ベストは袖が無いので中に着る服次第ですが、ジャケットの適応気温はおよそ0度、中に暖かいセーターなどで防寒すれば、マイナス5度くらいまでは大丈夫そうです!※あくまで目安です! ■■実際に着てみました!!■■  最後に、実際に男性スタッフに着用してもらいました!!   身長170cm、体重60kg、ウエスト76cm、普段着るアウターのサイズ:Mサイズの男性スタッフに着てもらったところ、Mサイズでピッタリ でした!着用時は中にYシャツ1枚+細身のチノパンでしたが、冬にはセーターの上からでも着れそうな余裕はあるとのことでした。丈が短めでお尻は隠れず、ベルトの下あたりまでの長さのため、着用するとスッキリしたシルエットに見えますよ!

Prono プロノ 全面裏アルミプリントジャケット RL UAJ151 最新作,限定SALE —— 2,300円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

Snap on スナップオン ミックス柄ウインドブロックジャケット SNO WJ141 2015 EXS 防寒 作 服 人気,新作登場

→■S~3Lサイズはコチラ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  きっと、待っていたお客様も多いかと思います。今年の6月に突然バナーが出現し、当店のお客様が良い意味でザワつきました。  本当は、順調に行けばもっと早くにお伝えできたのですが、やっぱり企業と企業、ましてやその相手先が日本企業ではないとなったら、実際に私が思う以上に大変なことが多々ありまして、実質2ヶ月くらい遅れてようやくお伝えできるようになりました!!  声を大にして発表しますね!!せ~っの!! この度、当店(当社)はアメリカン・ツールブランド「Snap-on」とライセンス契約を結びました!! そうなんです!!ちょっと車や、バイクに興味があるお客様ならまずこの名前を知らない人はいないでしょう!!キング・オブ・ツールの名前がふさわしい、恐らく 「世界で一番有名で、世界で一番高級な工具」 なスナップオンのワーク・アパレル部門を、なんと当店(当社)が担当させてもらえるようになったんです!!これって凄いことですよね!! 「え~!スナップオンっていうからてっきり工具を扱うかと思った」っていうガッカリ感満載のお客様、スナップオンは工具の流通に際して非常に厳しい取り扱い基準を設けており、工具を当店(当社)が取り扱うメリットはほぼありません。「餅は餅屋」っていう言葉がある通り、結局は工具のような専門性の高い商品は、その筋の専門店が販売した方が結局がお客様もメリットがあるというものです。では、当店でスナップオンアパレルを取り扱う価値はドコにあるのか?それはズバリ、 当店が培ってきた作業着としてのノウハウを、スナップオン・アパレルの開発に十分活かせる!! という事が挙げられます。スナップオンとしても工具は一流ですから、あとは「それを使う人(メカニックさん)に一流になってもらう=着用する作業着もスナップオンにしてもらう=工具も一流、着るものも一流で当然出る仕事の成果も超一流!!」っていう流れにもっていきたいと常日頃から考えていたみたいで、そんな時縁がありこちらからからお声を掛けさせて頂き実現したんです!!  さすが、日頃からアパレルにも興味があったというだけあって、初めてお会いした時からリクエストの雨、あられでその日はメモするだけでへとへとになってしまいましたが、「適当にロゴつけて売ってくれればいいよ」的な超適当な対応ではなく、本当に熱意があってこそのスナップオン・アパレルなんだな~!と本当に関心してしまいました。 そして、今回様々なディスカッションを経て誕生したモデルが、 ウインド・ブレーカー・ジャケット です!!これはスナップオンさんからも熱望されていたアイテムですが、当店としてもまずは「得意」な分野で勝負したいと思い、輝かしい「当社スナップオンラインセンス商品第一号」としてリリースが決定いたしました!!  スナップオンを扱う業者さんはズバリ、「車屋さん」と「バイク屋さん」と「超リッチなサンメカさん」です。「え?工具のメーカーと使う業種なんてドレも一緒なんじゃないの??」っていうお客様、そんな事言ったら工具使っているお客様に怒られますよ。工具を扱うワーカーさんは皆、「こだわりと誇りを持って」工具を使いお仕事をしています。  何故、業種によって使う工具とメーカーさんが異なるかというと、一つは「業種ごとに主要ネジのサイズが違う」という事と、「対象物が海外製」っていうのが実情としてあるようです。例えば大工さんが使うサイズっていうのは14mmを越える大きなネジが対象ですが、車・バイクの整備では6-8-10-12mmなど比較的小さいサイズが主要です。スナップオンはアメリカの工具なので、アメリカの車(アメ車)と相性が抜群です。やっぱりアメリカで作られたネジは、アメリカの工具で回したほうがしっくりくるのは間違いないです。  「日本の工具が精度では世界一でしょう!」っていうお客様、確かに日本には機械よりも精度の高い職人さんがたくさんおり、日本製の工具をこよなく愛す世界の工具ファンもたくさんおります。ただ、「ネジを回す」っていう事に関しては精度も大事なんですが工具もネジも鉄であり、「相性」が一番大事です。  仕事の成果を常に問われるワーカーさんが工具にこだわりを見せるのは当たり前です。そんなこだわり要素の高いワーカーさんに今回オススメするのが、このウインドブレーカーです。「あれ?でも品名にはウインド・ブロッカーって書いてあるけど??」っていうお客様、とても鋭い。そうなんです。正式名称は「ウインドブロッカー」です。でもウインドブロッカーって言ってもピンと来ないお客様もいらっしゃると思ったので、今回は一般的にイメージしやすい「ウインドブレーカー」としてご紹介させていただきました。 【ウインド・ブレーカーorブロッカー?機能性の違いあり!!】 ■メカニズム・・・ウインドブレーカーは「風を避ける」という意味、ウインドブロッカーは「風を壊す」という意味から風から身を守るという目的上ではウインドブロッカーの方が効果が高い事ということがいえそうです。 ■仕様の違い・・・ウインドブレーカーはポリエステルやナイロンで表生地が生成されており、その裏にはメッシュがついていることが多いです。ウインドブロッカーは、多層構造により風そのものの「風の貫通を防ぐ」事を目的に作られており、ポリエステルやナイロンが使用されることもありますが、ニットや質感の良い表素材の下に、防風フィルムをかませて、裏生地を貼り付ける「ボンディング」という多層構造で風を完全にシャットアウトする事を目的に作られています。 ■デメリット・・・ウインドブレーカーは表生地の厚さにどれだけウインドブレーカーとしての防風性があるか左右されます。薄ければ強風の際、冷たい秋風がウインドブレーカーを貫通し衣服内が冷たく、寒く感じます。その変わり風が通過するということは「通気性が高い」という事になり衣服内で「汗やムレが発生する」ことは少ないといえます。 一方、ウインドブロッカーは多層構造生地によりどんなに強風が吹いても 衣服内に冷たい風が通過する事は物理学上、ありえません っていう事で、徹底的に風による寒さを感じない作りになっていますが、機密性が高い分ムレや汗も感じやすく、暖房が効いた室内などではサッと脱いでしまうほうが良いと思います。  ここまで説明して、ようやくこの商品が「ウインドブロッカー」である事がきちんとお伝えできます。主に外やこれから寒い展示ルームや整備エリアでアウターとして着てもらいたくて作りました。もちろん営業の際も着ていたらカッコイイと思いますし、納車のときとかスタッフさんが着ていたら、カッコイイなぁと私でも思っちゃいます。 また、高価なスナップオンツールをお買い求めいただいた際の「ノベルティ」としてご用意しても、きっと工具をお買い求めになったお客様はお喜びいただけるのではないかと思っています。是非、スナップオンの良さが分かる車屋さんには「定番モデル&ちょい買い足しモデル」としてお車やバイク、工具と一緒に展示していただけましたら幸いです。  最後に実際に着用してみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、普段着るインナーのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 インナーシャツ1枚でLサイズでピッタリ☆ でした!!結構、裾に余裕があったので、つなぎの上からも着れるかもしません。 最後の最後に、「スナップオンのアパレルであれば、サイズ感はやっぱりアメリカンサイズ?」とギモンに思うお客様も多いと思いますのでお伝えいたしますが、当商品は日本人のサイズに合わせて企画されておりますので、普段着用されているサイズでほぼ間違いないと思います☆  ちなみに当商品、全国各地をカッコイイ車で回っている「スナップオン・バンセーラー」さんでも並行して扱いますので、お買い求めしやすい方でお求めください!!スナップオンっていうと「ピンスト(ピンストライプ)」や「フレアパターン」でコテコテのアメリカンウェアを想像していたお客様も多いと思いますが、今回のような一件シンプルな色調の方が様々なシーンで役立つので、1着あると結構便利ですよ!! サイズ 着丈 胸囲 裾幅 裄丈 S 70 102 100 80 M 72 106 104 83 L 74 110 108 86 LL 76 114 112 89 3L 78 118 116 92 4L 80 122 120 92

Snap on スナップオン ミックス柄ウインドブロックジャケット SNO WJ141 2015 EXS 防寒 作 服 人気,新作登場 —— 6,300円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

Snap on スナップオン ミックス柄ウインドブロックジャケット SNO WJ141 正規品,限定SALE

→■4Lサイズはコチラ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  きっと、待っていたお客様も多いかと思います。今年の6月に突然バナーが出現し、当店のお客様が良い意味でザワつきました。  本当は、順調に行けばもっと早くにお伝えできたのですが、やっぱり企業と企業、ましてやその相手先が日本企業ではないとなったら、実際に私が思う以上に大変なことが多々ありまして、実質2ヶ月くらい遅れてようやくお伝えできるようになりました!!  声を大にして発表しますね!!せ~っの!! この度、当店(当社)はアメリカン・ツールブランド「Snap-on」とライセンス契約を結びました!! そうなんです!!ちょっと車や、バイクに興味があるお客様ならまずこの名前を知らない人はいないでしょう!!キング・オブ・ツールの名前がふさわしい、恐らく 「世界で一番有名で、世界で一番高級な工具」 なスナップオンのワーク・アパレル部門を、なんと当店(当社)が担当させてもらえるようになったんです!!これって凄いことですよね!! 「え~!スナップオンっていうからてっきり工具を扱うかと思った」っていうガッカリ感満載のお客様、スナップオンは工具の流通に際して非常に厳しい取り扱い基準を設けており、工具を当店(当社)が取り扱うメリットはほぼありません。「餅は餅屋」っていう言葉がある通り、結局は工具のような専門性の高い商品は、その筋の専門店が販売した方が結局がお客様もメリットがあるというものです。では、当店でスナップオンアパレルを取り扱う価値はドコにあるのか?それはズバリ、 当店が培ってきた作業着としてのノウハウを、スナップオン・アパレルの開発に十分活かせる!! という事が挙げられます。スナップオンとしても工具は一流ですから、あとは「それを使う人(メカニックさん)に一流になってもらう=着用する作業着もスナップオンにしてもらう=工具も一流、着るものも一流で当然出る仕事の成果も超一流!!」っていう流れにもっていきたいと常日頃から考えていたみたいで、そんな時縁がありこちらからからお声を掛けさせて頂き実現したんです!!  さすが、日頃からアパレルにも興味があったというだけあって、初めてお会いした時からリクエストの雨、あられでその日はメモするだけでへとへとになってしまいましたが、「適当にロゴつけて売ってくれればいいよ」的な超適当な対応ではなく、本当に熱意があってこそのスナップオン・アパレルなんだな~!と本当に関心してしまいました。 そして、今回様々なディスカッションを経て誕生したモデルが、 ウインド・ブレーカー・ジャケット です!!これはスナップオンさんからも熱望されていたアイテムですが、当店としてもまずは「得意」な分野で勝負したいと思い、輝かしい「当社スナップオンラインセンス商品第一号」としてリリースが決定いたしました!!  スナップオンを扱う業者さんはズバリ、「車屋さん」と「バイク屋さん」と「超リッチなサンメカさん」です。「え?工具のメーカーと使う業種なんてドレも一緒なんじゃないの??」っていうお客様、そんな事言ったら工具使っているお客様に怒られますよ。工具を扱うワーカーさんは皆、「こだわりと誇りを持って」工具を使いお仕事をしています。  何故、業種によって使う工具とメーカーさんが異なるかというと、一つは「業種ごとに主要ネジのサイズが違う」という事と、「対象物が海外製」っていうのが実情としてあるようです。例えば大工さんが使うサイズっていうのは14mmを越える大きなネジが対象ですが、車・バイクの整備では6-8-10-12mmなど比較的小さいサイズが主要です。スナップオンはアメリカの工具なので、アメリカの車(アメ車)と相性が抜群です。やっぱりアメリカで作られたネジは、アメリカの工具で回したほうがしっくりくるのは間違いないです。  「日本の工具が精度では世界一でしょう!」っていうお客様、確かに日本には機械よりも精度の高い職人さんがたくさんおり、日本製の工具をこよなく愛す世界の工具ファンもたくさんおります。ただ、「ネジを回す」っていう事に関しては精度も大事なんですが工具もネジも鉄であり、「相性」が一番大事です。  仕事の成果を常に問われるワーカーさんが工具にこだわりを見せるのは当たり前です。そんなこだわり要素の高いワーカーさんに今回オススメするのが、このウインドブレーカーです。「あれ?でも品名にはウインド・ブロッカーって書いてあるけど??」っていうお客様、とても鋭い。そうなんです。正式名称は「ウインドブロッカー」です。でもウインドブロッカーって言ってもピンと来ないお客様もいらっしゃると思ったので、今回は一般的にイメージしやすい「ウインドブレーカー」としてご紹介させていただきました。 【ウインド・ブレーカーorブロッカー?機能性の違いあり!!】 ■メカニズム・・・ウインドブレーカーは「風を避ける」という意味、ウインドブロッカーは「風を壊す」という意味から風から身を守るという目的上ではウインドブロッカーの方が効果が高い事ということがいえそうです。 ■仕様の違い・・・ウインドブレーカーはポリエステルやナイロンで表生地が生成されており、その裏にはメッシュがついていることが多いです。ウインドブロッカーは、多層構造により風そのものの「風の貫通を防ぐ」事を目的に作られており、ポリエステルやナイロンが使用されることもありますが、ニットや質感の良い表素材の下に、防風フィルムをかませて、裏生地を貼り付ける「ボンディング」という多層構造で風を完全にシャットアウトする事を目的に作られています。 ■デメリット・・・ウインドブレーカーは表生地の厚さにどれだけウインドブレーカーとしての防風性があるか左右されます。薄ければ強風の際、冷たい秋風がウインドブレーカーを貫通し衣服内が冷たく、寒く感じます。その変わり風が通過するということは「通気性が高い」という事になり衣服内で「汗やムレが発生する」ことは少ないといえます。 一方、ウインドブロッカーは多層構造生地によりどんなに強風が吹いても 衣服内に冷たい風が通過する事は物理学上、ありえません っていう事で、徹底的に風による寒さを感じない作りになっていますが、機密性が高い分ムレや汗も感じやすく、暖房が効いた室内などではサッと脱いでしまうほうが良いと思います。  ここまで説明して、ようやくこの商品が「ウインドブロッカー」である事がきちんとお伝えできます。主に外やこれから寒い展示ルームや整備エリアでアウターとして着てもらいたくて作りました。もちろん営業の際も着ていたらカッコイイと思いますし、納車のときとかスタッフさんが着ていたら、カッコイイなぁと私でも思っちゃいます。 また、高価なスナップオンツールをお買い求めいただいた際の「ノベルティ」としてご用意しても、きっと工具をお買い求めになったお客様はお喜びいただけるのではないかと思っています。是非、スナップオンの良さが分かる車屋さんには「定番モデル&ちょい買い足しモデル」としてお車やバイク、工具と一緒に展示していただけましたら幸いです。  最後に実際に着用してみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、普段着るインナーのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 インナーシャツ1枚でLサイズでピッタリ☆ でした!!結構、裾に余裕があったので、つなぎの上からも着れるかもしません。 最後の最後に、「スナップオンのアパレルであれば、サイズ感はやっぱりアメリカンサイズ?」とギモンに思うお客様も多いと思いますのでお伝えいたしますが、当商品は日本人のサイズに合わせて企画されておりますので、普段着用されているサイズでほぼ間違いないと思います☆  ちなみに当商品、全国各地をカッコイイ車で回っている「スナップオン・バンセーラー」さんでも並行して扱いますので、お買い求めしやすい方でお求めください!!スナップオンっていうと「ピンスト(ピンストライプ)」や「フレアパターン」でコテコテのアメリカンウェアを想像していたお客様も多いと思いますが、今回のような一件シンプルな色調の方が様々なシーンで役立つので、1着あると結構便利ですよ!! サイズ 着丈 胸囲 裾幅 裄丈 S 70 102 100 80 M 72 106 104 83 L 74 110 108 86 LL 76 114 112 89 3L 78 118 116 92 4L 80 122 120 92

Snap on スナップオン ミックス柄ウインドブロックジャケット SNO WJ141 正規品,限定SALE —— 5,900円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

Sun3San サンサンサン 裏ボアジャケット S3S BJ1409 2016 WEX 防寒 作 服 レディース *ジャンパー レディース 防寒* 定番人気,人気SALE

■一緒に裏ボアパンツもおススメ■ ■一緒に裏ボア巻きスカートもおススメ■ ■足元まで暖かいとシアワセになれる♪■ モデル着用アイテム:黒パンツ→裏ボアパンツ/S3S-BP1410 帽子→WARM KNIT CASKET/S3S-BK1412YT モデル着用サイズ:Mサイズ(身長153cm) 必見、製作者が語るアピールポイント!!  「Sun3San」に待望の秋冬モノが久々に登場!知っての通り、「Sun3San」は畑美人さんのために誕生したブランドです。収穫の秋目指してキラキラ汗して働く状況を想定しているので、春夏商品が特に充実してます☆ その代わり春夏に比べると秋冬はちょっと品揃えが少ない・・・。「新作今年はないの~?」と常にお客様が首を長~~くして待っている状況なんです。そんな「Sun3San」から誕生した期待の新作は「裏ボアジャケット」!雪が降り始めるあたりの時期から冬の終わりの時期にピッタリのジャケットです。  防寒モノってやわらかそ~うにみえて「硬い・・・」「ぶ厚いのはいいけどゴワゴワしてる・・・」とか、予想と実際のさわり心地にギャップってどうしてもあります。試着できないネットショッピングとはいえ、こうしたギャップはできれば避けたい。。。そう思って当店では細部の写真に加え、スタッフが試着した感想をこと細かに載せてきました。  今回もモレなく試着して参りました☆ やはり着てみないと分からないことってあります。写真で見たときは「ふんふん、厚手のパーカーの裏が毛布みたいになってるのね」程度の感想でした。ついさっき実物を手にしたんですが、驚き!!! 手に取った瞬間「んんっ???」予想以上のさわり心地なんです!いい意味で期待を裏切ってくれました。ギャップはギャップでも“嬉しいギャップ”でしたね。正直、写真で見たときは「3000円は高いな~」という印象でしたが、触って納得。大げさかもしれませんが包まれている幸せ感は5000円のダウンジャケットをまとってるのと大差ないんです。いったいどんな魅力があったのか。まとめてみました! 【久々のサンサンサン新作アウターウェアはこんなにキュート☆】 ■予想の6倍ふ~んわり ふんわり、ふわふわ・・・防寒商品の説明でよく使われます。中綿を使用している商品の大半はこうした表現になりますね。実際綿の効果で生地がやわらかく盛り上がってますから。このジャケットは見た感じのっぺりしてますよね。ふわふわには見えません。ところがどっこい、“ふ~んわり”が味わえるんです。ふわっと押した手を跳ね返すような感覚ではなく、指がしずみこむような感覚、それが“ふ~んわり”「中綿が少なめ」+「毛長の裏ボア」が予想を上回るはたらきをして、奇跡のさわり心地を実現したのです。裏ボアのジャケットなので、「裏側がイチオシ☆」なのは間違いないんですが、私は「表生地こそなでてほしい!」と強くおもいました。表生地のさわり心地がこんなによくなるなんて、開発者も知らないうれしい誤算だったのではないでしょうか。裏ボアが裏にいながらイイ仕事しているんです。「ジャージみたいなカサカサした素材でしょ~??」と思った方こそぜひ一度着ていただきたいです。着るよりむしろ胸の前でギューっと抱きしめていたいような気持ちになります。 一昔前に“マイクロビーンズクッション”って流行りましたよね?あんな感じですーっと包まれる感覚が近いです。 ■珍しい!裏は毛長のボア素材 裏側に使われているのが長めのボアです。毛布のようになっていると考えてもらえば大丈夫です。スタイリッシュ着る毛布ですね。はおったときヒヤッとしないのが一番の良さです♪はおって即「ほっ」と気がゆるむ。しかし腕部分にはボアを使用しておりません。えっなんでそこケチっちゃったの??ご、誤解です。これには深いワケが・・・。腕の内側はキルトタイプ、つまりつるつるしています。これは着脱のしやすさを考えたからなんです。裏ボアの唯一の弱点としてインナーの生地と摩擦が起きることがあげられます。特に腕はインナーがまくれてしまって気持ち悪い、なんて経験ありませんか?今回、腕部分の裏ボアはあえて無くすことでモタつきはかなり軽減されています☆ ■超撥水(はっすい) 表生地、裏生地ともに素材はポリエステル。ポリエステルの良いところといえば形状安定性。速乾性もあるので仕事終わって洗ってを何度も繰り返せます☆ 表生地は超撥水加工を施しております。冬が近づくにつれて天気がグズつく日も増えます。突然の小雨にあっても大丈夫!バッチリはじいてくれます。ただし注意していただきたいのが「防水」ではなく「撥水」であることです。「撥水」の効果は一度きり。つまり、二度目以降は防水効果が急激に落ちます。レインウェアとして使うことはできませんのでご注意ください。撥水の効果を持続したいという方は防水スプレーを使ってみてくださいね。 ■背中からのスキマ風をシャットアウト いくら裏生地が暖かくても手首や腰周りから風が入ってきては元も子もありません。袖にゆるめにゴムで絞られており、手袋を着用すれば風を完全に防げます。首は?というとファスナーを完全に締めるとアゴの上、唇の下まで隠れるようになっています。スキマを完全になくしたいときは両側のスピンドルをぎゅっと絞りましょう♪裾は背中側がお腹側より10cm程度長めに作ってあります。これはしゃがんだときに、背中が見えないようにという畑美人思いやり仕様なのですが、結果的には寒さ対策にもなっちゃいます。腰周りがズボンとこのジャケットで覆われれば二重の暖かさが期待できますね♪ 驚くことにここにもスピンドル付いてます。大きめサイズを買って、裾にスキマができたとしてもお好みでスキマ0に調整可能、ご安心ください。 最後に・・・身長164cm 体重○○kg ウエスト65cm、普段着る上着のサイズLの私が試着してみたところ、 Lでピッタリでした。中は薄手のインナー一枚だったので、毛糸のセーターなどを着るならLLが良いかな?というところです。 Mは着れないこともないですが腕を回したときにキツく感じました。「Sun3San」の商品だと大きめデザインが多いのですが、こちらは特段ゆったりした作りではありません。特に腕周りがスッキリしたラインなので、ゆとりを持って着たい方は普段より1サイズ上を選ぶのがオススメです。デザインですが、大人カワイイ水玉です♪ この細かさなら男性が着ていてもおかしくないな~と思ったので、女性に限らず着ていただけるのではないかと思います。(オシャレ男子の間でピンクが流行しているというのでパープルなんかまさにツボではないでしょうか?!)サイズ選びにご注意いただければ男女兼用で着ていただける、そのくらい絶妙な甘さ加減です。もう一つ見ていただきたいのがチャックの色合い。ブラック×ホワイト パープル×アイボリー ベージュ×レモンイエローとアクセントカラーになっています。 この冬は、朝晩の畑作業では大活躍間違いなしはもちろんの事、作業を終えた一日の終わりにこのジャケットなら夕飯の材料を求めてスーパーでお買い物しても全く恥ずかしくありません。また当方のような冬に雪がふっちゃう所だと上手くいきませんが、冬場でも雪が降らない地方にお住まいであれば「バイクの運転(スクーター程度)」なんかでも見た目可愛くバイクに乗れると思います。別にお仕事じゃなくても、お子さんの冬場の通勤ウェアにもピッタリ。ドット柄ではありますが、騒がしい雰囲気ではないのでまさに老若男女全ての方にオススメです。 あくまで、畑作業の冬場厳しい朝晩の作業時に着て欲しいと思って作ったので、このウェアの適応気温は5℃前後ではないかと思います。冬場これ以上寒くなる地域であれば、あとはインナーの質と着込む枚数でカバーしたいですね!!どうしても冬場って着込むと着ぐるみみたいな格好になっちゃうんですが、こんなに可愛いトップスであれば目いっぱい着こんでも可愛く見えるのは私だけではないはずです。 S3S-BJ1409 サイズスペック サイズ M L LL 3L 着丈 70 73 76 79 肩幅 38 40 42 44 袖丈 61 62 63 64 胸囲 104 108 114 120 製造国 中国

Sun3San サンサンサン 裏ボアジャケット S3S BJ1409 2016 WEX 防寒 作 服 レディース *ジャンパー レディース 防寒* 定番人気,人気SALE —— 2,300円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

Thinsulate シンサレート シルモンド防水防寒ブルゾン 48340 新品,正規品

■お揃いのパンツはコチラから ■ 実店舗「プロノ」で 年間販売数4,000着超!! (2014年) 超絶ヒット!!重防寒アイテムがついに販売開始です!!! 【徹底解剖!!大人気の理由!!】 その1:とにかく暖かいんだよこれが!! 暖かさの秘密は中綿にあり!「シンサレート」という薄くても暖かい、高機能の中綿を使用しているんです。なんと、同じ厚みの一般的なポリエステル素材の中綿やダウンと比較すると、シンサレートの方が1.5~2倍の保温力があるんですよ!!保温力のカギは含む空気の量に関係します。シンサレートは中綿そのものの繊維が非常に細かく、より多くの空気をため込むことができ、高い断熱性・保温性を実現☆そのシンサレートをたっぷり使用しているんですから、暖かいのも頷けますね。 また、実店舗プロノは、店舗のほとんどが北海道にあります。その北海道のお客様が、厳しい真冬の寒さの中で着るために選ばれ続けているのがこの商品なのです!!北海道の真冬に着れる!!この暖かさは、北海道のお客様のお墨付きです☆ その2:よく考えてる~!!機能もりだくさん!! ■フード・・・ ヘルメットの上からでも被れるようフード は深く大きく作られています。そのままかぶるとかなり大きいので、顔面までかぶさってしまうほど(笑)ですがご安心ください! 深さ調節ができるマジックテープ が付いているので、深すぎて視界が遮られちゃう・・・という心配はありません。ヒモも付いているので絞って顔周りを調節することができます。また、 フードはファスナーで固定されていて取り外しが可能 です! ■立ち襟・・・首元まで暖かい立ち襟は、肌に当たる 内側をフリース生地 にすることでより暖か。 ■6ポケット・・・左腕にペン差し兼ミニポケット(iPhone5Sがちょうど入る大きさ)、両脇にファスナー付きポケット・ファスナー無しポケットがそれぞれ一つずつ付いています。また、右前には内ポケットもついていて、 計6個のポケット が付いているんです。収納力抜群なので、カバンがなくても大丈夫かも!? ■袖口・・・袖口は ゴム+マジックテープ 付きで調節が可能!ピッタリフィットして風の侵入を防ぎます! ■肘・・・肘部分には2本のタックが入っているので、 腕の曲げ伸ばし時に突っ張りにくく なっているんです!!こんなに細かいところまで考えてくれたメーカー様、親切すぎて感動です(涙) その3:意外にないんだよこれが!!嬉しい「透湿防水」 防寒ブルゾンって、あくまで「防寒」なので雨やベチャ雪が降ると濡れて浸みてベチャベチャに・・・。 ですがこの商品は、 「透湿防水」 防寒ブルゾン!! 耐水圧は2000mmと一般的なカッパの中では低めの防水性 ではありますが、(当店のカッパ「クールレイン」・「アメプロレイン」:耐水圧10,000mm) 小雨やベチャ雪程度であれば、内側に浸みることなく快適 に着て頂くことができます!さすがに 濡れた場所でひざまずいたり座り込んだり、長時間雨の中で作業するとなると水が滲みてしまう恐れがありますので、その際はもっと耐水圧の高い「カッパ」をご使用くださいね! また、この商品は 「透湿性」 も兼ね備えているのが嬉しいところ!「透湿」という言葉は聞いたことはありますか?アウトドア用のカッパやスキーウェア、スノーボードウェアをお持ちの方はよくご存じなのではないかと思うのですが、私は入社して初めて聞く言葉でした。これは、 「水は通さないのに、水蒸気は通すことができる」 機能なんです。防水の商品は、内側で発生したムレを逃がすことができずに内側はベチャベチャになってしまうものがほとんど・・・。この商品は「透湿性」があり水蒸気となった汗(ムレ)を逃がしてくれるので、一般的な防水加工のみの商品と比較すると蒸れにくいというわけなんです。もちろん逃がしきれないほど汗をかけばムレますが、それでもこの機能があるのとないのとでは快適さが違いますよ! いかがでしたか?? 魅力てんこ盛りの頼もしい防水防寒ブルゾン!北海道のお客様に大人気の秘密が少しでも伝わってくれたら嬉しいです☆ 【実際に着てみました!!】 最後に、お待ちかね!実際に着てみましたのコーナー!! 身長170cm、体重60kg、ウエスト76cm、胸囲90cm、普段着るトップスのサイズ:S~Mサイズ(タイトに着るときはS)、普段着る作業服のサイズ:Sサイズ の男性スタッフに着てもらったところ・・・ 買うならLサイズがいい! とのことでした。 最初にMサイズを着てもらったところ、丈がベルトのすぐ下当たりまでの長さで、お尻がほとんど隠れない短め丈に作られており、袖はちょうど手首までの長さで手の甲は隠れず、全体的に「短い」という印象でしっくりこないそうです。袖幅・身幅はMサイズでもゆとりがあり、Mサイズを着ようと思えば Mサイズでも着れますが、いかんせん本人が袖や丈が短いと落ち着かないということでLサイズを選ぶ とのことでした!(笑)Lサイズはというと、全体的にゆとりは出ますが、袖の長さも裾の長さも気にならず、作業するならこれくらいの方が動きやすいとのことです!!幅のゆとりを気にせず、袖や裾の長さが短いのが気になる方は、当店スタッフのようにいつものサイズより1サイズ上げてみてもいいかもしれません。 是非ご検討ください☆ 表地:ポリエステル100% 裏地:ポリエステル100% 中綿:ポリエステル100% 重さ:約1000g(Mサイズ)

Thinsulate シンサレート シルモンド防水防寒ブルゾン 48340 新品,正規品 —— 6,800円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

TS design ヘビーウエイトミドルレイヤージャケット 84226 限定セール,お買い得

【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →クルーネックもあります! 発売日発売中掲載日掲載中 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L 着丈6163656769 肩幅4244464850 袖丈5860626465 胸囲100104108112118 必見、製作者が語るアピールポイント!! いきなりですみません。この商品をお待ちのお客様、たくさんいらっしゃったと思います。実は、数週間前からデリバリーが可能になり、ご注文をお受け出来る体制が整っておりましたが、次々といきなりリリースされる主要ブランド防寒グッズの掲載に追いやられ、ついには本日までズレ込んでしまいました。 いつもは、手に届いた瞬間に着用し、そのとき思ったことをそのままにこの説明文にするのですが、この商品に初めて触れたのはもう1ヶ月以上前・・・(泣)。今改めて試着をし、本来であれば既に掲載されていたであろう説明文+本日、改めて着て見て思ったこと文章にしてまとめたいと思います。  まずは、商品タイトルにもありますが「ミドルレイヤー」という語句。これは ミドルレイヤー→中間層 という意味で、つまりは「防寒服としてのメイン」としては考えられていない防寒アイテムです。 「な~んだ、それなら使えないな」とお思いのお客様、ご覧の通り今までの中間着(インナー)というと、本当に肌着等しか無かったのですが、この商品は、スタイリッシュでありながら肌着のように見られても照れくさく思う必要はありません。  全体的な形状としては「ジャケットスタイル」です。 手に持ってみたところ非常に軽く、重量は360gと、当店今シーズンの防寒シリーズではトップクラス!! 、着てみた感じも非常にしなやかで動きやすい商品です。  びっくりするくらい動きやすいので、いろいろ調べてみたところ、肩や肘、腕など、上半身の主要関節・機動箇所には、1枚素材のフリースが切り返しとして使用されており、これが恐らく360gという驚愕の軽さを生み出すのと、抜群の機動力を生み出す原動力だと思いました。その他の素材は、引き裂きに強い「マイクロ・リップストップ加工」を施したポリエステル100%のツルツルした素材です。光沢感もあり、見た目はバッチリ。 今時期にご購入いただくと、朝・晩のちょっとした寒い日はコレ一枚で十分 だと思えます。  中間着を意味する「ミドルレイヤー」ですが、なぜ「重ね着が善し」とされているのかというと、昨今のお天気事情があります。私(作者)もまだまだ若かった一昔前は、札幌も冷え込むとまつ毛が凍るくらい寒くなりました。当然、寒さをしのぐ防寒服も暑いくらいの防寒服を皆着ていました。しかし、最近は”ヒートアイランド現象””地球規模の温暖化””交通網の充実”等、寒いことは寒いのですが「都市部を中心に温暖化」が進み、輪をかけて「雪が降る・気温が下がる」季節がどんどん後ろ倒しになり、おまけに交通網が発達しているので、冬場はバス・電車通勤通学の方たちは家を出て「数分間のみ寒さに堪える」事が出来れば、昔のようなゴテゴテの防寒服は必要なくなってしまいました。つまり、「寒いのは嫌だから一番暖かいのをくれ!」と言って一番暖かい防寒服を買ってしまうと、特に都市部ではその暖かさを持て余してしまう可能性があるんです。 それであれば”必要最低限の保温力の防寒服を買って、一時的な寒さはインナーでカバーしよう” というのがミドルレイヤーの考え方なんです。ですから、本日この商品をお買い求めいただいて「新しいの買ったから、古いのはもう捨てよう」というもったいない事はせずに、新しいこの商品と、今までの防寒服をうまく合わせて着用していただけましたら幸いです。  全体的なスタイリングは、前述通りインナーにも転用できるようにタイト(細身)に作られています。「タイトはちょっと体型的に辛い」というお客様、全身に張り巡らされている軽量で伸縮性の良い「フリース素材」が、どんな体型のお客様にもストレス無く、フィットする事が可能になっているのでどうか諦めないでくださいね。むしろ私のように細身の人間よりもきっとガシッとした体型のお客様の方がカッコよく見えると思います。作業服っていうのはどうしても「様々な年代・体型の職人さん」にあわせる為、肩口や胴回りはかなりゆとりを持って製造されます。がしかしそれ故「重ね着をすると脇の下、胴回りがたわんで窮屈・・・」という事も発生しましたが、これにいたっては、脇の下も胴回りもすっきりしているので、重ね着しても窮屈になりません。  袖の部分には、なにやら「穴」が空いています。もうお察しのお客様もいらっしゃいますよね。そうです「親指を通す穴」です。「そんなもんして仕事が出来るか!」と突っ込みを頂きそうですが、この穴の本来の目的はミドルレイヤー、つまりは 重ね着をする際、インナーの袖が出てこない事のないように、最初に指を通してアウターを着用する 目的ですから、指を通してアウターの袖から見事親指が出てくれば、もう外していただいて良いんです。ただそれだけの機能のために取り付けられています。まぁ、考え方によっては 親指を通して、その上から防寒手袋。。 という可能性も無くはないですが、私的にはあまりオススメできません。 【これ1枚で無限の可能性!当店がオススメする理由!!】 ☆日中最高気温10~15℃・・・この商品、1枚アウターとして着用でOK! ☆日中最高気温5~10℃・・・ちょっと一枚では心細いので、パーカーやトレーナーを着て、アウターとして着用するとOK! ☆日中最高気温0~5℃・・・一般防寒服、またはレインウェア・レインスーツの中にインナーとして着用する。(レインウェアは機密性が高いため、冷冷気をある程度断熱する効果を持ち合わせています。) ☆日中最高気温氷点下・・・重防寒服のインナーとして着用するほか、更に中に綿製の厚手肌着を一枚着るとOK! ☆寒い冬が終わり春が近づいている・・・再度アウターとして着用する事が可能!  どうです?高価格帯の極厚生地のあったかい防寒服をご購入するのも一つの手でございますが、このミドルレイヤーを気温に合わせて着用に変化をもたせるというのも一つの方法であります。是非、ご賛同いただけるお客様は、今年から作業服メーカーさんがこぞってアピールしている中間着戦略を防寒対策に取り入れていただけましたら当店としても幸いです。  最後に1ヶ月ぶりに私(作者)が実際に着てみました! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着る防寒着のサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでピッタリ! でした。ただし!前述の親指ホールに親指を通すと袖が突っ張ります(苦笑)。あくまでインナーとしてこの穴を使用すると割り切れば指を通す必要はなくなりますので、袖丈はピッタリになります。  中にスウェットやパーカーを着込めば、ただいま最低気温が7℃前後の札幌ですが、歩いてドコかに行く分には全く問題がないレベルです。  この季節颯爽と走り抜ける「ツーキニスト(自転車で通勤する方)」、屋外でのレジャー、スポーツ全般、またはアウターとしてのオシャレ着、オールシーズン対応で内装屋さんや、事務処理での机冷え対策、屋内作業全般、見た目がスポーティで腕の取り回しや機動性もしっかり確保されているので、非常にヒットする用途は幅広いと思います。  プロノがこの秋・冬オススメする新感覚防寒”ミドルレイヤー”を是非、お試しください!!

TS design ヘビーウエイトミドルレイヤージャケット 84226 限定セール,お買い得 —— 1,900円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

TS DESIGN マイクロファーレイヤージャケット 84236 最安値,送料無料

【昨年モデルがマイナーチェンジ】 →ミドルレイヤージャケット 発売日2012年9月10~18日頃予約販売の有無販売を開始します。 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 お待たせしました!!本ッ当にお待たせしました!!今年の秋冬モデルの「秋の大本命」として当店もチェックしていたTS DESIGNの新ミドルレイヤーがとうとう、本日より発売が開始になりました!!サンプルで見た時から早くも4ヶ月が経過しておりましたが、今見ても全く見劣りしないっていうか、むしろ季節が進みちょうどアウターが欲しい季節になり、なおさらこの商品の魅力が伝わってきました!!  もう既に数ヶ月、当店でも「展示会商品」としてこの商品を出していましたから、いまさら見た目の面でお伝えすることは何もなさそうです。早速製品がたった今私(作者)の手元に届きましたので、着用しながら今、説明文を制作しようと思います☆  あぁ~、もうこの商品、 全ての面で合格点。まだ発売しているところはそんなにないと思いますが、間違いなく今年一番の人気防寒服になります ね。「ただ見た目がイイだけじゃ、買わないよ!」という硬派なお客様。私も実は見た目だけの防寒服であれば、いまや市場に溢れかえっておりますので私もそんなに感動はしません。   ファッション性の高いTS/DESIGNさんが業界に風穴をあけたのが2年前。2年間蓄積されたノウハウと見事後進の商品にブラッシュアップするという理想的な商品展開 が自然とされている事が何より驚きと共にTSさんの企業姿勢の”ひたむきさ”を感じる一着です。 【さすがこの世界のパイオニア、2歩先を行く先進的な考えと商品反映】 ■素材・・・表面素材のモコモコに見える部分、ここがポリエステルで出来ています。ただのポリエステルではなく”マイクロファー”と呼ばれる、まるで毛布のようなさわり心地が最大の特徴です。着用してみて思うのが 毛布にくるまれているみたい、またはぬいぐるみの肌触り です。バキバキ・カサカサする通常のポリエステルではなく、 ふわふわ・モコモコ がこの商品に対する正しい表現方法です。 ■恐ろしいほど軽い・・・通常、「軽防寒」とよばれる衣服の特徴は「表素材と裏素材の間に、軽い綿を詰める」のが特徴。しかし、この商品には「中綿」という概念はなく、表生地と裏生地がピッタリ縫合させています。中綿が重力に負けてズルズル落ちてくる 綿落ち を防止するキルティングの必要もなく、キルティングに使われる糸の重量もなくなりますから、非常に軽く仕上げられているのが特徴です。 ■毛玉のクレーム・・・昨年のミドルレイヤーもとても人気でしたが、稼動領域を向上させている 黒い伸縮性ニット素材 が生地の摩擦に負けてピーディング(毛玉)が出来てしまうという想定外のクレームが発生しました。今年のモデルは生地の素材から見直し滑りを良くする事で摩擦に対する毛玉が発生しにくくなりました。また、この商品の隠れた機能として袖に穴が開いており親指を通すと袖が固定されるので腕の上げ作業や、特に腕を前方へ繰り出す作業にはこの親指穴は重宝します☆がしかし、一部のお客様より「親指が痛い」とのクレームを頂戴し、今作からは 長めの袖口に親指の挿入部分には薄く、そして柔らかい別の素材をこの部分だけに使用し、長時間の着用にも全く指がストレスを感じない改善を行いました!! ■TS独自の防寒理念・・・寒い冬を迎えるにあたり、当店でも推奨している考え方が 防寒をレイヤード(重ね着)するという考え方。 「ベースレイヤー」「ミドルレイヤー」「アウターレイヤー」と、元来「ひとまとまり」として考えられていた防寒着の概念を3つに分けるという新感覚防寒服です。この商品は ミドルレイヤーよ呼ばれる中間層の防寒着。 簡単にいうと ”極寒期を迎える前までの防寒アウター”であり、極寒期を迎えた後は”防寒着の中にインナーとしていて着ることを推奨している” 防寒着です。つまりはミドルレイヤーというのは 着用期間が”極寒期(12-2月)”までのアウターとして、そして極寒期にはインナーとして、そして”春を迎える直前期(2-4月)”まではまたアウターとして 着用出来るので非常に永く着れるのが特徴です☆ 私の個人的な見地ですが、ただいま、26℃の事務所でこの商品を着て既に1時間程経過していますが汗一つかきません。 っていう事でこの防寒服の適応温度は最高気温20℃→最低気温5℃ くらいではないかと思います。最低気温がそれ以下になるなら今度はインナーとして着用すれば良いのです。 どうです?見た目も◎、機能性も◎、そしてクレーム改善も◎。こんな商品私も滅多にめぐり合いません。まさにパーフェクトな1着です。 「こんなにモコモコした素材ならインナーに毛とか付いちゃうんじゃない??」という不安もあると思いますが、裏地をめくってみると・・・、私も安心しました。 裏生地には吸汗性の高いスポーツメッシュが袖を除いてビッシリ縫製されています。 寒さを感じやすい袖口と、直接首に触れる襟元は、表素材をそのまま流用。暖かさをしっかり感じるつくりになっています。 この商品前述通り親指穴が開いていて、穴に指を通すと手の甲まですっぽりと袖が覆ってくれます。真冬はこの状態で手袋を嵌めると手袋以上に暖かさを実感できます。また、親指から手の甲までカバーするために 若干袖が長い事もこの商品の特徴 です。私のようにガリの手足長星人には、まったくもって嬉しい副産物効果です☆ まぁ、後の感動はお届けになった際お客様が大いに感じていただけると思うのでこの辺でご紹介を終わらせていただきます。きっとまだまだお客様が感じること感動がたくさんあると思います。レビュー等で教えてもらったら嬉しいですね♪ 最後に私が着てみた感想です!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ。。。 LLサイズでOK! でした。この商品、LLサイズを着ても全ッ然大きく見えません。袖も裾もピタッとしているのでオーバーサイズな感覚もなく着用できます。私がLLサイズをチョイスした一番の理由は 袖の長さ です。LLサイズだと、袖を前に出しても全く窮屈じゃなかったんです☆そう、私は大雪になるまで通勤を自転車で行う”ツーキニスト”ですから、常にハンドルに手を掛けて運転するのでこの商品のように親指穴が付いているのがとても助かります。自転車はもちろんの事、オートバイの運転にもバッチリです。その他の仕事には・・・、正直この商品に不向きなお仕事ってそんなにイメージ出来ませんが、しいて言うなら表面がモコモコした繊維質なので 天候に関係なく湿度が高い現場(トンネルや地下工事)、埃や粉塵が舞い散る現場(解体や破壊工事)、には正直難しいかもしれません。  カジュアル・アウターとしても使えるので、お父さんの秋の普段着やモコモコでカサカサ音全くなしのふわふわ素材なので、実はひんやりする朝晩の家着としても使えます。デスクワークが主体のお客様もウォームビズが当たり前になってきているので、他の人が高い予算でウォームビズ対策するのに対し。当商品なら 低予算&動きやすい&軽い という事で事務所のヒーロー間違いなしです(笑)。  それでは、これからどんどん気温が下がってくる季節、「寒くなってからでイイや~」なんて思っていると当店の場合、多くがシーズン前に売り切れてしまいます(無)。昔の人がよく言っていましたが、「欲しいと思ったときが買い時」っていうのをこの商品では実践したほうが良いかもしれません。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L 着丈6264666870 胸囲98102106110114 裄丈8083868992

TS DESIGN マイクロファーレイヤージャケット 84236 最安値,送料無料 —— 2,600円

防寒ブルゾン ジャケット(防寒)

TS design 防風ストレッチウォームジャケット 846626 * 作 着 防寒着 作 服 メンズ * 最新作,新作

→インナーとしてこちらがお勧め →【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!長袖肌着→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!ズボン肌着 必見、製作者が語るアピールポイント!! 【846626】2013-2014AW(秋冬=AUTUMN+WINTER)の新商品があわただしく入荷になっており、ただいま当店では撮影→撮影→撮影の「地獄のような毎日(笑)」をすごしております。どれから先に出すが前もってスケジュールは立てているんですが、なかなかその通りにはいかないところが非常に難しいところです。さて、今回そんな鬼のような新商品を抜き去り、優先的に出した商品がこの "TS DESIGN"防風中綿ブルゾン です。 忘れもしない、関東地方を猛暑が襲った7月、北海道生まれの自分にとってはまさに「酷暑」といわれていた東京展示会に向かう事は、「拷問」に近いお天気でした。しかも当日はピーカン(今は言わない?快晴の事)で展示会場についたころにはゼーゼー、ハーハー、汗だくの瀕死状態でした(笑)。我々、アパレル業界に浸かっている人間は、「真夏の暑いときに寒さを凌ぐ防寒服を」、「真冬の寒いときに暑さを凌ぐ夏物作業服」の取り扱いを決めるわけですから、その時の気分でずいぶん取り扱うかどうか変わってくるんです。たとえばこの商品の時は、34度の時に展示会に着いた時点ですでに「クーラーの効いたホテルに帰りたい」って思っていますから、防寒服の説明を受けてもほとんど上の空です(笑)。 ただ、私(作者)の中でひとつ、ポイントにしている事がありまして、そういう逆の季節に逆の商品を選ばなくてはならない時、打算的な考え方ではなく、 商品を見たときの第一印象 で決めています。  そして今回、そんな私(作者)のおめがねに適った商品がこの「防風中綿ブルゾン」です。シャツ&スラックスで汗びっしょりの中、この商品だけ「試着」をさせてもらい、即取り扱いの意向をお知らせしました。私の経験上、こういう商品は間違いなくヒットします。だって、まだ暑い中、汗かいて試着しているんですから・・・(笑)、逆に袖を通してみたくなる欲望の方がその瞬間だけ真夏の暑さを忘れることが出来るんです!!  メーカーさんである「TS DESIGNブランド」は当店がインターネットで商売を開始した当時からのお取引様で、当時からちょっと他とは違った路線で勝負をしかけるいわば「攻めて、攻めて、攻めまくるメーカーさん」でした。ヤッケの概念に捉われず、それでいてヤッケの機能性はきちんと保持、デザインを一新してスポーツウェアのように仕上げる技術は当時から業界内でも一目おかれる存在でした。  ただ、残念ながら「良いものは真似される」のが世の常。イメージを一新する事に成功したTSdesignでしたが、その後は模倣品が出回る状況になってしまいました。通常であれば「真似をされたら怒る」と思いますが、TS DESIGNさんのすごい所は シゴト用・アウトドアウェアという新しいカテゴリを業界内につくり、真似され警告する手間よりも新商品が出るスピードの方をあげていったのです。 そして昨年立ち上げたのが、独自の理論で防寒を考える スリーレイヤー・システム でした。レイヤーとはこの場合「重ね着」を意味しますが、スリーと着いているので「3枚重ね着による防寒」という新しい概念を打ち出したのです。これが業界の枠を飛び越えて大当たり。一気にTS DESIGNをメジャーブランドまで押し上げたのです。  そして今回、私(作者)が一目ぼれした新商品は、スリーレイヤーの一番上「アウターレイヤー」に属するウインターブルゾンです。  昨年、このスリーレイヤーの「中間着」であるミドルレイヤーを「アウター扱い」として提案してしまい、多くのお客様に「アウターとして買ったのに寒いじゃないか」とのお叱りを受けてしまい、本当に反省しております。TSDESIGNの方向性も理解しておりましたが、あまりにもスタイリングが完璧だった目、中間着として着用するするのはあまりにもったいないとの判断でしたが、やっぱりメーカーさんが意図して作っているものを捻じ曲げちゃいけないなと大いに反省した次第です。  今回は紛れもなく「アウター着」としてメーカーさんも作っていますし、中綿がたっぷり入っている以上、インナー(中間着)としては私もお勧めできません。前回、ミドルレイヤーをアウターとしてお買い求めいただき、ご希望に沿うことが出来なかったお客様、ぜひ、今回はこのアウターをお試しいただきたく存じます。 【最新作TS DESIGN「防風中綿ワークジャケット」はこんなにすごい!!】 ■無重力シリーズ■ まぁ、言ってしまえば「無重力の軽い」って意味合いなんですが、言うまでもなく重さを感じないわけではありません。 実際の重量としてはMサイズで380gほどあり、言ってしまうと缶コーラ1本分より軽い ので、メーカーさんが無重力を謳うのも無理はありません。衣服、特に重くなりがちな防寒服をこの重量で抑えることはきっと物理的にも「ギリギリ」のラインでしょうね。発送時はダンボールでお送りしますが、箱を受け取った瞬間、「あれ?中身 入ってる??」と思えるほどの重量しかありません。 ■脅威のストレッチ■ この商品、形にとてもこだわっており見た感じも着た感じも「ちっちゃめ」です。私は今回、撮影サンプルであえて小さいサイズを着てみましたが、中綿が入っているのに、非常にタイトで周囲からは「きつくない??」といわれたんですが、正直着ている本人からすると 全然窮屈に感じない んです。その秘密は 生地全体が驚異的な伸縮性を誇るストレッチ素材で構成されており、縦・横どちらにも驚異的に伸びますので着心地がぴったりでも体の動きに合わせてストレッチが効くので全然辛くありません。 むしろ、スタイリングを楽しむため、お客様にもジャストフィットをお勧めしたいと思えるほどでした。 ■ケタはずれの撥水性能■ お届けになった時からこの商品には、通常の製品では加工されていない「超撥水加工」がボディ全体に施されておりますので、着用した日に急な雨に遭遇してもその日はずぶ濡れになることはないと思います。ただし、過信は禁物、あくまでも加工として防水性が劣化・低下する撥水加工ですので、一度ぬれてしまったり、お洗濯をご自宅でされてしまった場合には、その限りではありません。 ■抜群のスタイリング■ この商品、私が一番に気に入っているポイントは「スタイリング」のよさです。私のように線の細い人間はなかなか自分にぴったりくる作業服って出会わないんですが、これは別。抜群の伸縮性を誇っているからこそ可能な 「タイトなアームホール」、「シェイプされた身幅」 は完璧といえるほどのスタイリングをかもし出します。 どうです?ここまで読めば、この商品の魅力が十分に伝わったのではないかと思います。表面素材はポリエステルで作られており、肌触りは「サラサラ」した感じです。裏生地は首元までを毛足の長いフリース素材で寒くなりがちな首周りをしっかりと保温すると共に、それ以外は、 つるつるしたポリエステル素材で腕の滑りを良くする キルティング素材になっています。  早速、私が着てみましたが、7月に試着した時よりもさらにこの商品が良い品物だと実感しましたね。 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段着るアウターのサイズLサイズ の私が着てみたところ・・・、しっくりきたのは Lサイズ でした。実はMサイズも良かったんですが、さらに季節が進みインナーを着込むとすると相当キツイかな・・・と思い、今回は普段通りのアウターサイズをチョイスしました。ただし、着心地はあくまでタイトフィットですから、今までのLサイズや他の防寒着とは異なる感覚に陥ることは必至です。でもそこで実際に動きまわってみてください!きっと見た目はジャストで動きずらいと感じたお客様も、動いてみたらこれまた妙な感覚になります。 「あれ?苦しくないぞ??ってかむしろ無駄な余白はなくなって小回りが利くかも」と思ってしまうお客様がたくさん出現すると思います。これぞ、これこそ、メーカーさんが提案する次世代の作業服のイメージです。

TS design 防風ストレッチウォームジャケット 846626 * 作 着 防寒着 作 服 メンズ * 最新作,新作 —— 2,700円